Read Article

セレナe-POWER マイナーチェンジ|カラーバリエーション追加|2019年7月発売予定

日産が人気ミニバン「セレナ」のマイナーチェンジに向けて開発を進めています。

マイナーチェンジは2019年7月発売予定となっており、
エクステリアデザインの変更やインテリアのカラーバリエーションの追加を行います。

 

また、自動運転技術であるプロパイロットの機能向上を行うことで
レーンチェンジや道路上の危険を判断して回避が可能となり、

エマージェンシーブレーキの性能向上を行うことで、
夜間での車や人の認識性能の行い衝突被害を軽減しています。

その他には現在は2WDのみの設定となっているe-POWERに
「4WD」が登場する見込みとなっています。

 

スポンサードリンク

 

セレナe-POWERのエクステリアデザイン

セレナe-POWER1

セレナe-POWERのエクステリアデザインは
現在のスポーティーなラインを残しながらも、

ミニバンで人気となっている
迫力あるフロントグリルを採用する可能性が高いです。

 

一方でエアロパーツを装着したセレナe-POWER ハイウェイスターには、
よりワイド感を強調したデザインのバンパーが採用されます。

その他にもマイナーチェンジのタイミングで、
新たなボディカラーが追加されることも予想されています。

 

 

セレナe-POWERのインテリア

セレナe-POWER2

現在のセレナe-POWERのインテリアには

  • 「e-POWER」
  • 「e-POWER ハイウェイスター」

のそれぞれに3種類のインテリアカラーが用意されています。

セレナe-POWER7

より魅力的な質感の向上が行われた上で
新たなカラーバリエーションの追加が行われる見込みです。

 

 

プロパイロットの機能向上

セレナe-POWERでは、現行型モデル登場時の
目玉機能として取り上げられていた部分、

自動運転技術「プロパイロット」の改良型が搭載されます。

 

現在は高速道路の単一レーンを、前の車との車間距離を保ちつつ
自律的に走行するのみの機能となっています。

改良型では、高速道路上でのレーンチェンジが可能となり、
道路上の危険を自動で判断し停車だけではなく回避することも可能となります。

 

 

セレナe-POWERに4WDモデルの追加

現在はセレナe-POWERに4WDモデルは存在しておらず、

セレナの4WDモデルを購入するには
マイルドハイブリッドモデルを選択する必要がありました。

 

しかし、マイナーチェンジによって
セレナe-POWERにも4WDモデルが追加され、

雪国に住んでいる方もセレナe-POWERを選択することが出来るようになります。

 

セレナe-POWERに採用されている4WDシステム
ノートe-POWERの4WDと基本的には同様のものとなります。

そのシステムは

  1. 前輪をエンジン駆動で動かし、後輪をモーター駆動させる「エンジン駆動車/モーターアシスト4WD」
  2. 前後輪ともにモーター駆動させる「e-POWER/モーターアシスト4WD」
  3. 前後輪ともにエンジン駆動させる「機械式4WD/パッシブ式」

の3モードを備えています。

それにより、アクセルペダルを踏み戻すだけで大きく減速できる
「ワンペダル走行」のメリットを保ったまま、

雪道で必要となる4WD特有の緻密な駆動力のコントロールも可能としています。

 

しかし、ノートe-POWERでは2WDと4WDで80kgもの重量差があり、
セレナe-POWERに関しても燃費の悪化は避けられないでしょう。

この重量差を差し引いたとしても、ライバル車種となる

トヨタのノア・ヴォクシー、ホンダのステップワゴンハイブリッドには、
4WDモデルが設定されていないので大きなセールスポイントとなります。

 

 

 

【2018年9月6日】セレナ 一部改良

セレナ1

日産は、ミニバン「セレナ」の仕様を一部変更し、
9月6日より販売を開始しました。

今回の仕様変更では主に安全装備の充実が図られたほか、
「X」と「ハイウェイスター」に「VセレクションII」が新規設定されています。

 

安全装備がさらに充実|「S-HYBRID」搭載車とガソリン車

今回の仕様変更では、

マイルドハイブリッド機構「S-HYBRID」搭載車とガソリン車を対象に
安全装備の充実が図られています。

従来は「e-POWER」に標準装備していた「ハイビームアシスト」を
S-HYBRID車とガソリン車にも拡大設定。

 

また、アクセルペダルとブレーキペダルの踏み間違いによる衝突防止を支援する
「踏み間違い衝突防止アシスト」については、

前方の歩行者検知が可能な仕様となり、これも「e-POWER」と同様の装備となりました。

 

さらに、標識検知についても最高速度標識検知と一時停止標識検知機能が追加され、
機能の向上が図られました。

セレナは従来より安全装備の充実が評価され、

2018年上半期においてミニバンの国内販売No.1を獲得しているなど
大ヒットしている車種ですが、

今回の仕様変更によりさらに安全で快適なミニバンになりました。

 

 

「X」と「ハイウェイスター」に「VセレクションII」を新規設定

今回の仕様変更に合わせて、

「X」および「ハイウェイスター」のグレードに
「VセレクションII」が新たに設定されます。

「Vセレクション」は

  • 「日産オリジナルナビ取付パッケージ」
  • 「両側ワンタッチオートスライドドア」

などの快適装備が充実の特別グレードでした。

 

一方の「VセレクションII」は、

従来の「Vセレクション」の装備に加えて、
前述の安全装備が追加されたものになります。

これだけの装備が充実していながら
価格はお求めやすいように抑えられており、まさにお買い得のグレードと言えます。

 

 

安全装備の充実|「サポカーS ワイド」にも対応

高齢運転者の交通事故が増加する昨今、事故防止対策の一環として

自動ブレーキなどの安全機能をもった自動車の普及を
安全運転サポート車「サポカー」として官民一体となって推進しています。

各種の安全装備が充実しているセレナでは、

「踏み間違い防止アシスト」のオプションを装着した場合、
「サポカーS ワイド」に対応となっています。

 

 

価格|223万1720円~314万640円

B – 233万1720円(2WD)
S – 244万800円(2WD)
X – 250万4520円(2WD)
X VセレクションII – 266万2200円(2WD)
G – 285万3360円(2WD)

ハイウェイスター – 268万3800円(2WD)
ハイウェイスター VセレクションII – 287万4960円(2WD)
ハイウェイスターG – 301万6440円(2WD)

 

B – 261万9000円(4WD)
X – 274万8600円(4WD)
X VセレクションII – 290万6280円(4WD)
G – 314万640円(4WD)

ハイウェイスター – 297万1080円(4WD)
ハイウェイスター VセレクションII – 313万5240円(4WD)

 

 

 

【2016年8月24日】セレナ|ガソリンS-HYBRID8人乗り追加

セレナ2

セレナ・ガソリンS-HYBRIDモデル|概要

  • 改良型2.0L S-HYBRID(ガソリン)搭載
  • Vモーショングリル採用
  • プラットフォームCMF(コモンモジュールファミリー)採用
  • プロパイロット1.0(高速道路対応自動運転技術)搭載

 

セレナS-HYBRID|人気ボディカラー

  1. カシミヤグレージュ・マイクロチタン
  2. アズライトブルー・パール
  3. マルーンレッド・マルチフレックスパールメタリック

 

セレナS-HYBRID|人気グレード

  1. ハイウェイスターG
  2. ノーマルX
  3. 特別仕様車Vセレクション(2017年5月追加)

 

MEMO
  • 発売後1年経過のため、値引き幅が拡大中。
  • ノーマル:ノア/ヴォクシー/エスクァイアのマイナーチェンジ後、値引き幅が拡大中。
  • ハイウェイスター:ステップワゴンスパーダ/ヴォクシーZS/ノアSi/エスクァイアと競合中。

 

改良型2.0Lマイルドハイブリッドエンジン搭載

セレナのエンジンは、旧2.0Lスマートシンプルハイブリッドに改良を加えたもの。

改良型2.0Lマイルドハイブリッドシステムで、走行性能や燃費性能を見直しています。

  • 最高出力:147ps
  • 最大トルク:21.4kgm
  • 燃費:17.2キロ

新開発でないのでコストダウンできています。

その分を車両本体価格や新機能の過剰コスト分に「還元」するのが狙いです。

 

お値打ち価格で登場しているセレナ。
決して安くはないですが価格は以下のようなラインナップです。

セレナ新車価格:243~341万円

2WD 2000

S:243万5400万円
X:248万9400円
X Vセレクション:267万4080円
X Vセレクション(防水シート車):270万6480円
G:284万7960円
ハイウェイスター:267万8400円
ハイウェイスター Vセレクション:293万4360円
ハイウェイスター Vセレクション(防水シート車):296万6760円
ハイウェイスターG:301万1040円

 

4WD 2000

X:273万3480円
X Vセレクション:291万8160円
X Vセレクション(防水シート車):295万560円
G:313万5240円
ハイウェイスター:296万5680円
ハイウェイスター Vセレクション:319万4640円
ハイウェイスター Vセレクション(防水シート車):322万7040円

 

NISMO 2WD 2000

NISMO:341万9280円

 

AUTECHシリーズ 2WD 2000

AUTECH:298万5120円
V Package:311万1480円
Safety Package:331万8840円
AUTECH SPORTS SPEC:356万7240円

 

AUTECHシリーズ 4WD 2000

AUTECH:321万8400円
V Package:334万4760円
Safety Package:351万2160円

 

 

価格は前モデルからスライドさせつつ、デザインは魅力的なパッケージで登場。
ユーザーにお得感を得てもらう日産の戦略を感じます。

デザイン|Vモーション

SERENA S

フロントグリルにVモーション(2段)を組み込んだ造形。ノーマルはシンプルですが、
ハイウェイスターのデザインはより煌やかなデザインとなり選択肢の幅は広がります。

SERENA ハイウェイスター

 

快適装備

パーソナルテーブル

te-buru

セカンドシートとサードシート左右に設置される便利なトレイです。
サードシートは、セカンドシートよりも簡易な造りになっています。

でも、みんなが車内で過ごす機会も多いミニバンならではの機能ですね。

 

デュアルハッチゲート

ラゲッジ

選べる2種類の開閉が可能となるハッチゲートの構造で、シーンによる使い勝手が上がります。
ホンダステップワゴンの左右2分割ハッチゲート・わくわくゲートに対抗した日産なりのアイデアですね。

 

上部ゲートを開くシーンは、以下の動画のように「壁際」でハッチを開きたいときです。

 

 

追伸情報

関連記事


「ミニバン」マイナーチェンジ一覧

画像引用元:https://www3.nissan.co.jp
画像引用元:https://www.carscoops.com

 

今後の「e-POWER」「ハイブリッド」展開

日産ラインナップの50%に拡大させます。

日産はリーフ・e-NV200といったEVを展開していますね。
今後は、e-POWERをラインナップの50%に展開していく予定です。

日産はハイブリッドで出遅れた分、EVで取り戻そうとしています。
これからはe-POWERが主力となりそうです。

Return Top