【最新】新型クラウンセダン2023年順に登場予想|FR?『現行延長?』GA-L採用?

いつかはクラウンも残る

とても繊細な造りの新型クラウンセダン。

従来型を基本とするFRが予想されてますけど完成度高いですね。

FR・現行延長・GA-L採用の予想はどう覆されるか注目です。

 

新型クラウンセダンの先行サイト。

 

 

現行型が以下3つのシリーズ化で若者ターゲットに変化。

【最新】トヨタクラウンクロスオーバーが2022年秋登場|4ドアクーペSUV GA-K採用

【最新】新型クラウンエステート2023年順に登場予想|4つのシリーズ化

【最新】新型クラウンスポーツ 2023年順に登場予想『ハリアー上級』4つのシリーズ化

 




新型クラウンセダンの外観

若者シリーズ登場により存在意義が変わる新型セダン。

外観は、これまでのFRクラウンファンに寄り添うアレンジが加えられています

 

サイズは現行を基本に設計?

シリーズ唯一5000mmを超える全長です。ホイールベースも3000mm。

ボディサイズ数値はこちら。

  • 全長
  • 全幅
  • 全高
  • ホイールベース
  • 5030mm
  • 1890mm
  • 1470mm
  • 3000mm

GA-Lプラットフォームが採用されてるんでしょうか。

 

パワートレイン

現行ラインナップから整理、搭載されるという情報でした。

現行エンジン

  • 2.0Lターボ
  • 2.5Lハイブリッド
  • 3.5L V6ハイブリッド

この3種の内、相応しいものに絞られるでしょう。

 

クラウンクロスオーバーに準じる?

その場合はこのようになっています。

  • 2.5Lハイブリッド
  • 2.4Lターボハイブリッド

レクサスRXと同じ内容です。

2.4LターボハイブリッドはRS仕様に設定。

トランスミッション

6AT

駆動

E-Four

 

関連記事

【最新】トヨタクラウンクロスオーバーが2022年秋登場|4ドアクーペSUV GA-K採用

【最新】新型クラウンエステート2023年順に登場予想|4つのシリーズ化

【最新】新型クラウンスポーツ 2023年順に登場予想『ハリアー上級』4つのシリーズ化




DAILY RANKING