新車Labo

Read Article

Mazda2 RE新車2022年以降に期待|高出力軽量コンパクトレンジエクステンダー搭載EV

Mazda2にロータリーレンジエクステンダーEV(RE)設定が期待されています。略称Mazda2 RE。

デミオは2019年のマイナーチェンジでMazda2へ改称

Mazda2 REは車の基幹となるプラットフォームからみなおして、全て刷新する新型モデルになります。

この改良と同時にガソリン・ディーゼルに加えて、ロータリーエンジン応用ロータリーレンジエクステンダーを設定すると噂されています。

ロータリーの本命はFRスポーツのRX-9。同パワートレイン搭載が期待されています。



Mazda2にロータリーレンジエクステンダーEV搭載の噂

Mazda2 RE

REはロータリーエンジンのメリットを活かし、横置きシングルローターを採用します。

ジェネレータ・駆動モーター・インバーターを一体にしたコンパクトユニットです。

RE
  • 排気量
  • エンジン出力
予想スペック
  • 800cc
  • 68ps/4000rpm

 

レンジエクステンダー用ロータリーエンジンをMazda2に搭載し、電気自動車Mazda2 REを市販化するとうわさされています。

REはPHEVにも応用できるパワートレインです。

マツダのロータリーエンジンが次世代ジェネレーターになって復活という熱い展開に、ファンの期待も高まります。

そもそもロータリーエンジンとは?

マツダの高性能スポーツカーに搭載された名エンジンとして歴史にのこっています。

小型軽量・高出力のスポーツユニットとして名高いエンジンでした。

一定速で回転し続ける必要がある発電機の特性に優れたエンジンで、回転がスムーズで振動が少ないのが特徴となります。

なぜMazda2にレンジエクステンダーEVを設定するのか?

少量生産を得意とするMazda2にREを搭載し、販売効率を上げることが目的です。

マツダは2030年までに”全モデル”を電動化する計画があることを発表しています。

というか市販されるモデルの電動化は、2030年から必須事項となってしまいました。

販売効率のいい量産・安価モデルから、なんらかの電動化をはじめるのは当然の動きとなりそうです。

マツダEVパワートレインは共同開発

このパワートレインをマツダ独自で開発しているわけではありません。

トヨタ・スズキ・ダイハツ・スバル・日野で資本提携した合弁会社EV C.A.Spiritで開発が進められています。

Mazda2 REのエクステリアデザイン予想

Mazda3のマツダ魁コンセプトにコンパクトカー用アレンジが加えられたものと予想されています。

しかし、次世代モビリティとして存在感を発揮する役割をになうモデルになりそうです。

そう考えると、マツダ電動化の先進モデルMX-30のフロントマスクを新型Mazda2 REに採用する可能性もありますね。

MX-30 1

【ボディサイズ】予想

  • 全長
  • 全幅
  • 全高
  • ホイールベース
  • 重量
  • 4100mm
  • 1700mm
  • 1500~1550mm
  • 2580mm
  • 1280kg

【プラットフォーム】

Mazda2 RE用にプラットフォームを全面刷新した次世代車両構造SKYACTIVE-Vehicle Architectureが採用されます。

この新型プラットフォームにより新世代モデルに相応しい操縦安定性・静粛性の向上を果たします。

SKYACTIVE-Vehicle Architectureとは?

マツダの”人間中心の設計思想”を追求。クルマに乗りながら、人体の本能的なバランス保持能力を活かす技術です。

ドライバーのみならず、すべての乗員に快適で疲れにくく、環境の変化にも対応できる”乗り心地”をもたらします。

また特に、ドライビングで体のバランスをとりやすくなります。”意のままの走り”、”究極の人馬一体感”が感じられる仕様になります。

”クルマが人に最適化される”構造
  1. シート:骨盤を立て脊柱が自然なS字カーブを維持できる
  2. ボディ:多方向に配置した環状構造で入力エネルギーを遅れなく伝達する
  3. シャシー:部品の相互連携により、バネに伝える力を滑らかにコントロールする
  4. 騒音/振動/ハーシュネス性能:走行時に働くエネルギーや人の音感のメカニズムに基づく構造

Mazda2 RE Labo


Return Top