新車発売情報Labo

Read Article

マツダMX-30 e-SKYACTIV G 2020年秋発売|予想価格400万円EVは2020年度中リース開始

マツダMX-30のガソリンモデルe-SKYACTIV Gが2020年秋に発売です。EVはリース販売で2020年度中に日本で開始するとアナウンスされています。

マツダは”良い意味で普通ではない”というコンセプトで、見ている人にインパクトを与えるような自動車作りをしています。

電気自動車という未来を予感させるエネルギーを使った自動車の中にも、どこか親しみやすく、現実味のある雰囲気を持たせることを意識しているのが分かる一台となっていますよね。



マツダMX-30次世代EVモデルのエクステリア

MX-30 1

マツダMX-30次世代EVモデルのボディカラー

MX-30 3

1色程度にとどまり、電気自動車のイメージカラーを用意すると予想されます。そのため、カジュアルになりすぎる2トーンカラーを設定する可能性は低めと言えそうです。


マツダMX-30次世代EVモデルの内装

MX-30 8

マルチインフォメーションディスプレイの表示内容をEVに合わせたものになるでしょう。

MX-30 7

また、「後席格納機能といったユーティリティは大きく犠牲にすることはない」と考えられます。

MX-30 9

先進モデル=「乗りにくい」「居住性がなく狭い」とは思われたくないでしょうから。

MX-30 6

また、先進EVモデルとして、他メーカーにあるような”外部供給のできる電源ソケット”も用意されるでしょう。電気自動車としてのメリットを存分に活かせる仕様になると予想されます。

マツダMX-30次世代EVモデルのパワートレイン

MX-30 4

e-SKYACTIV
  • 全長
  • 全幅
  • 全高
  • 重量
  • ホイールベース
  • パワートレイン
  • 最高出力
  • 最大トルク
  • 駆動バッテリー
  • 総電圧
  • 総電力量
  • AC充電
  • タイヤサイズ
スペック
  • 4395mm
  • 1795mm
  • 1555mm
  • 1660kg
  • 2655mm
  • e-SKYACTIV
  • 143ps
  • 27.0kgm
  • リチウムイオン
  • 355V
  • 35.5kWh
  • 最大入力6.6kW
  • 215/55R18

マイルドハイブリッドモデルも設定

e-SKYACTIV G=SKYACTIV-G 2.0+M HYBRID

マツダMX-30次世代EVモデルの走行支援テクノロジー予想

Gベクタリングコントロールプラス、または電気自動車による重量アップに対応したバージョンアップしたものを装備する可能性があります。

4WDの登場に関しては、かなり可能性が低いと考えられます。しかし、技術的に不可能ではないとも言えます。

マツダMX-30次世代EVモデルの予防安全装備

iアクティブセンス

予防安全装備は最新のものを採用し、交差点で衝突事故防止を図る機能や白線のない道路や縁石で逸脱を回避するアシスト機能が追加されるとアナウンスされています。


マツダMX-30が発表されたときの感想

海外の反応

  • 「カッコよくてクリーンな電気自動車なので期待が高まる」
  • 「上品で丁寧に作られたことがわかるデザイン」
  • 「インテリアの質感が非常に良い」
  • 「マツダ車の取り扱いを開始したい、取り扱い数を増やしたい」

というようなプラスの意見があります。一方で、

  • 「連続航続距離が200kmというのは他のEVと比べると少し短い」
  • 「マツダMX-30の特徴でもある観音開きドアはあまり意味がない」

という現実的で厳しい意見もあります。

発表されたときの感想まとめ

エクステリアやインテリアのデザインは一定の評価があり、先進性も評価をされています。ただ、連続航続距離が200kmというのはかなり不満の声が多いです。

日本の都会のように土地が狭く、充電できるスポットがたくさんあれば大きな問題にはならないででしょう。土地が広い国や地方の田舎で利用することを考えると、連続航続距離200kmという数値が物足りないと感じるようです。

さらに、観音開きドアもそこまで大きく開くというわけではなく、後部ドア自体の面積が小さいことも疑問視されています。

マツダMX-30次世代EVモデル情報Labo

マツダ新型EVプロトタイプ”MAZDA e-TPV”のスペック

  • 駆動バッテリー
  • 総電圧
  • バッテリー容量
  • モーター出力
  • モータートルク
  • リチウムイオン電池
  • 355V
  • 35.5kWh
  • 142.8ps
  • 27.0kgm

各社電気自動車のエクステリア方向性

中国版トヨタC-HRやホンダヴェゼルのEV仕様のようなスタイルです。EVはサイズが大きければ、多くバッテリーが積みやすくなるというメリットがあります。

SUVは人気車としてのメリットと床下スペースをより活用できるメリットがあります。EVクロスオーバーSUVになる場合、CX-5ベースとなる可能性が高く、ついでCX-30、CX-3の順番といったところでしょう。

一方で、CX-8を2列シートの5人乗りにしてバッテリー搭載スペースを増やすという方向性も考えられます。さらに、CX-9ベースもアメリカでの需要を考えると、可能性はゼロとは言い切れない点が難しいところです。

画像引用元:https://www.carscoops.com
画像引用元:https://www.motor1.com

Return Top