レクサス新型コンパクトSUV 2022年に期待|UX下位プレミアムBセグ&ヤリスクロス派生

ようやくレクサスのコンパクトSUVの話題が持ち上がってきましたね。

このモデルはヤリスクロスとプラットフォームを共用するGA-Bモデル。

ボディサイズはヤリスクロスと同等でUXの下位モデルとなる模様です。

ヨーロッパではこのクラスが人気らしく、その需要に応えるんでしょう。

初めに情報が出てから2年近く経ってるんじゃないかな?笑。

関連のUX(UX300e)新型NXの動きを見てるとPHEVも登場しそうですね。

ボディサイズからすると、EVも視野に入ってるんじゃないでしょうか。

 

ライバルはミニクロスオーバーやアウディQ2と言われています。

ミニクロスオーバー

それだけプレミアム感を上げてくるってことになりそうです。

アウディQ2

予想価格320万~430万円?

C-HRとUXの価格差が150万円以上。

ヤリスクロスの価格で比較すればレクサスコンパクSUVの予想価格がはじき出されますか?^^;

そすなると単純計算320万~430万円ほどになりますね。

ヤリスクロスの価格

ガソリン
  • X“Bパッケージ”
  • X
  • G
  • Z
2WD
  • 1,798,000円
  • 1,896,000円
  • 2,020,000円
  • 2210000円
4WD
  • 2,029,000円
  • 2,127,000円
  • 2,251,000円
  • 2,441,000円
ハイブリッド
  • HYBRID X
  • HYBRID G
  • HYBRID Z
2WD
  • 2,284,000円
  • 2,394,000円
  • 2,584,000円
4WD
  • 2,515,000円
  • 2,625,000円
  • 2,815,000円

UXの価格帯は3,973,000円~4,828,000円なので

UXマイナス30~50万円の価格帯です。

レクサス新型コンパクトSUVのエクステリア予想

ヤリスクロスはすでにレクサスっぽさが感じられるエクステリアです。

アクアともヤリスとも雰囲気違うので、レクサス版前提で開発されたんでしょうね。

サイズは3ナンバーサイズ

サイズはヤリスクロスと同等との情報です。

  • 全長
  • 全幅
  • 全高
  • ホイールベース
  • 最低地上高
  • 4180mm
  • 1765mm
  • 1560mm
  • 2560mm
  • ヤリス+30mm

フェンダー・足回りはUXと共通するものが感じられますね。

外観装備予想

  • 最新スピンドルグリル
  • NX・UX似フォルム
  • 大径タイヤ&ホイール

といった特徴を持たせるでしょう。

グリルは最新のNXが参考になるでしょうか?

前後フェンダーはNX似ならボディ同色を採用。

UX似ならブラックアウトされるでしょう。

もしかしたらbZ4Xにヒントが多いかもしれません。

足回りは?

専用チューニングを実施するでしょう。

4WDやF SPORTも設定されると予想されています。

内装はヤリスクロスを元にどうレクサス仕様にする?

ヤリスクロスの上級仕様でもレクサスの雰囲気はなくトヨタそのものです。

内装はUXのほうが参考になる?

以下↓ヤリスクロスのシート。

UXのシート

シートの質感はUXのほうが優れています。

バックドアやラゲッジスペースは

  • ハンズフリーオープン
  • クラス上位の大容量

となる可能性が高いですね。

レクサス新型コンパクトSUVのパワートレイン予想

【ハイブリッド】新開発1.5L+THSⅡ搭載

ヤリスクロスと同じ新開発M15A型エンジン+THSⅡが採用されます。

レクサス車で1.5Lは物足りない数字に見えますが、

このパワートレインは世界最高峰の燃費性能を実現しています。

  • 出力/モーター
  • トルク/モーター
  • E-Fourリアモーター
  • FF燃費
  • 4WD燃費
  • 91/80ps
  • 12.2/14.4kgm
  • 5.3ps/5.3kgm
  • 35.4-36.0
  • 4WD車は30.2

また、HYBRID4WDであるE-Fourもヤリスクロスと同様に設定されるでしょう。

  • 出力/モーター
  • トルク/モーター
  • E-Fourリアモーター
  • 91/80ps
  • 12.2/14.4kgm
  • 5.3ps/5.3kgm

トヨタ【E-Four】の仕組みとは|トヨタの新開発ハイブリッド4WDシステム

【ガソリン】新開発1.5L

新開発1.5L直3ダイナミックフォースエンジンを採用します。

この3気筒ガソリンエンジンは新開発。

気筒数を削減することで、より高い出力と環境性能を実現しています。

  • 最高出力
  • 最大トルク
  • トランスミッション
  • FF燃費
  • 4WD燃費
  • 120ps
  • 14.8kgm
  • 6速MT/CVT
  • 19.6-21.6
  • 19.2

レクサス新型コンパクトSUVの先進安全装備は?

ヤリスクロスのToyota Safety Senseには

  • 全車速追従機能付きレーダークルーズコントロール
  • レーントレーシングアシスト(車線逸脱警報機能含む)
  • アダプティブハイビームシステム(HYBRID Z・Zにオプション)
  • 新装備高度駐車支援システムAdvanced Park(アドバンストパーク)
  • 自動制御ステアリング・アクセル・ブレーキ機能

といった最新機能が搭載されました。

レクサス新型コンパクトSUVはLEXUS版ということもあり、

最新Lexus Safety System+の安全機能が標準装備でしょうね。

【参照】2020年10月にUX特別仕様車に標準設定された安全装備

  • ブラインドスポットモニター
  • パノラミックビューモニター
  • パーキングサポートブレーキ(静止物・後方接近車両)
  • ハンズフリーパワーバックドア(挟み込み防止機能・停止位置メモリー機能付き)