新車発売情報

Read Article

セレナ一部改良2020年8月17日|プロパイロットを一部グレード標準装備

セレナe-POWERに一部改良が実施されました。



価格

  • X
  • XV
  • G
  • HS
  • HS V
  • HS G
  • e-POWER X
  • e-POWER XV
  • e-POWER G
  • e-POWER HS
  • e-POWER HS V
  • e-POWER HS G
2WD
  • 2,576,200円
  • 2,736,800円
  • 3,061,300円
  • 2,758,800円
  • 3,070,100円
  • 3,311,000円
  • 2,997,500円
  • 3,226,300円
  • 3,473,800円
  • 3,293,400円
  • 3,582,700円
  • 3,809,300円
4WD
  • 2,824,800円
  • 2,985,400円
  • 3,353,900円
  • 3,051,400円
  • 3,335,200円

※HS=ハイウェイスター
※5万円程度値上げ

安全装備の充実

プロパイロットを一部グレード標準装備
ハイウェイスターV・ハイウェイスターG・e-POWERハイウェイスターV・e-POWERハイウェイスターG
  • インテリジェントFCW(前方衝突予測警報)全車標準装備
  • インテリジェントルームミラーのオプション設定グレード拡大

装備充実

USB電源ソケットを1.0Aから2.4Aに変更しています。

 

【2019年8月1日】セレナe-POWERマイナーチェンジ

エクステリアデザインの変更やカラーバリエーション追加を行い、自動運転技術であるプロパイロット機能を向上します。

残念ながら2.0にはなりません。しかし、レーンチェンジや道路上の危険を判断して回避が可能となる性能を追加。さらに、エマージェンシーブレーキの性能向上により、夜間の車や人の認識性能を向上して、衝突被害を軽減します。

全方位に安全機能を広げる”360°セーフティアシスト”とよばれる機能群を全車に標準装備となります。

価格

2WD
  • B
  • S
  • X
  • XV
  • G
  • ハイウェイスター
  • ハイウェイスターV
  • ハイウェイスターG
価格
  • 2,399,760円
  • 2,508,840円
  • 2,529,360円
  • 2,687,040円
  • 3,005,640円
  • 2,708,640円
  • 2,932,200円
  • 3,168,720円
4WD
  • B
  • X
  • XV
  • G
  • ハイウェイスター
  • ハイウェイスターV
価格
  • 2,687,040円
  • 2,773,440円
  • 2,931,120円
  • 3,292,920円
  • 2,995,920円
  • 3,192,480円
e-POWER
  • e-POWER X
  • e-POWER XV
  • e-POWER G
  • ハイウェイスター
  • ハイウェイスターV
  • ハイウェイスターG
価格
  • 2,943,000円
  • 3,167,640円
  • 3,410,640円
  • 3,233,520円
  • 3,435,480円
  • 3,657,960円

セレナe-POWERのエクステリア変更点

セレナe-POWERのエクステリアデザインは、現在のスポーティーなラインを残しながらも、ミニバンで人気となっている迫力あるフロントグリルを採用します。

ハイウェイスター

  1. ダブルVモーショングリル
  2. リッチクロームグリルパターン
  3. 専用縦長リアコンビランプ

セレナe-POWER

  1. 16インチアルミホイール

ボディカラー追加・廃止

追加

  1. サンライズオレンジ
  2. ダークメタルグレー

2トーンカラー|ダイヤモンドブラックルーフ

  1. 4色

廃止

  1. ミントホワイトパール
  2. シャイニングブルー

セレナe-POWERの内装インテリア変更点

  1. IRカットドアガラス標準
  2. 運転席アシストグリップ装備
  3. デュアルエアコン設定

より魅力的な質感の向上が行われ、インテリアカラーに新バリエーション:プレミアム・グレー&ブラック・ブラック・グレージュが追加されます。

現在は「e-POWER」「e-POWER ハイウェイスター」のそれぞれに3種類のインテリアカラーが用意されています。

先進安全技術機能向上

全方位運転支援システム全車標準装備

  1. インテリジェントエマージェンシーブレーキ
  2. 標識検知機能(進入禁止標識検知、最高速度標識検知、一時停止標識検知)
  3. 踏み間違い衝突防止アシスト
  4. インテリジェントLI(車線逸脱防止支援システム)+LDW(車線逸脱警報)

アダプティブLEDヘッドライト

フロントカメラで前方の対向車・先行車を検知して、左右12個のLED照射パターンを変化させて、視認性を確保します。

追加機能

  1. 後側方衝突防止支援システム
  2. 後側方車両検知警報
  3. 後退時車両検知警報

 

【2018年9月6日】セレナ一部改良

セレナ1

日産はミニバン「セレナ」の仕様を一部変更し、9月6日より販売を開始しました。

今回の仕様変更では、主に安全装備の充実が図られ、「X」と「ハイウェイスター」に「VセレクションII」が新規設定されています。

安全装備がさらに充実|「S-HYBRID」搭載車とガソリン車

今回の仕様変更では、マイルドハイブリッド機構「S-HYBRID」搭載車とガソリン車を対象に安全装備の充実が図られています。

従来は「e-POWER」に標準装備していた「ハイビームアシスト」をS-HYBRID車とガソリン車にも拡大設定。

また、アクセルペダルとブレーキペダルの踏み間違いによる衝突防止を支援する「踏み間違い衝突防止アシスト」については、前方の歩行者検知が可能な仕様となり、これも「e-POWER」と同様の装備となりました。

標識検知も最高速度標識検知と一時停止標識検知機能が追加され機能向上

セレナは従来より安全装備の充実が評価され、2018年上半期においてミニバンの国内販売No.1を獲得しているなど大ヒットしている車種です。

今回の仕様変更により、さらに安全で快適なミニバンになりました。

XとハイウェイスターにVセレクションIIを新規設定

今回の仕様変更に合わせて、「X」および「ハイウェイスター」のグレードに「VセレクションII」が新たに設定されます。

「Vセレクション」は、「日産オリジナルナビ取付パッケージ」「両側ワンタッチオートスライドドア」などの快適装備が充実の特別グレードでした。

一方の「VセレクションII」は、従来の「Vセレクション」の装備に加えて、前述の安全装備が追加されたものになります。

これだけの装備が充実していながら価格はお求めやすいように抑えられており、まさにお買い得のグレードと言えます。

安全装備の充実|サポカーS ワイド

各種の安全装備が充実しているセレナは、「踏み間違い防止アシスト」のオプションを装着した場合、「サポカーS ワイド」対応となっています。

高齢運転者の交通事故が増加する昨今、事故防止対策の一環として、自動ブレーキなどの安全機能をもった自動車の普及を安全運転サポート車「サポカー」として官民一体となって推進しています。

価格帯2,331,720円~3,135,240円

 

【2016年8月24日】ガソリンS-HYBRID8人乗り追加

セレナ2

セレナS-HYBRID|人気ボディカラー

  1. カシミヤグレージュ・マイクロチタン
  2. アズライトブルー・パール
  3. マルーンレッド・マルチフレックスパールメタリック

セレナS-HYBRID|人気グレード

  1. ハイウェイスターG
  2. ノーマルX
  3. 特別仕様車Vセレクション(2017年5月追加)

改良型2.0Lマイルドハイブリッドエンジン搭載

セレナのエンジンは、旧2.0Lスマートシンプルハイブリッドに改良を加えたもの。改良型2.0Lマイルドハイブリッドシステムで、走行性能や燃費性能を見直しています。

最高出力:147ps
最大トルク:21.4kgm
燃費:17.2キロ

新開発でないのでコストダウンできています。その分を車両本体価格や新機能の過剰コスト分に「還元」するのが狙いです。

  • セレナ価格帯:2,435,400円~3,227,040円
  • NISMO 2WD 2000価格帯:3,419,280円
  • AUTECHシリーズ 2WD 2000価格帯:2,985,120円~3,567,240円
  • AUTECHシリーズ 4WD 2000価格帯:3,218,400円~3,512,160円

セレナLabo

Leave a Reply

*
* (公開されません)
*

Return Top