Read Article

スイフトスポーツエボリューション|名称はワークス!?|2020年追加発売予想

スズキのスイフトスポーツに、エボリューション的なモデルが2020年に登場するとの情報です。

実現した場合は、スイフトスポーツをベースに、エンジンの高出力化やサスペンションのチューンナップ、エアロパーツの装着などが行われるでしょう。

なお、名称はスイフトスポーツエボリューションの場合、三菱のランサーエボリューションとかぶってしまうため、

スイフトスポーツ”ワークス”、または新たな名称になる可能性が高いです。

なお、2020年には、ベースモデルのスイフトがマイナーチェンジを受けるため、モーターショーなどでの予告モデル無く突発的に発表される可能性もあります。

トヨタの”GRMN”並みの演出が施されると予想されるため、ライバルはヴィッツGRMNになるかも?

スイフトスポーツエボリューションモデルの価格は、スイフトスポーツからの変更度合いによって、大きく異なる部分はあります。

最低でも230万円程度、250万円を越す可能性も高いでしょう。

スポンサードリンク

スイフトスポーツに2020年、エボリューションを設定?

◎スイスポエボのエクステリアで大きく変わる装備は?

全幅が拡大される可能性も高いためフェンダー、空力を向上させるためのエアロバンパー、リアスポイラーなどでしょう。

スイフトスポーツ以上の大径ホイール採用の可能性も高いです。

スイフトスポーツ4スイフトスポーツ7スイフトスポーツ13

ヘッドライト内部を変化させてより印象的な顔つきにさせる可能性もやや低いながら考えられます。

▽オランダ限定特別仕様車”カタナ”のフロントデザイン▽オランダ限定特別仕様車”カタナ”のフロントマスク9

なお、現行スイフトには3ドアモデルがないため、エボリューションモデルであっても5ドアであることは確実です。

▽オランダ限定特別仕様車”カタナ”のリアデザインスイフトスポーツ8

エボのボディカラーにツートンの採用なし

アルトワークスを前例として考えるとあまりボディカラーは多くなく、ツートンカラーなどの採用もないことが考えられます。

プレミアムシルバーメタリック、スーパーブラックパール、ピュアホワイトパールの設定はほぼ確実で、チャンピオンイエロー4の設定の可能性もあるでしょう。

▽オランダ限定特別仕様車”カタナ”はシルバーをイメージカラーに採用スイフトスポーツ1

専用色の設定の可能性は低めです。またラインやステッカーなどで装飾することも考えられます。

◎インテリアはスイスポベースの特別コーディネート採用

▽オランダ限定特別仕様車”カタナ”のインテリアスイフトスポーツ11

おそらく、スイフトスポーツをベースとしたインテリアになる可能性が非常に高く、シートカラーがレッドになるなどカラーコーディネート変更の可能性は高いと見られます。

一方、シートデザイン変更の可能性は低いでしょう。リアシートの変更もないと思われます。

また、カーボン調インパネオーナメントを採用するでしょう。

シフトノブやステアリングはよりスポーティに演出するために、専用アクセントが採用され、さらにスポーツマインドを刺激する演出が施されると思われます。

エボのエンジンは160psのプレミアムガソリン仕様に?

スイフトスポーツエボリューションモデルはエンジンの大出力化は、ほぼ確定的と言えるでしょう。

排気量を変えず160馬力程度を目指すか、1.6Lエンジンに変更して170馬力前後まで引き上げるなどの可能性があります。

いずれにせよプレミアムガソリン仕様になることは確実です。

また、変速機の6速マニュアルのみの設定もほぼ確実と言えます。

ボディの性強化や軽量化、サスペンションの変更も確定的ですが、4WDの採用の可能性は低く、スイフトスポーツと同様FFの2WDになるでしょう。

エボはアルトワークス同様、予防安全装備も充実させる

86やシビックタイプRなど、他社のスポーツモデルには予防安全装備が搭載されていないケースが見られます。

しかし、スズキのスポーツモデルであるアルトワークスには、スズキ セーフティ サポートが装備可能となっています。

そのためスイフトスポーツエボリューションモデルにも、スズキ セーフティ サポートが装備できる可能性が高いと言えるでしょう。

ただし専用の機能などは備えられないと考えられ、発売時点最新の装備となる可能性が高いです。

 

追伸情報

関連記事

「スポーツ」マイナーチェンジ一覧

画像引用元:https://www.carscoops.com

Return Top