三菱新型デリカD:5 2022年~2023年に期待|次期セレナとプラットフォーム共有?

デリカのフルモデルチェンジ予想は2022年?2023年?
ハイブリッドやPHEVが搭載される?
デリカの最新情報が知りたい。

三菱新型デリカD:5登場は2022年~2023年に期待されています。

新型も「今後、あり得る」という結論です。

 

動向を振り返ると

  • 2018年ビッグマイナーチェンジ
  • 2019年一部改良

を受けました。

ガソリンモデルは旧型のデザインで販売されています。

デリカD:5一部改良情報はこちら。

 

この改良の目的

  • 次世代デリカD:5につながる改良

という三菱開発側のインタビューもあります。

 

日産との協業成果を投入?

以前、新型デリカの情報が出た頃

という予想も出ており、2021年末現在

日産は企業の勢いとラインナップが充実し始めました。

 

この盛り上がりを利用して

三菱の新型モデルにもいい影響を与える

OEM関係が生まれる可能性もありますよね。

 




三菱新型デリカD:5のエクステリアデザイン予想

現行最新デザインベース?

フロントデザインは現行路線を継続する可能性は高いです。

 

この雰囲気から始まったデリカや三菱デザインは

最新モデルで軽自動車にも引き継がれ

ここまで進化しました。

 

新型デリカD:5はひと目で新型と分かる要素が必要です。

  • グリルの一部にLEDアクセサリーランプを内蔵させる

といった変化を伴うでしょう。

 

三菱新型デリカD:5の内装予想

インパネ周り

ヘッドアップディスプレイ装備もあるかもしれません。

ほか

  • ハンズフリースライドドア
  • ハンズフリーリヤゲート

といった最新装備の可能性も出てきます。

 

シートカラーの傾向

現行モデル登場時のインタビューから

  • サードシートの跳ね上げ機能をリニューアルする

ことが考えられます。

現行と同等で本革仕様も引き続き用意されるでしょう。

シートも新世代デザインへ変更されると予想されます。

 

キャプテンシートとベンチシートの設定

変わらず現行型を継続の可能性が高くなります。

他社のミニバンのような

オットマン付き豪華セカンドシート採用の可能性は低いでしょう。

 

三菱新型デリカD:5にプラグインハイブリッド搭載?

現行デリカD:5フルモデルチェンジの噂のたびに出ていた

プラグインハイブリッドの採用。

 

もし実現すれば、

を搭載するでしょう。

 

PHEVはデリカと相性が良い

アウトドア用の電源としても使用できるため、

  • アウトドアを強く意識するデリカD:5
  • 外で電源として使えるPHEVの性能

はかなり相性のいい組み合わせなので、期待しますよね。

他社ミニバンモデルに対する大きな強みとなります。

 

エクリプスクロスPHEVが登場している動きも

今後のデリカD:5に影響を与えるでしょう。

 

【参照】PHEVシステム(アウトランダー)スペック

  • 型式
  • 弁機構
  • 気筒数
  • 排気量
  • 最高出力
  • エンジン
  • 最高出力
  • 最大トルク
  • 最大トルク
  • モーター出力(前/後)
  • モータートルク(前/後)
  • バッテリー
  • 燃料
  • ハイブリッド燃費
  • プラグイン燃費
  • 4B11 MIVEC
  • DOHC 16バルブ
  • 4気筒
  • 1998cc
  • 118ps/4500rpm
  • 1.4L直4ターボ
  • 136ps/5500rpm
  • 21.4kgm
  • 19.0kgm/4500rpm
  • 82ps/82ps
  • 14kgm/19.9kgm
  • リチウムイオン
  • レギュラー
  • JC08モード19.2km/h
  • JC08モード60.8km/h

 

ディーゼルエンジンの動向

現行の2.3Lをアップデートしたものに

セレナのマイルドハイブリッドを載せると噂されています。

8速ATという点も共通でしょう。

 

ガソリン車の動向

電動化の採用がどれほどの規模になるかによりますね。

日産との協業次第で

  • ガソリン車グレードにe-POWER搭載

も考えられます。

まずはプラグインハイブリッド搭載が優先されるでしょう。

 

最後に採用が期待されるS-AWC・MIVECの解説を載せておきます。

S-AWC(スーパーオールホイールコントロール)システムとは

簡単に言えばコーナリング時もタイヤがよく接地するシステムです。

FF前輪駆動から後輪に駆動力を配分する電子制御4WDとなります。

 

アクティブヨーコントロールシステムでオンオフ走破性を向上

きっちり制御が行われるため、

誰が運転しても意のままの操縦ができ、

優れた安定性を実現。楽しさと安心を両立します。

 

高いオフロード性能に限らず、街中における走りも優れ、

他メーカーのミニバンにはない緻密な4輪制御を採用。

 

エンジン効率化システムMIVECとは

ガソリンエンジンに比べ、エネルギー損失を最小限に抑制して

低燃費に貢献するシステム構造です。

 

従来のスロットルバルブによる吸入空気量制御ではなく、

吸気弁のリフト量と開閉タイミングで空気量を制御します。

 

吸気により発生する抵抗を抑制でき、

エネルギー損失を最小限に抑制できる仕組みとなります。

 

三菱新型デリカD:5の先進安全装備e-Assist&MI-PILOT

  • 先進安全パッケージ
  • 自動運転支援マイパイロット

新型セレナと同じ性能のシステムを採用すると言われています。

【三菱e-Assist】予防安全技術でドライバーの安全な走りをアシストする装備

【三菱MI-PILOT】運転支援システムでクルマが運転をアシストする機能

 

新型セレナ情報はこちら。

デリカD:5一部改良情報はこちら。




WEEKLY RANKING