新車発売情報

Read Article

スズキスイフトスポーツエボリューション|予想価格250~280万円20mmサスダウン&ボディ補強

スポンサードリンク


スズキのスイフトスポーツに、さらにスポーティ性能を高めたエボリューションモデルを2020年春に登場させます。

しかし、東京モーターショーにもそれらしきモデルは出展されていません。

そのため、期待情報となります。

”実現した場合は”、スイフトスポーツをベースにエンジンの高出力化を実施。

サスペンションのチューンナップやエアロパーツ装着が行われるでしょう。

名称は”スイフトスポーツエボリューション”であれば、三菱のランサーエボリューションとかぶります。

そのため、スイフトスポーツ”ワークス”、または”新たな名称”になる可能性が高いです。

なお、2020年初めにはベースモデルのスイフトがマイナーチェンジを受けます。

そのため、モーターショーで予告なく発表される可能性もあるでしょう。

スイフトスポーツ”ワークス”にはトヨタの”GR”並みの演出が施されると予想されます。

ライバルとなるのはカローラスポーツGR SPORTです。

スイフトスポーツ”ワークス”の価格は、スイフトスポーツからの変更数により、大きく異なります。

最低でも230万円~250万円を越す可能性も高いでしょう。

スイフトスポーツエボリューションモデル情報2020

スイスポEVO
  • 全長
  • 全幅
  • 全高
  • ホイールベース
  • 重量
  • エンジン
  • 最高出力
  • 最大トルク
  • トランスミッション
予想スペック
  • 3890mm
  • 1735mm
  • 1480mm
  • 2450mm
  • 960kg
  • 直4 1.4ターボ
  • 180ps/5600rpm
  • 23.8kgm
  • 6速MT

スイスポEVOのエクステリアで大きく変わる装備は?

全幅が拡大される可能性が高いです。

フェンダー・空力性能向上目的のエアロバンパー・リアスポイラーが装備されます。

ボディ剛性強化や軽量化も実施されるでしょう。

また、ノーマルスイフトスポーツより大径ホイールを採用します。

さらにサスペンションの設定を変えてローダウンさせる可能性も高いです。

スイフトスポーツ4スイフトスポーツ7スイフトスポーツ13

フロントマスクに強い印象を持たせる仕様になる?

スイフトはヘッドライト形状で印象を大きく変えるモデルでもあります。

そのため、ヘッドライト内部に特徴的なパーツを用い、目に光を与えて印象的な顔つきにする可能性もやや考えられます。

▽オランダ限定特別仕様車”カタナ”のフロントデザイン

▽オランダ限定特別仕様車”カタナ”のフロントマスク9

ドア数は3?5?

現行スイフトには3ドアモデルがないため、ワークスモデルであっても5ドアであることは確実です。

▽オランダ限定特別仕様車”カタナ”のリアデザイン

スイフトスポーツ8

エボのボディカラーに2トーンの採用なし

アルトワークスを前例として考えると、あまりボディカラーは多くありません。

だから、スイフトスポーツエボリューションにも2トーンカラーの採用はないことが考えられます。

プレミアムシルバーメタリック・スーパーブラックパール・ピュアホワイトパールの設定はほぼ確実。

チャンピオンイエロー4設定の可能性もあるでしょう。

▽オランダ限定特別仕様車”カタナ”はシルバーをイメージカラーに採用

スイフトスポーツ1

専用色設定の可能性は低め。

ラインやステッカーで装飾することが考えられます。

内装インテリアはスイスポベースの特別コーディネート採用

▽オランダ限定特別仕様車”カタナ”のインテリア

スイフトスポーツ11

おそらく、スイフトスポーツをベースとしたインテリアになる可能性が非常に高いです。

例えば、シートカラーにレッドを多用するカラーコーディネートへの変更が行われるでしょう。

一方、シートデザイン変更の可能性は低く、リアシートの変更もないと思われます。

内装のインパネ周りは?

カーボン調インパネオーナメントを採用するでしょう。

シフトノブやステアリングは、よりスポーティに演出されます。

そのために”専用アクセント”が採用され、さらにスポーツマインドを刺激する演出もあると思います。

スイフトスポーツEVOのエンジン出力は180ps予想

エンジンの大出力化は確実。

1.4Lターボの排気量は変えず、140psの最高出力を180psまで引き上げる可能性があります。

トランスミッションは、6速マニュアルのみ設定。

4WD採用の可能性は低く、スイフトスポーツと同様FFの2WDになるでしょう。

エボはアルトワークス同様、予防安全装備も充実させる

スズキセーフティサポートが装備できる可能性は高いと言えるでしょう。

スズキのスポーツモデル・アルトワークスにスズキセーフティサポートが装備可能となっているからです。

ただ、専用機能は備えられないと考えられ、発売時期の最新機能になるでしょう。

しかし、86やシビックタイプRといった他社のハイスペックスポーツには予防安全装備が搭載されないケースも見られます。

 

【2017年モデル】スズキスイフトスポーツ|爽快な加速を味わえる1.4Lターボ搭載

スイフトスポーツは、フランクフルト国際モーターショー(2017年9月12日開催)で世界初公開。

日本の発売日は2017年9月20日(9月13日発表)。

価格6MT:183万円~198万円・6AT:190万円~205万円。

価格差は、セーフティパッケージ装着車・セーフティパッケージ装着車+全方位モニター用カメラパッケージ装着車の違いとなります。

スペック

  • 全長
  • 全幅
  • 全高
  • ホイールベース
  • 重量
  • エンジン
  • 最高出力
  • 最大トルク
  • トランスミッション
  • 3890mm
  • 1735mm
  • 1500mm
  • 2450mm
  • MT970kg/AT990kg
  • 1.4L直4ターボ
  • 140ps/5500rpm
  • 23.4kgm/2500-3500rpm
  • 6MT/6AT

エクステリア

Swift Sport1 Swift Sport2 Swift Sport3Swift Sport4 Swift Sport5 Swift Sport6

エクステリア|装備

Suzuki Swift Sport

  1. LEDヘッドランプ(オートライトシステム)
  2. フロントハロゲンフォグランプ

スズキ スイフトスポーツ ヘッドライト

Swift Sport9

  1. 専用フロント/リヤバンパー
  2. 専用フロントグリル

Swift Sport10

  1. 専用サイドアンダースポイラー
  2. ルーフエンドスポイラー
  3. リアフォグランプ
  4. 専用マフラー(デュアルエキゾーストパイプ)
  5. マフラーカッター
  6. カーポン調シボのスポイラー類

スウィフトスポーツ7

ボディカラー6色

スイフトスポーツ1 スイフトスポーツ2 スイフトスポーツ3 スイフトスポーツ4 スイフトスポーツ 5

足回り装備

スイフトスポーツ8

  1. 専用デザイン17インチアルミホイール(切削加工&ブラック塗装)
  2. 195/45R17タイヤ
  3. モンロー製フロントストラット採用
  4. リヤショックアブソーバー採用
  5. フロントべンチレーテッドディスクブレーキ
  6. リヤディスクブレーキ
  7. フロントスタビライザー
制動性能を向上する改良実施

フロントブレーキのディスクを大径化して「ディスク厚を増加」する改良により、繰り返す制動によるディスク温度の上昇を抑えて制動性能を向上しています。

インテリア

Swift Sport7

スイフトスポーツ「専用」内装加飾

インストルメントパネル/ドアトリムに「赤⇒黒」にグラデーションする専用ガーニッシュを採用。

また、専用スピードメーター・専用本革巻きステアリングホイール(赤ステッチ)・ステンレス製ペダルプレートと、走行スピリッツを刺激する「赤」をふんだんに盛り込んでいますね。

スウィフトスポーツ4スウィフトスポーツ5

▽専用セミバケットシート(赤ステッチ)

スウィフトスポーツ3

機能装備

  1. ヒルホールドコントロール(AT)
  2. マルチインフォメーションディスプレイ(カラー)
  3. フルオートエアコン
  4. ステアリングオーディオスイッチ
  5. パドルシフト(AT)
  6. クルーズコントロール
  7. チルト・テレスコピックステアリング(ハンドル位置調整機能)
  8. キーレスプッシュスタートシステム
  9. 運転席シートヒーター
  10. リアヒーターダクト
  11. オーディオレス仕様
  12. 2スピーカー(フロント2)
  13. 電動格納式リモコンドアミラー(リモート格納)
  14. LEDサイドターンランプ付ドアミラー
  15. 運転席シートリフター
  16. 6:4分割可倒式リアシート
  17. スモークガラス
  18. エマージェンシーストップシグナル

「183万円~205万円」の価格帯にふさわしい装備が充実しています。

先進安全装備デュアルセンサーブレーキサポート

  1. デュアルセンサーブレーキサポート搭載
  2. アダプティブクルーズコントロール採用
  3. 車線逸脱抑制機能採用(スズキ初)

デュアルセンサーブレーキサポートは「スイフト・ハイブリッドSL」で標準装備です。

スイフトスポーツも「セーフティパッケージ装着車」に装備されます。非装備車との差は約10万円高です。

スイフトスポーツは「スポーツ走行が多くなる」ので、搭載されないと不安ですよね。また、単純走行が続く高速や並走車の多い一般道で役に立ちそうな、スズキ初採用の車線逸脱抑制機能を搭載します。

デュアルセンサーブレーキサポート|仕組み

単眼カメラ+レーザーレーダーを備え、前方の歩行者やクルマを検知して衝突時の被害を軽減するシステム。以下の機能を搭載しています。

  1. 誤発進抑制機能
  2. 車線逸脱警報機能
  3. ふらつき警報機能
  4. 先行車発進お知らせ機能
  5. ハイビームアシスト機能

また、SRSカーテンエアバッグ、フロントシートSRSサイドエアバッグなども標準装備です。

パワートレーン

  1. K14C型ブースタージェットエンジン
  2. 1.4L直4直噴ターボ(ブースタージェット)
  3. 最高出力/最大トルクともに向上
  4. 燃費性能を改善
  5. クロスレシオ化したギヤ比で高トルクな6MT採用
  6. 加速感・変速感を味わえる6ATを採用
  7. 1.4L:パワー140ps/トルク23.4kgm

新型スイフトスポーツのエンジン

この1.4Lブースターターボエンジンはスズキの技術を結集し、2015年に上海モーターショーで初公開したものです。

軽量コンパクト・大容量ターボでパワー&トルクアップを実現しています。

1.4Lターボの馬力は140馬力です。

970キロの車重・6速MTなので、高速走行はかなり軽快な走りを楽しめそう。

ワインディングならクイッと気持ちよく曲がってくれて、単調な山道の運転も操作し甲斐があります。

スイフトがエンジンを小型化した理由

「CO2排出量の低減」です。欧州では特に重視されており、世界戦略車のスイフトには欠かせない要素。

そのため、ダウンサイジングターボエンジンを数種類ラインナップして展開し、1.0Lターボエンジンも搭載しています。

トランスミッション

少しレトロさを感じるオシャレなシフトノブ

スウィフトスポーツ2

軽快なシフトチェンジをキメるオーナーの嬉しそうな顔が目に浮かびます。

スイフトスポーツは6速MTと6速ATを設定します。

操作を楽しめるスイフトスポーツのメイン・トランスミッションは6速MTでしょう。

このトランスミッションも見直しが行われクロスレシオ化したギヤ比で高トルクに設定されています。

軽量設計プラットフォーム・ハーテクト採用で軽量化

スイフトに採用された「軽量設計のプラットフォーム」を新型スイフトスポーツにも採用します。

3代目スイフトスポーツよりも70キロ軽くなっています。

6MT:970キロ・6AT:990キロ、この軽量ボディを高効率ハイパワーの1.4L新型ターボエンジンで引っ張ることになります。

ホイールベース拡大

直進安定性を高め、旋回性能がよくなりました。

そして、全幅も拡大されて1735mmに。3ナンバーサイズです。

【参照】スイフトスポーツの登場はいつも遅れる

過去のスイフト発売歴を感覚的に思い返すと、スイフト発売から遅れて1年前後に発売されています。

今回はスイフト2016年12月。スイフトスポーツは2017年9月20日の予定です。少しずつ早くなってますね。

そして参考としてなんですが、過去のスイフト発売からスイフトスポーツ発売までの「待ち期間」は以下のようになってます。

どうやら、法則性(初代と3代目/2代目と4代目で同じくらいの期間)がありそうです。

  • 初代
  • 2代目
  • 3代目
  • 4代目
  • 1年4か月
  • 10か月
  • 1年2か月
  • 9ヶ月

スイフトスポーツを「待たされる期間」は少しずつ早まってます。

追伸情報

関連記事

画像引用元:https://www.carscoops.com
画像引用元:http://www.suzuki.co.jp/

【評判・評価】スイフトスポーツ 2017年モデル

2019年現在、もうすぐ発売から2年のスイフトスポーツ。

評判や評価は人それぞれ感じ方は違うでしょう。

客観的に詳細まで見ている”試乗ファーストレビュー”を調べてみました。

「お得感」を感じているようですね。

スイフトスポーツ|ATモデル|試乗
エクステリア

ワイドトレッドが決まっていて、期待以上に安定感のあるスタイル。

フロントマスクもスタイリッシュに映えます。

リヤスタイルはシンプルな造形で、なんかマーチみたいに感じました。

インテリア

乗りこむとサイドサポートの張り出したシートにより包まれ感があります。

シフトノブはギヤポジションが分かりづらい。でも、慣れれば良いでしょう。

ハンドル周りも様々ついていて、煌びやかな雰囲気です。

パドルシフトはコントロールしやすそうです。

足回り

走り出すと、低速でもゴツゴツした剛性感を感じます。

気持ちの良い引き締まった足回りですね。

スポーツモデルなのでこの位置づけで丁度いいと感じました。

十字路を低速で回っても引き締められた足回りを感じ取る事が出来ます。

ステアリング

ハンドル操作に車体が機敏に応答する感覚が走行性能を直観させます。

加速性

直線で踏み込むと率直にドッカンとトルクが現れることはありません。

回転アップに合わせて加速度的にパワーが出て来る雰囲気です。

車体の軽さを感じつつグイグイ車を引っ張っていく感じです。

静粛性

車内には程よくエンジン音が入って来て、踏んだなりに気分が盛り上がります。ウルサクは無いです。

ターボトルク

低速トルクはターボが効くまで、多少のタイムラグは感じる事が出来ます。

ゆっくりと流す時にはちょうど良いトルクです。

踏み込めばチョット遅れてパワーが付いて来る感じです。

都市部の低速域が中心の試乗でした。

軽い車体とターボパワー・引き締められた足回りは、充分に感じる事ができました。

見積り

210万程度の価格でした。

スイフトスポーツ|6MT|試乗
エクステリア

バンパーの一部分がカーボン装飾でスポーティ。

スイフト他グレードとの差別化が乏しいのは、残念です。アルミホイールはSUVっぽいデザイン。

インテリア

赤の装飾がはっきりしていて綺麗です。

質感はクラス以上で高いと思います。

スイスポはこれまでも、シートが他のグレードとしっかり違っていて、加飾で誤魔化さないころがいいですよね。

エアコンも「0.5℃刻み」で好ましく感じます。

エンジン性能

車重の軽さにより、スタートから軽快な滑り出しです。

試乗ではアクセルをあまり開けませんから、秘めたポテンシャルまではわかりません。

しかし、フラットトルクターボでしょう。

高回転まで回さずとも速いと思います。

操作性

シフトノブの位置は違和感ありませんでした。感触もいいです。

ストロークは短くスポーティ。でも若干、スイッチのような感覚があります。

フィットRSよりはマシです。D型のハンドルは違和感あり。

乗り心地

硬いけど好きな人なら、普通レベルだと思います。

価格|見積もり

セーフティパッケージを見積ると税込み218万でした。

他メーカーも見習って欲しい。お値打ちですよね。

総評

コストパフォーマンスが抜群です。

何をやればこの価格を実現できるのか。パフォーマンス性はまだ未知数です。

900キロ台の車重で140馬力もあれば、楽しいに違いありません。

参照元:http://kakaku.com/

Return Top