Read Article

新型カローラクロス|カローラツーリングスポーツクロスオーバーSUV|2019年8月後半設定

世界的に広がっているSUVブームの流れをくみ、新型カローラワゴン(カローラツーリングスポーツ)にもアクティブな雰囲気を持つクロスオーバーSUVのカローラクロスが発売されるとの情報が入って来ました。

カローラクロス2

今回はカローラクロスに関する情報を紹介します。

スポンサードリンク

新型カローラクロスのエクステリアデザイン

カローラクロスの基本的なエクステリアデザインは、2018年6月にハッチバック(カローラスポーツ)の投入から始まった12代目カローラの新型ワゴンモデル(カローラツーリングスポーツ)となります

カローラ フィールダー

この新型カローラツーリングスポーツをベースに車高を少し上げて、前後フェンダーに樹脂モールを装着。その上、アクティブな雰囲気を与える専用フロントバンパーやルーフレールを装備することが考えられます。

 

また、現行モデルでもカローラフィールダーをクロスオーバーSUV化させたコンプリートカーの「カローラクロスフィールダー」が発売されていますが、

このカローラクロスフィールダーは架装車のため、ベースのカローラフィールダーから全長や全幅は変わっています。

最低地上高は変わっておらず、あくまでもSUVルックの車となります。

 

しかし、カローラクロスはグローバル展開するモデルとなるので見た目だけの変更ではなく、アクアクロスオーバーのように最低地上高を上げて、林道などある程度のオフロード走行も可能なモデルとなるでしょう。

アクア1

 

 

新型カローラクロスのインテリアデザイン

カローラクロスのインテリアデザインは新型ツーリングスポーツと同じデザインとなります。ツーリングスポーツと同じデザインとなります。

カローラ フィールダー3カローラ ツーリング スポーツ7

しかし、スタイリッシュな雰囲気を持つ新型カローラツーリングスポーツとは異なり、カローラクロスではSUVならではのハードな印象を持たせるのに、撥水効果があるシートやラゲッジルームなどアウトドア感があるインテリアになるでしょう。

 

また、ラゲッジルーム自体の広さも現行モデルのカローラフィールダーよりも広い598リットルの容量があります。

さらに、後席シートを倒すと1000リットル以上の荷室容量を確保することが出来るので、SUVモデルらしくアウトドアでも活躍してくれるでしょう。

カローラ フィールダー4

 

 

新型カローラクロスのパワートレイン

 

カローラクロスに採用されるパワートレインは、最高出力116馬力を発揮する1200cc直列4気筒ガソリンターボエンジンと、

システム最高出力122馬力を発揮する1800cc直列4気筒ガソリンエンジンにモーターを組み合わせたハイブリッドエンジンの2種類の見込みとなっています。

 

また駆動方式には2WDだけではなくクロスオーバーSUVに相応しく4WDモデルも設定されることが確実です。

 

 

新型カローラクロスの先進安全装備

トヨタToyota Safety Sense P

カローラクロスの先進安全装備には第2世代型の予防安全パッケージである「Toyota Safety Sense」となります。

プリクラッシュセーフティにはミリ波レーダーと単眼カメラを組み合わせた方式で、昼間・夜間を問わない歩行者の検知機能や、昼間の自転車検知機能が付与されたものとなります。

 

この他にも、レーダークルーズコントロール時に同一車線内の中央を維持して走行するレーントレーシングアシスト、全車速追従機能付きのレーダークルーズコントロール、オートマチックハイビーム、

単眼カメラが認識した道路標識をディスプレイに表示することでドライバーの見落としを減少させるロードサインアシスト等が含まれています。

 

 

新型カローラクロスの発売時期

カローラクロスはカローラツーリングスポーツと同時期に発売されると予想されており、2019年8月後半頃になると思われます。

 

 

新型カローラクロスの販売価格

カローラクロスの販売価格は未定となっています。

しかし、フルモデルチェンジを実施したカローラスポーツの販売価格が210万円~となっており、カローラクロスのベースモデルとなるカローラツーリングスポーツよりも価格が上昇することを考えると240万円前後~になると思われます。

 

 

追伸情報

関連記事

「SUV」フルモデルチェンジ一覧

画像引用元:https://www.carscoops.com/
画像引用元:https://toyota.jp/index.html

Return Top