ダイハツ新型コンパクトミニバン2022年10月に期待|ロッキーベース3列シート

ロッキーをベースにしたSUVテイストの新型コンパクトミニバン登場は2022年10月に期待されています。

同時期ロッキーにはハイブリッドが追加されます。

1.3L+2モーターらしいので派生ミニバンにも同時搭載されそうですね。

ボディサイズはアクアベースのシエンタよりコンパクトでSUVテイストの6~7人乗りとのうわさ。

そのシエンタにも「SUV機能を持たせたシエンタクロスが登場する」という情報あります。

クロスオーバーモデルって需要あるんですね~。

予想価格|シエンタ比

0

0

ロッキー&トールミックスのSUVミニバンデザイン?

ロッキー23

SUV要素にロッキーを採り入れるため、フロント周りはダイハツ軽デザインになるでしょう。

トヨタルーミーもトールOEMでダイハツデザインですよね。

でも知らない人は「ルーミーってトヨタのクルマだよね?」って思うはず。

ダイハツ新型コンパクトミニバンは

心配なく受け入れられやすいデザインに仕上がると予想します。

ロッキーは実は発売早々、半年で一部改良を行ってます。

この動きは新型コンパクトミニバンにつながる伏線なのかもしれませんね。

 

また、トヨタと協業するスズキも

トール&ルーミーのライバルとなる新型ソリオで全長を伸ばし、

これまでのモデルとの違いを強調しました。

この動きから新型SUVミニバンは

ユーザーが想定できないデザインで登場する可能性もあります。

すでに新型コンパクトミニバンのコンセプトは出ていて、下の画像になります。

ダイハツコンパクトミニバン

ロッキーが登場する前の古いデザイン性ですが、フォルムはこのような

SUVチックのミニバン系デザインを採用すると言われています。

ダイハツ新型コンパクトミニバンのテーマは”FUN”

シエンタ・アクアに設定した特別仕様車GLAMPERのように、

”楽しみに出かける”をテーマに開発されているとのこと。

ロッキーのテーマが”新自由SUV”。

そしてトールは

”一緒に走ろう。溢れるほどの好奇心を詰め込んで”です。

このミックスが”FUN””楽しみに出かける”から

さらに練られた購入したくなるテーマで掲げられるんでしょうね。

何と語るかお楽しみに。

内装は2+2+2の3列シートで6~7人乗り設定?

アレンジとして

  1. 2+2+2|6~7人乗り3列シート
  2. 2+3+2|7人乗り3列シート
  3. 2+3|5人乗り2列シート

のように、シエンタと似たラインナップを構成するようです。

ただサイズはシエンタより小さいです。

なのでシートスライド機能は最小限におさえられるかもしれません。

3列目シートはシエンタと同じ床下格納でスペースを稼がないと

多めの人数は乗れないですね。

パワートレインは1.0ターボ&1.3Lハイブリッド搭載予想

ロッキーの1.0Lターボと新開発1.3Lハイブリッドを搭載すると言われています。

1.0Lターボ
  • エンジン
  • 最高出力
  • 最大トルク
  • 駆動
  • トランスミッション
スペック
  • 1.0Lターボ
  • 98ps/6000rpm
  • 14.3kgm
  • 2WD/4WD
  • D-CVT

新開発1.3Lハイブリッドは1.3L直3エンジン+2モーターでEV走行ができる方式のようです。

ホンダのe:HEVに近い仕様かな?

トランスミッションはCVTまたはD-CVT(デュアルモードCVT)採用。

ダイハツ新型コンパクトミニバンの予防安全装備

スマートアシスト

ダイハツの最新機能を載せたタント以上の予防安全装備スマートアシストを搭載でしょう。

全車速対応のアダプティブクルーズコントロールはロッキー&トール共に搭載されています。

いま見られる最新機能は全部載せられるモデルだと思います。

ダイハツコネクトはこれからのクルマ社会に浸透しそうですね。

日産新型コンパクトミニバン(キューブ後継)の情報はこちら