日産新型IMQ 2023年夏に期待|VCターボe-POWER搭載コンパクトクロスSUV

日産新型IMQ登場は2023年?
日産IMQの発売日やサイズを知りたい。

日産新型IMQは2023年夏登場が期待されているe-POWER SUVです。

このモデルはIMQコンセプトの市販モデル

日産新型IMQはクーペSUVジャンルになります。

同社新型エクストレイルは本格派SUV。

両モデルは対照的クロスオーバーモデルの位置づけです。

ボディサイズを比較するとIMQのほうがコンパクト。

ボディサイズ比較
  • 全長
  • 全幅
  • 全高
  • ホイールベース
  • 重量
  • エンジン
  • 最高出力
  • 最大トルク
  • トランスミッション
新型エクストレイル
  • 4670mm
  • 1840mm
  • 1690mm
  • 2705mm
新型IMQ
  • 4560mm
  • 1880mm
  • 1560mm
  • 2650mm

新型IMQのパワートレイン

1.5L VCターボを発電専用に使う1.5L e-POWERターボです。

このパワートレインは新型エクストレイルにも時期遅れて採用されます。

両者はジャンル違いのライバルSUVになりますね。

新型IMQのジャンルはアーバンクロスオーバー。

前後1モーターずつで4輪駆動するe-POWERを搭載します。

コンセプトの似るアリアはEV。

日産IMQは未来の道を走る

「未来のニッサンインテリジェントモビリティ」

を体現したコンセプトの新型SUVとなります。

新型IMQ
  • 全長
  • 全幅
  • 全高
  • ホイールベース
  • 重量
  • エンジン
  • エンジン出力
  • モーター出力
  • トランスミッション
スペック
  • 4560mm
  • 1880mm
  • 1560mm
  • 2650mm
  • 1680kg
  • 1.5Lターボ+2モーター
  • 135ps/18.6kgm
  • 340ps/71.4kgm

予想価格

0

0

日産新型IMQのデザインはクーペ&アーバン

ボディサイズは欧州Cセグメントクロスオーバーに当たります。

サイズで言うと

  • VW TAIGO
  • シトロエンC4
  • DS7クロスバック

のクラスです。

新型エクストレイルとは懐を分かつ

新規デザインのコンパクトクロスオーバーになりますね。

 

フロントマスクに新Vモーション採用

新言語のグリルは

  • ボンネットフードに対して垂直
  • フロントバンパーに対して水平

両方を融合させた新たなデザインです。

新型アリアと同じく力強さを表現しています。

リアデザイン

ブーメラン型デザインを変更。

ワンピース構造テールゲートが

リアフェンダーの下に収まっています。

フォルム全体が直線で形作られるデザイン性

今後の日産モデルに多くなるでしょう。

 

日産新型IMQの内装

IMQコンセプトはミニマリストコンセプト構造。

そして日本デザインを表現するものになります。

銅色で仕立てられたセンタートンネルが

前後を貫いてシートが独立して備わります。

 

フルデジタル化コックピット

インパネに840mm大型ディスプレイ採用。

センターコンソールにも小型ディスプレイを配置しています。

IMQコンセプトの仮想パーソナルアシスタント

ドライバーからの要求に応じて

ナビゲーションなど様々な機能を制御します。

 

日産新型IMQはエクストレイルとパワートレイン共用

日産新型IMQのパワートレインは

  • 1.5L VCターボ(発電専用)
  • 発電機
  • インバーター
  • バッテリー
  • モーター(前後1)

を組み合わせたハイパフォーマンスe-POWERを採用します。

そのスペックは?

  • モーター出力340ps
  • モータートルク74.1kgm

ビッグトルクをモーターにより

瞬時に駆動輪へ伝達が可能となります。

 

4輪駆動は未定で2つの選択肢

4輪独立制御マルチモーターAWD

1つ目の選択肢はパワーを効率的に各輪に配分する

前後トルク配分方式の駆動システムです。

モーター駆動の特性を活かした

走りが楽しめる仕様になります。

そして、2つ目の選択肢は

電動駆動技術e-4ORCE

新型アリアに搭載された駆動方式です。

  • GT-RのATTESA E-TS
  • パトロールのインテリジェント4×4システム

を基に開発されたEV発展型の最新4WDシステムになります。

  • 乾いた路面で4輪にパワーを与え
  • ハンドリング性能を高め
  • 滑りやすい路面においてもしっかり吸い付く

コーナリング性能を発揮。

 

日産新型IMQの先進安全装備

新型アリア以上の機能搭載?

登場時期はまだ先なので先進技術が搭載されます。

  • プロパイロット2.0
  • プロパイロットリモートパーキング

よりも進んだ機能搭載もあります。

見えないものを可視化する技術搭載?

日産IMQはプロパイロット搭載はもちろん

  • 「見えないものを可視化する」技術を採用する

と予想されています。

これはI2V(Invisible To Visible)と呼ばれる次世代技術で

  • 道路を走行する車両間
  • 路上設備

との通信を行い

視野外の移動体を把握できる技術です。

事前にドライバーへ情報を伝達して予防安全に繋げられます。

新型エクストレイル情報はこちら。

新型アリア情報はこちら。