Read Article

Toyota新型ランドクルーザー|V6ハイブリッドエンジン搭載|2020年発売予想

トヨタ ランドクルーザーは、日本だけではなく世界中多くのユーザーから絶大な信頼を得ている
最上級モデルの大型クロスカントリー車です。

そのランドクルーザー300系にモデルチェンジして2020年発売予定という噂が出ています。

 

ランドクルーザーは、世界で最も知名度が高いクロスカントリー車の一つといわれており、
その耐久性は車の故障が生死を分けるような過酷な地域からも高い評価を受けています。

現行型は2007年に登場した200系で、歴代ランドクルーザーからの継続性を意識したエクステリアデザインと
高い走破性をそのままに豪華な内外装が与えられているのが特徴です。

 

スポンサードリンク

 

新エンジン搭載

200系ランドクルーザーの日本向けでは、4608ccV型8気筒DOHCエンジンが搭載されていますが、

300系ランドクルーザーでは、レクサスLS500hに搭載されている
3500ccV型6気筒DOHCエンジンにハイブリッドシステムが組み合わされたものをベースにして、
国産車としては初となるハイブリッド+ターボとなる可能性が高くなっています。

これは300系ランドクルーザーはレクサスLS500hよりも重量が重くなることに配慮したものです。

 

しかし、ランドクルーザーは世界中の過酷な地域で使用されることが前提の車なので、
複雑なシステムが必要となるハイブリッドシステムではなく

200系ランドクルーザーの北米仕様で用意されていた
4500cV型8気筒のツインターボ式ディーゼルエンジンが300系にも搭載される可能性も考えられます。

 

 

300系ランドクルーザーはシャーシを一新

300系ランドクルーザーではシャーシが一新されることが考えられます。

しかし、ランドクルーザーには「TNGA」が採用され可能性は低く、
ねじり剛性や曲げ剛性に優れた強靭なラダーフレームを新開発して採用する可能性が高く、
オフロードでの走行性能とオンロード走行時の快適性の両立が図られます。

 

 

エクステリアデザイン

300系ランドクルーザーのエクステリアデザインは、コンセプトモデルも公開されておらず、
テスト走行のスパイショットも流出していません。

しかし、200系ランドクルーザーから大きく姿を変えるようなことはなく、
ランドクルーザーならではの無骨さを残した豪華絢爛モデルとなることが考えられます。

▽200系ランドクルーザー200系ランドクルーザー2200系ランドクルーザー1

 

 

300系ランドクルーザーに採用される安全装備内容

300系ランドクルーザーでは、トヨタの最新の予防安全パッケージである
「Toyota Safety Sense」が採用されることが確実視されています。

その内容は、

  1. ミリ波レーダーと単眼カメラを組み合わせた「プリクラッシュセーフティ」
  2. レーダークルーズコントロール作動時に車線維持に必要な運転操作の支援を行う「レーントレーシングアシスト」
  3. 単眼カメラで認識した道路標識をマルチインフォメーションディスプレイに表示する「ロードサインアシスト」
  4. 全車速追従機能付レーダークルーズコントロール
  5. オートマチックハイビーム
  6. アダプティブハイビームシステム

などが挙げられます。

 

 

300系ランドクルーザーのライバル

300系ランドクルーザーは、メルセデスベンツのGクラスやランドローバーのレンジローバーなど、
最高級クラスの本格派クロスカントリー車がライバル車種となることから、
トヨタもこれらの車種を徹底的に研究して凌駕したモデルとなることが考えられます。

Gクラス レンジローバー

その為、新型ランドクルーザーでは内外装の豪華さや走行性能の高さだけではなく、
安全運転支援システムといった先進性の高さでも競い合うことになるでしょう。

 

 

追伸情報

関連記事

「SUV」フルモデルチェンジ一覧

画像引用元:https://www.carscoops.com

Return Top