新車発売情報

Read Article

Mazda2 RE新型モデル情報2022年以降|高出力軽量コンパクトレンジエクステンダー搭載EV

マツダのコンパクトカーMazda2に2022年以降、ロータリーレンジエクステンダーEVを追加設定すると期待されています。

デミオは2019年のマイナーチェンジでMazda2へ改称

Mazda2 REは車の基幹となるプラットフォームから一新して、全ての面で刷新する新型モデルになります。

この改良と同時にガソリン・ディーゼルに加えて、ロータリーエンジン応用ロータリーレンジエクステンダー(RE)を設定すると噂されています。

同パワートレインはロータリーの本命「FRスポーツ”RX-9”」にも搭載されると予想されています。



Mazda2にロータリーレンジエクステンダーEV搭載の噂

Mazda2 RE

REはロータリーのメリットを活かし、横置きシングルローターを採用します。ジェネレータ・駆動モーター・インバーターを一体にしたコンパクトユニットです。

このレンジエクステンダー用ロータリーエンジンをMazda2に搭載し、電気自動車Mazda2 REを市販化すると噂されているんです。

さらに、このレンジエクステンダー用REは、PHEV・シリーズハイブリッドへの展開もあるとのことです。

一度途絶えたマツダのロータリーエンジンが次世代ジェネレーターになって復活という熱い展開に、心の期待値も高まりますね。

RE
  • 排気量
  • エンジン出力
予想スペック
  • 800cc
  • 68ps/4000rpm

 

ロータリーエンジン(RE)とは?

マツダの高性能スポーツカーに搭載された名エンジン。”小型軽量”かつ高出力のスポーツユニットとして名高いエンジンです。

一定速で回転し続ける必要がある”発電機の特性”に優れたエンジンで、回転がスムーズで振動が少ないのが特徴となります。

【なぜ?】Mazda2に電気自動車を設定するのか?

少量生産を得意とするMazda2に電気自動車を搭載し、販売効率を上げることが目的です。

マツダは2030年までに”全モデル”を電動化する計画があることを発表しています。

マツダEVパワートレインは共同開発

ただ、このパワートレインをマツダ独自で開発しているわけではありません。トヨタ・スズキ・ダイハツ・スバル・日野で資本提携した合弁会社EV C.A.Spiritで開発が進められています。

Mazda2 REのエクステリアデザイン予想

Mazda3のマツダ魁コンセプトにコンパクトカー用アレンジが加えられたものとなります。

次世代モビリティとして存在感を発揮するためにピュアEV・MX-30の要素を採り入れる可能性もありますね。

MX-30 1

【ボディサイズ】予想

  • 全長
  • 全幅
  • 全高
  • ホイールベース
  • 重量
  • 4100mm
  • 1700mm
  • 1500~1550mm
  • 2580mm
  • 1280kg

新型Mazda2 RE採用【プラットフォーム】

Mazda2 RE用にプラットフォームを全面刷新した次世代車両構造SKYACTIVE-Vehicle Architectureが採用されます。

この新型プラットフォームにより新世代モデルに相応しい操縦安定性・静粛性の向上を果たします。

SKYACTIVE-Vehicle Architectureとは?

マツダの”人間中心の設計思想”を追求。クルマに乗りながら、人体の本能的なバランス保持能力を活かす技術です。

ドライバーのみならず、すべての乗員に快適で疲れにくく、環境の変化にも対応できる”乗り心地”をもたらします。

また特に、ドライビングで体のバランスをとりやすくなります。”意のままの走り”、”究極の人馬一体感”が感じられる仕様になります。

”クルマが人に最適化される”構造
  1. シート:骨盤を立て脊柱が自然なS字カーブを維持できる
  2. ボディ:多方向に配置した環状構造で入力エネルギーを遅れなく伝達する
  3. シャシー:部品の相互連携により、バネに伝える力を滑らかにコントロールする
  4. 騒音/振動/ハーシュネス性能:走行時に働くエネルギーや人の音感のメカニズムに基づく構造

Mazda2 RE Labo


Return Top