Read Article

マツダMX-30新型EVモデル情報2020年欧州発売|EV専用新開発プラットフォーム採用&プロトタイプはMAZDA e-TPV

スポンサードリンク


マツダによるEV開発が進んでおり、2020年に市販されるとの予想情報です。

マツダMX-30新型EVモデル情報2020

MX-30
  • 全長
  • 全幅
  • 全高
  • ホイールベース
  • パワートレーン
  • 駆動バッテリー
  • 総電圧
  • 総電力量
  • AC充電
  • タイヤサイズ
スペック
  • 4395mm
  • 1795mm
  • 1570mm
  • 2655mm
  • e-SKYACTIV
  • リチウムイオン
  • 355V
  • 35.5kWh
  • 最大入力6.6kW
  • 215/55R18

発表されたMX-30新型EVモデルのエクステリア

MX-30 1 MX-30 4 MX-30 3

マツダMX-30新型EVモデルのボディカラー

1色程度、電気自動車としてのイメージカラーを用意すると予想されます。

2トーンカラーは可能性は低めです。

【動画】ホワイトボディカラー

発表されたMX-30新型EVモデルのインテリア

MX-30 8 MX-30 7 MX-30 6 MX-30 9

マルチインフォメーションディスプレイの表示内容をEVに合わせたものになるでしょう。

また、後席格納機能といったユーティリティを大きく犠牲にすることはないと考えられます。

他メーカーにあるような、外部供給のできる電源ソケットも用意されるでしょう。

マツダMX-30新型EVモデルのパワートレーン

【参照】航続距離

マツダMX-30新型EVモデルの走行支援テクノロジー予想

Gベクタリングコントロールプラス、または電気自動車による重量アップに対応したバージョンアップしたものを装備する可能性があります。

4WDの登場に関しては、かなり可能性が低いと考えられます。

しかし、技術的に不可能ではないとも言えます。

マツダMX-30新型EVモデルの予防安全装備

予防安全装備は販売時点で最新のものになる可能性が高いです。

追伸情報

関連記事

画像引用元:https://www.carscoops.com
画像引用元:https://www.motor1.com

マツダ新型EVプロトタイプ”MAZDA e-TPV”のスペック

  • 駆動バッテリー
  • 総電圧
  • バッテリー容量
  • モーター出力
  • モータートルク
  • リチウムイオン電池
  • 355V
  • 35.5kWh
  • 142.8ps
  • 27.0kgm

各社電気自動車のエクステリア方向性

中国版トヨタC-HRやホンダヴェゼルのEV仕様のようなスタイルです。

C-HR-EV2ヴェゼル

EVはサイズが大きければ、多くバッテリーが積みやすくなるというメリットがあります。

SUVは人気車としてのメリットと床下スペースをより活用できるメリットがあります。

EVクロスオーバーSUVになる場合、CX-5ベースとなる可能性が高く、ついでCX-30、CX-3の順番といったところでしょう。

一方で、CX-8を2列シートの5人乗りにしてバッテリー搭載スペースを増やすという方向性も考えられます。

さらに、CX-9ベースもアメリカでの需要を考えると、可能性はゼロとは言い切れない点が難しいところです。

Return Top