Read Article

日産新型IMQコンセプトモデル情報2021|発電専用1.5Lガソリンターボエンジン+前後2モーター搭載e-POWER搭載クロスオーバーSUV

日産はスイスで開催されたジュネーブモーターショー2019にて、電動パワートレイン「e-POWER」を搭載したクロスオーバーモデル「IMQ」を世界初公開しました。

IMQ48

日産IMQは未来の道を走る「未来のニッサン インテリジェント モビリティ」を体現したコンセプトモデルで、IMQをベースとした市販モデルが2022年までに欧州市場で発売予定となっています。

今回は日産IMQについて紹介します。

スポンサードリンク

日産IMQ e-POWER搭載クロスオーバーモデル情報2021

日産IMQは新たなデザイン言語を採用

IMQ43

日産IMQコンセプトのボディサイズは全長4558mm・全幅1940mm・全高1560mmとなっていて、欧州のCセグメントクロスオーバー車に該当します。

日産はIMQコンセプトに新たなデザイン言語を採用することで今後の方向性を示しており、フロントマスクには新たなデザインの「Vモーショングリル」を採用。

IMQ23

このグリルではボンネットフードに対して垂直に、フロントバンパーに対して水平に融合させることによって力強さを表現しています。

IMQ45

リアのデザインもブーメラン型ランプクラスターのデザインを変更し、ワンピース構造のテールゲートがリアフェンダーの下に収まっています。

ミニマリスト・コンセプトのインテリア

日産IMQコンセプトのインテリアは現代の技術と融合した日本のデザインを表現しており、銅色で仕立てられたセンタートンネルが前後を貫いて独立型のシートが備わっています。

IMQ24IMQ28

フルデジタル化されたコックピットはインストルメントパネルに840mmという大型ディスプレイを採用し、センターコンソールにも小型ディスプレイを配置しています。

IMQ32IMQ33

これはIMQコンセプトの仮想パーソナルアシスタントとして、ドライバーからの要求に応じることで、ナビゲーションなど様々な機能を制御します。

e-POWERのマルチモーターAWDを採用

日産IMQコンセプトのパワートレインには、発電専用の1.5Lガソリンターボエンジンに、発電機・インバーター・バッテリー・電動モーターを組み合わせた「e-POWER」を採用しています。

このパワートレーンは、モーター出力340ps/モータートルク74.1kgmのハイパフォーマンスを実現しています。

このe-POWERシステムは、モーターによって、ビッグトルクを瞬時に駆動輪へと伝達できるので、IMQコンセプトは各輪を独立制御させたマルチモーターAWDを採用しています。

パワーを効率的に各輪に配分でき、モーター駆動の特性を活かした走りが楽しめるSUVモデルとなるでしょう。

ガソリンターボエンジンは完全に発電に徹します

従来のガソリンエンジンのように、走行状況に合わせてエンジン回転数を常に上下させるのではなく、発電が必要な時にエンジンを一定の回転数で回すため、優れた燃費性能と低排出ガス性能を実現しています。

見えないものを可視化する技術も搭載か?

日産IMQはプロパイロット搭載ももちろん、CES2019で発表された「見えないものを可視化する」技術を採用することが予想されています。

これはI2V(Invisible To Visible)と呼ばれる次世代技術を用いることにより、道路を走行する車両間や路上設備との通信を行うことで視野外の移動体を事前に把握し、ドライバーに伝達して予防安全に繋げる技術となっています。

IMQコンセプトは次期キャシュカイの方向性を示している可能性も

日産IMQコンセプトは、欧州市場へe-POWER技術投入に合わせて発表されたモデルです。

また、IMQのサイズから、エクストレイルのショートホイール版である”キャシュカイ”に近いこともあり、e-POWERやV2X技術を搭載した次期キャシュカイの方向性を示したモデルである可能性が高いと言えます。

キャシュカイ2

追伸情報

関連記事

画像引用元:https://www.carscoops.com

Return Top