ダイハツ新型コンパクトミニバン2022年10月に期待|ロッキーベース3列シート

ダイハツ新型6~7人乗りミニバン登場時期はいつ?
新型コンパクトミニバンの詳細情報が知りたいんだけど。

ダイハツ新型コンパクトミニバン発売時期は2022年10月に期待されています。

ロッキーベースの6~7人乗りでSUVテイストが感じられるモデルです。

ロッキーにはハイブリッドが追加されます。

1.2Lハイブリッドがロッキー派生ミニバンにも搭載されるでしょうね。

 

ダイハツ新型コンパクトミニバンのボディサイズは

シエンタよりコンパクト。

そのシエンタにもSUVテイストのシエンタクロス登場が期待されています。

クロスオーバーモデルって需要あるんですね~。

予想価格

0

0

外観はロッキー&トールミックスのSUVミニバンデザイン?

ベースとなるSUVロッキーの要素が入るから

フロントマスクはロッキーっぽく

コンパクトミニバンなのでトールの要素もミックスされると考えられます。

トールにもハイブリッドが搭載されるので

これらモデルには共通点が多くなりますね。

 

このニュアンスをトヨタモデルで例えればシエンタ

シエンタはアクアやヤリスのテイストを含みながらも

ミニバンらしくまとめられているイメージです。

 

全長はシエンタより小さい4200mm予想

ダイハツ新型コンパクトミニバンは

  • 受け入れられやすいデザインに仕上がる

と予想します。

ロッキーは発売早々、半年で一部改良を行ってます。

この動きは新型コンパクトミニバンにつながる伏線なのかもしれませんね。

ダイハツ新型コンパクトミニバンのコンセプトモデル

実は過去にダイハツ新型コンパクトミニバンの

コンセプトモデルは出ています。これです。

ちょっと受け入れがたいデザインじゃないですか?

ロッキーが登場する前の古いデザインで

海外モデルの延長なので、フロントマスクに愛着が湧きません。

でも、SUVテイストの強いミニバンの雰囲気を醸し出しています。

 

予想情報通りなら

これ系のフォルムでフロントマスクがロッキーですね。

コンセプトのままじゃ売れそうにないな~。

 

スズキのミニバン戦略から読み取る

トール&ルーミーのライバルソリオは全長を伸ばし、

フロントマスクも精悍になり、過去モデルとの違いを強調しました。

こういう動きを加味するとダイハツ新型コンパクトミニバンは

  • ユーザーが想定できないデザインで登場する可能性

も考えられますね。

 

ダイハツ新型コンパクトミニバンのテーマは”FUN”

シエンタアクアに設定した特別仕様車GLAMPERのように

”楽しみに出かける”をテーマに開発されています。

  • ロッキーは”新自由SUV”
  • トールは”一緒に走ろう。溢れるほどの好奇心を詰め込んで”

このテーマがミックスされて、ユーザーが購入したくなる

新しいテーマが掲げられるんでしょうね。

 

ダイハツ新型ミニバンの乗車定員は6~7人?

内装は2+2+2の3列シート6~7人乗り予定

シエンタと似たラインナップ構成

  1. 2+2+2|6~7人乗り3列シート
  2. 2+3+2|7人乗り3列シート
  3. 2+3|5人乗り2列シート

ただサイズはシエンタより小さいため

シートアレンジは少なくなるか、

それともダイブダウンのように

新しいシート機能が提案される可能性もあります。

ミニバンは居住性勝負なので

既存ミニバンにプラスアレンジが加わるといいですね。

 

パワートレインは新開発1.2Lハイブリッド搭載予想

  • 新開発1.2Lハイブリッド

を搭載します。

2モーターでEV走行ができる方式です。

ロッキーの1.0Lターボ搭載はない?

初期の予想で1.0Lターボも選択肢に入ってました。

1.0Lターボ
  • エンジン
  • 最高出力
  • 最大トルク
  • 駆動
  • トランスミッション
スペック
  • 1.0Lターボ
  • 98ps/6000rpm
  • 14.3kgm
  • 2WD/4WD
  • D-CVT

 

ダイハツ新型コンパクトミニバンの予防安全装備

ダイハツの最新機能を載せた

タント以上の予防安全装備スマートアシストの搭載が考えられますね。

全車速対応アダプティブクルーズコントロールは

ロッキー&トール共に搭載されています。

いま見られる最新機能は全部載せられるモデルになるでしょう。

日産新型コンパクトミニバン情報はこちら。