新車Labo

Read Article

MX-30レンジエクステンダーEV登場2022年前半に期待|ロータリーエンジン発電パワートレイン

マツダは先進性で売り出しているMX-30に、ガソリン⇒EV⇒ロータリーレンジエクステンダーEVと順次搭載していく予定です。



【2022年】ロータリーレンジエクステンダーEV搭載

デミオに初搭載されていたロータリーレンジエクステンダーEVを今後、MX-30に搭載したのち、同じパワートレインをMazda2に搭載すると言われています。

 

【2021年1月】MX-30EV登場

MX-30 1

EVはリース販売で2020年度中に日本で開始するとアナウンスされていましたが、2021年に入り発売開始と謳われました。

EV予想価格は400万円と見られています。

マツダは”良い意味で普通ではない”というコンセプトで、見ている人にインパクトを与えるような自動車作りをしています。

電気自動車という未来を予感させるエネルギーを使った自動車の中にも、どこか親しみやすく、現実味のある雰囲気を持たせることを意識しているのが分かる一台となっていますよね。

ボディカラーは、電気自動車のイメージカラーを複数用意すると予想されます。そのため、カジュアルになりすぎる2トーンカラーを設定する可能性は低めと言えそうです。

MX-30 3

MX-30EVの内装

MX-30 8

マルチインフォメーションディスプレイの表示内容をEVに合わせたものになるでしょう。

MX-30 7

また、「後席格納機能といったユーティリティは大きく犠牲にすることはない」と考えられます。

MX-30 9

先進モデル=「乗りにくい」「居住性がなく狭い」とは思われたくないでしょうから。

MX-30 6

また、先進EVモデルとして、他メーカーにあるような”外部供給のできる電源ソケット”も用意されるでしょう。電気自動車としてのメリットを存分に活かせる仕様になると予想されます。

MX-30EVのパワートレイン

MX-30 4

e-SKYACTIV
  • 全長
  • 全幅
  • 全高
  • 重量
  • ホイールベース
  • パワートレイン
  • 最高出力
  • 最大トルク
  • 駆動バッテリー
  • 総電圧
  • 総電力量
  • AC充電
  • タイヤサイズ
スペック
  • 4395mm
  • 1795mm
  • 1555mm
  • 1660kg
  • 2655mm
  • e-SKYACTIV
  • 143ps
  • 27.0kgm
  • リチウムイオン
  • 355V
  • 35.5kWh
  • 最大入力6.6kW
  • 215/55R18

MX-30EVの予防安全装備

iアクティブセンス

予防安全装備は最新のものを採用し、交差点で衝突事故防止を図る機能や白線のない道路や縁石で逸脱を回避するアシスト機能が追加されるとアナウンスされています。


 

【2020年10月8日】MX-30 e-SKYACTIV G登場

e-SKYACTIV G=SKYACTIV-G 2.0+M HYBRID。マイルドハイブリッドモデルです。

このe-SKYACTIV Gは他モデルにも搭載されていきます。

e-SKYACTIV
  • 全長
  • 全幅
  • 全高
  • 重量
  • ホイールベース
  • パワートレイン
  • 最高出力
  • 最大トルク
  • モーター出力
  • トランスミッション
  • 燃費(WLTC)
スペック
  • 4395mm
  • 1795mm
  • 1550mm
  • 1460kg
  • 2655mm
  • 2.0L+モーター
  • 156ps/6000rpm
  • 20.3kgm/4000rpm
  • 6.9ps/5.0kgm
  • 6速AT
  • 15.6km/L

ガソリンSKYACTIV-G 2.0+M HYBRIDの価格帯

  • 2,420,000円~2,979,880円(2WD)
  • 2,650,000円~3,209,800円(4WD)
  • 100周年特別仕様車(2020年限定版)3,157,000円

MX-30 Labo

Return Top