新型ジムニーシエラ5ドア2023年5月日本発売に期待|30mm延長モデル

ジムニーシエラ5ドアの日本発売は2023年5月に期待されています。

ジムニー1

ジムニーシエラ
  • 全長
  • 全幅
  • 全高
  • ホイールベース
  • 重量
  • エンジン
  • 最高出力
  • 最大トルク
  • トランスミッション
  • タイヤ
5ドア
  • 3850mm
  • 1645mm
  • 1730mm
  • 2550mm
  • 210mm
  • 1.5L NA(K15B型)
  • 102ps/6000rpm
  • 13.3kgm/4000rpm
  • 4AT/5MT
  • 195/80R15
Labo
ちなみに3ドアの全長は3550mm、ホイールベースは2250mmだよ。約3センチの延長で3ドアが5ドアになるんだね~。居住性に期待はできるのかな~?

予想価格

0

0

ジムニーシエラ5ドアのエクステリア

ジムニー1

こちらは完成車の予想CGです。

ジムニー2

メルセデスベンツGクラスのイメージでかなりカッコいいですね。

 

一方で、スクープ画像のジムニーシエラを見てみましょう。

ジムニーシエラのホイールベースが30mm延長された5ドア仕様となっています。

(予想情報ではまだ3ドア仕様らしいですけどね)

ジムニー19

このカモフラージュ車でテスト走行を繰り返し、5ドアモデルとして登場させる流れのようです。

ジムニー24

現行3ドアの雰囲気はこちら。

ジムニーシエラ1

比較すると、カモフラージュ車はすでに5ドアの全長っぽいですよね。

そして、5ドアモデルのメカニズムは現行ジムニーシエラのものをそのまま継承します。

ジムニー15

ボディーカラー予想

現行の単色カラーにオレンジ(ブラウン?)系を追加した全10色(モノトーン)と期待されています。

ジムニーシエラ5ドアの内装予想

ジムニー

ロングホイールモデルとなり、3ドアより後席居住性が向上。

足元と頭上に余裕がうまれ、遠方へのキャンプなど長距離ドライブでも、疲労軽減効果が見込めます。

以下は3ドアモデルの後席スペース。

ジムニーシエラ3

荷物を置くスペース程度で狭い印象です。

 

Labo
さらに、ピックアップも登場予想されてたんだけど、こちらの動きはわからなくなってるなぁ。

ジムニーピックアップの市販可能性は?

ジムニー5

東京オートサロン2019では、ジムニーシエラピックアップが出展されています。

この完成度の高さから、市販される可能性が指摘されるようになりました。

しかし、プロトタイプはメーカーなら作れるものと思って、期待値を下げたほうがいいでしょう。

 

一方で、東京オートサロン2018にスペーシアギアを出展し、市販化したという実績もありました。

ジムニーピックアップのコンセプトモデルそのものは再現性が高いです。

しかし、スペーシアギアはスペーシアに装飾した簡易派生レベルと仮定すれば、比較できるに足る根拠とはならないでしょう。

出展されたジムニーピックアップは、”市販を前提としたモデルではない”と言えます。

ピックアップ
  • 全長
  • 全幅
  • 全高
  • ホイールベース
  • 重量
  • エンジン
  • 最高出力
  • 最大トルク
  • トランスミッション
予想スペック
  • 3395mm
  • 1475mm
  • 1725mm
  • 2250mm
  • 1050kg
  • 0.66L直3ターボ
  • 64ps/6000rpm
  • 9.8kgm
  • CVT

じゃあ、ジムニーピックアップの市販化はないのか?

ジムニーシエラ2

出展車の要素を市販車に活用するため、デザイン性を取り込みつつ

  • ジムニーとジムニーシエラの特別仕様にする

といった可能性はもしかしたらあるかもしれません。

しかし、国内のピックアップ市場は小さいです。

ニッチと言えるでしょう。

また、ピックアップ市場の本場アメリカからSUZUKIは撤退しています。

このことから、市販の可能性は「低い」ほうが大きくなりそうです。

もし登場したら、

  • 東京オートサロン2019に出展された、そのままのスタイル
  • ジムニーシエラのスタイルに寄った形

で登場する可能性は考えられます。

荷台はコンセプトカーより大きくなるということはないでしょう。

ジムニーシエラ32

ジムニーシエラピックアップが市販した場合の予想スペック

ジムニーシエラと同等の1.5Lエンジンのスペックとなると考えられます。

ただ、燃費は重量が増えるため若干悪化するでしょう。

スイフトのハイブリッドシステム搭載?

オリジナルのジムニーシエラが採用しない限り可能性は低いです。

ジムニーシエラのエンジンに変化があったとしても、少なくとも3年は先の話になるでしょう。

4WDは標準のジムニーシエラベースのため、ピックアップであっても4WDは維持される可能性が高いです。

2WD追加の可能性はかなり低いといえます。

また、エンジン周りでジムニーシエラピックアップ専用の装備が施される可能性は低いと考えられます。

ジムニーシエラピックアップの外観予想

ジムニー0

具体的にはショーモデルで用意された

  • フロントグリル内のSUZUKIエンブレム
  • 木目の外観パネル

のエクステリアが挙げられます。

こちらはかなり再現性が高いとです。

ジムニーシエラピックアップのインテリア予想

ジムニー8

インテリアはカラーリングなどを中心にショーモデルに近いものとなる可能性が高いでしょう。

ジムニー9

一方、ジムニーシエラと同一のブラックベースのインテリアで登場する可能性も高いです。

ショーモデルは2人乗りです。乗員数に関してはサイズ的に変化が難しくなります。

4人乗り対応のピックアップではエスクード並みのサイズとなってしまうため、可能性としては極めて低くなります。

ジムニーシエラピックアップの装備予想

予防安全装備やヘッドライトは、ジムニーシエラと同等となるでしょう。

スズキセーフティサポート・LEDヘッドライトが装備されると考えられます。

ジムニー4

2018年に登場したジムニージムニーシエラの基本情報もあります。