新車発売情報Labo

Read Article

日産新車発売情報Labo2020

スポンサードリンク


日産次世代モデル情報|2020年

エルグランド|特別仕様車

シルフィセダン|次世代

デイズルークス|次世代

ノート|次世代

セレナe-POWER|一部改良?

キューブ後継e-POWER|次世代

キックス|新型

リーフAUTECH|新型

エクストレイル|次世代

NV250|新型

自動運転モデル|新型

予想スペック

  • 最終型プロパイロット搭載
  • Vモーション2.0の進化バージョン
  • 交差点を含む一般道で自動運転できるプロパイロット搭載

全長:4860mm
全幅:1890mm
全高:1380mm
駆動用バッテリー:リチウムイオン
モーター最高出力/最大トルク:150ps/30.0kgm
駆動:FF

日産EVセダン「IMs」|新型

軽自動車EV|新型

 

日産次世代モデル情報|2021年

アリア|新型電動SUV(EV)

セレナ|次世代

フェアレディZ|マイナーチェンジ

e-POWER SUV|新型電動SUV(e-POWER)

ライバルスープラ


エルグランド|次世代

シルフィ後継ハッチバック|次世代

 

日産次世代モデル情報|2022年

フーガ|次世代

スカイライン|次世代

GT-R|次世代

シルビアe-POWER|後継新型

 

日産次世代モデル情報Labo

ダイレクトアダプティブステアリングとは?

ドライバーのハンドリングの動きを電子制御により、電気信号に変えて「ステアリングアングルアクチュエーター」を作動し操舵。

俊敏に意のままに「曲がる」を体感できるステアリングシステムです。

全方位運転支援システムとは?

駐車場から街中、そして高速道路に至るまであらゆるシーンに対応する世界最高峰の全方位セーフティ機能

  1. 後側方衝突防止支援システム
  2. 後側方車両検知警報
  3. 車線逸脱防止支援システム
  4. 車線逸脱警報
  5. 後退時衝突防止支援システム
  6. アラウンドビューモニター(移動物検知機能付)

日産e-POWER次世代技術ラインナップ拡充

従来のハイブリッドよりもe-POWERを優先して、国内量産モデル全部に順次展開するという情報です。

理由は、ハイブリッドよりもe-POWERの方が、走行性能に優れており、ユーザーの評価が高く、量産すればコストダウンが可能となるメリットが多いからです。

2018年以降、セレナ/ジューク/エクストレイル/次期キューブといった量産モデルやコンパクト&ミディアムモデルに展開していくという予想です。

また、三菱のPHEVや4WD技術も、日産の開発に参加します。同じく次世代技術となるEV(PHEV)を2018年以降の新型モデルにラインナップするという予想です。

画像引用元:https://www.motor1.com

Return Top