新車発売情報

Read Article

三菱デリカD:5新型モデルチェンジ情報2022年発売|予防安全装備やシート機能の強化

スポンサードリンク


三菱デリカD:5は、2018年末にビッグマイナーチェンジ、2019年末に一部改良を受けました。

これら改良は、”次世代デリカD:5につなげるためのビッグマイナーチェンジ”という旨の三菱の開発側のインタビューもあります。

デリカD:5自体のフルモデルチェンジ自体は今後あり得るというのは事実でしょう。

ただ、ガソリンモデルデリカD:5が旧型のデザインで販売されています。

そのため、新型は2022年といったかなり先の時期になるでしょう。

次世代デリカD:5の予想価格は、予防安全装備の強化やシート機能の強化などで最低でも10万円程度の価格上昇が考えられます。

三菱デリカD:5新型モデルチェンジ情報2022

次世代デリカD:5のエクステリアデザイン

デリカD5-1

現行最新モデルをベースとしたフロントデザインとなる路線がかなり高いと考えられます。

次世代デリカD:5では、”ひと目で新型と分かる”という要素が必要になります。

そのため、グリルの一部にLEDアクセサリーランプを内蔵させるなどの方向性が予想されます。

ボディ全体のデザイン構成

窓配置を含めて極端な変化はないと考えられます。

フェンダーで迫力を出す方向も、これまでの路線からあり得る改良となるでしょう。

ただ、Aピラーがブラック塗装されるようなことはないでしょう。

次世代デリカD:5のボディカラー

現行を継承する線が濃厚です。

レッドメタリック系の採用は可能性が低いでしょう。

シルバー系・ホワイト系の2トーンの採用はあるかもしれません。

次世代デリカD:5の内装インテリア

現行モデル登場時のインタビューから、サードシートの跳ね上げ機能をリニューアルすることが考えられます。

床下格納式という線もありえるでしょう。

シートカラーの傾向は、ほぼ同等で本革仕様も引き続き用意されることが考えられます。

また、シート自体のデザインは全面変更されると考えられます。

しかし、キャプテンシートとベンチシートの設定は変わらず、他社のミニバンのようなオットマン付きの豪華なセカンドシート搭載の可能性は低いでしょう。

インパネ周りではヘッドアップディスプレイの装備も考えられます。

また、ハンズフリースライドドアやハンズフリーリヤゲートの装備の可能性もあります。

次世代デリカD:5のパワートレイン

現行デリカD:5の”フルモデルチェンジ”の噂のたびに出ていた情報が、プラグインハイブリッドの採用です。

もし実現した場合、販売時期のアウトランダーPHEVと同等のものを搭載するでしょう。

アウトドア用の電源としても使用できる点も大きな強みとなります。

また、燃費はJC08モードで18.0km/L前後にはなると考えられます。

ディーゼルエンジンの動向

現行のものをアップデートしたものにとどまり、8速ATという点も共通でしょう。

ガソリン車の動向

ビッグマイナーチェンジ後のデリカD:5のものをアップデートしたものとなるでしょう。

また、日産との関係からe-POWER搭載という線もあり得ます。

しかし、プラグインハイブリッド搭載が優先されると考えられます。

次世代デリカD:5の先進安全装備e-Assist&MI-PILOT


 

【2019年11月21日】デリカD:5一部改良

  • 価格帯3,913,800円~4,472,600円

安全装備更新

  1. e-Assistに前進時誤発進抑制機能追加

電動サイドステップ標準装備

LEDステップ照明付きで助手席ドア&助手席側スライドドア連動。

新グレード追加

  1. P Edition
  2. デリカD:5 URBAN GEAR
  3. G-Power Packageベース
  4. e-Assist採用
  5. 後側方車両検知警報システム追加
  6. 自動防眩ルームミラー標準装備

 

【2019年2月15日】デリカD:5 2.2Lディーゼル マイナーチェンジ

デリカD5

ビッグマイナーチェンジを行うのは直列4気筒2.4Lのクリーンディーゼルターボ車のみ。

ガソリンエンジン車は変更されることなく、そのまま販売が継続されるようです。

デリカD5の売れ筋はディーゼルであり、実に販売総数の約9割を占めているからです。

そして、新生デリカD:5の市販「完成形」のように見えるイケてるCG画像もありましたね。

予想CG画像

新型デリカ1

現行のファミリーなデザインから道なき道を果敢に攻めそうな新生デリカD:5の顔つきは「頼もしい」ですね。

デリカD:5 1 デリカD:5 2

デザインの特徴として、海外モデルのエクスパンダーもデリカD:5のDNAを継承しています。

このエクスパンダーは日産にOEMされるとのこと。日本での販売はされるのでしょうか?

新発売デリカD5 ディーゼルのボディカラー

  1. ウォームホワイトパール
  2. スターリングシルバーメタリック
  3. ブラックマイカ
  4. エメラルドブラックパール
  5. ウォームホワイトパール×スターリングシルバーメタリック
  6. スターリングシルバーメタリック×アイガーグレーメタリック
  7. アイガーグレーメタリック×ブラックマイカ
  8. エメラルドブラックパール×アイガーグレーメタリック

新発売デリカD5 ディーゼルのインテリア変更点

インテリアに関してもインパネの質感が大変アップしています。

たとえばステッチを入れて本革調を演出したり、シックな木目も派手すぎずに美しくまとまっていて、大人の雰囲気が良く出ています。

シートのデザインも標準のファブリックは幾何学柄が採用されており、今までにない新鮮さがあり、非常に美しいものとなっています。

その他の変更点
  1. 水平基調Horizontal Axis(ホリゾンタルアクシス)コンセプト採用
  2. サバ杢柄インストルメントパネル採用
  3. ダイヤキルティング加工のシート採用
  4. アーバンギア:青系「黒木目」インストルメントパネル採用
  5. DELICA D:5 オリジナル10.1型ナビゲーション|オプション設定
  6. 遮音ガラス:フロントウィンドシールドに採用
  7. 遮音材追加:フロアカーペット

デリカD5 ディーゼルは改良型2.2Lクリーンディーゼルターボエンジン搭載

注目の直列4気筒2.4リッターのクリーンディーゼルターボ

窒素酸化物を完全に除去するために新たに高品位尿素水というものが使われます。

これにより従来よりもさらにクリーンな排気ガスを実現しています。

最高出力は3500回転で145psを発生し、最大トルクは2000回転で38.7kg-mを発生します。

従来のエンジンと比較すると最高出力は同じです、最大トルクは2kg-m向上しています。

さらにトランスミッションに8速ATを導入することで、普段よく使う回転域における動力性能は大幅にアップしています。

つまり、より扱いやすくなっているということです。

燃費性能については、JC08モード燃費で13.6km/Lとなっています。

これも従来のものと比較すると0.6km/Lの向上が見られます

2.2Lディーゼルターボ|スペック

M/URBAN GEAR G-Power Package

全長:4800mm
全幅:1795mm
全高:1875mm
ホイールベース:2850mm
重量:1930~1950キロ
エンジン:2.2L 直列4気筒DOHC クリーンディーゼルターボ
最高出力:145ps/3500rpm
最大トルク:38.7kgf・m/2000rpm
トランスミッション:8AT
駆動:4WD
タイヤ:215/70R16(M)|225/55R18(URBAN GEAR)
燃費:13.6キロ
価格:385万円~

ガソリンエンジン仕様は現行2.0Lを継続販売

エンジン:2.0L 直列4気筒SOHC ガソリン
最高出力:150ps/6000rpm
最大トルク:19.4kgfm/4200rpm

先進安全技術パッケージ「e-Assist」全車標準装備

先進安全技術については、遅ればせながらやっと他社に追いついた感じで、e-Assistも標準装備されることになりました。

これは三菱の誇る先進安全技術で、

  1. 衝突被害軽減ブレーキシステム(FCM)
  2. 踏み間違い衝突防止アシスト
  3. 車線逸脱警報システム(LDW)
  4. オートマチックハイビーム(AHB)

などが備わっています。

価格|約385万円~422万円

M
3,850,000円
G
3,950,000円
G-power
4,100,000円
G-power premiamu
4,200,000円
URBAN GERE(アーバンギア) G
4,050,000円
URBAN GERE(アーバンギア)G-Power Package
4,210,000円

次期デリカD:5にPHEV採用ある?三菱は電動化に積極的

アウトランダーPHEVを早くに販売する三菱は、PHEV技術を今後、デリカD:5に採用する可能性は高いと言われています。

フルモデルチェンジが行われると予想される「2021年」以降に検討されるかもしれません。

アウトドアを強く意識するデリカD:5と、外で電源として使えるPHEVの性能はかなり相性のいい組み合わせなので、期待してしまいますね。

時期はまだ先となりますが、エクリプスクロスのPHEV化にも三菱は積極的との情報で、ゆくゆくはPHEVをデリカD:5に搭載する可能性も出ています。

PHEVシステム(アウトランダー)|スペック

型式:4B11 MIVEC
弁機構・気筒数:DOHC 16バルブ・4気筒
排気量:1998cc
最高出力:87kW[118ps]/4500rpm
最大トルク:186N・m[19kgf・m]/4500rpm
モーター最大出力(前/後):60kW[82ps] / 60kW[82ps]
モーター最大トルク(前/後):137N・m[14kgf・m] / 195N・m[19.9kgf・m]
バッテリー:リチウムイオン電池
燃料:レギュラー
ハイブリッド燃費:JC08モード19.2キロ
プラグイン燃費:JC08モード60.8キロ

アウトランダーPHEVやエクリプスクロスに採用されているS-AWCは、新生デリカD:5に採用されないとの情報です。

ですが最後に、今後採用が期待されるS-AWC・MIVECの解説と動画を載せておきます。

S-AWC(スーパーオールホイールコントロール)システムとは

簡単に言えばコーナリング時もタイヤがよく接地するシステムです。

FF前輪駆動から後輪に駆動力を配分する電子制御4WDとなります。

アクティブヨーコントロールシステムでオンオフ走破性を向上しています。

きっちり制御が行われるため、誰が運転しても意のままの操縦ができ、優れた安定性を実現。楽しさと安心を両立します。

また高いオフロード性能に限らず、街中における走りも優れています。

他メーカーのミニバンにはない緻密な4輪制御を採用。

エンジン効率化システムMIVECとは

MIVEC(エンジン効率化システム)は、ガソリンエンジンに比べエネルギー損失を最小限に抑制して低燃費に貢献するシステム構造です。

従来のスロットルバルブによる吸入空気量制御ではなく、吸気弁のリフト量と開閉タイミングで空気量を制御します。

すると、吸気により発生する抵抗を抑制でき、エネルギー損失を最小限に抑制できるというわけです。

 

【2018年4月25日】三菱デリカD:5一部改良

三菱は、2018年4月25日、デリカD:5に一部改良を加えて安全規格適合の変更を実施。

また、時期遅れて2018年5月下旬には特別仕様車JASPER(ジャスパー)発売。

フロントバンパープロテクター標準装備

歩行者保護フロント構造とし安全規格適合の変更を実施します。

フロントバンパープロテクターは、ディーラーオプションのACTIVE GEAR コンプリートパッケージにも含まれる装備です。

今回は、このフロントバンパー改良にとどまり大幅なエクステリアの改良はないようです。

2017年4月発売の特別仕様車アクティブギアもデザイン変更が実施されました。

デリカD:5 アクティブギア改良

ベース車のデリカD:5と同じく、フロントマスクのデザインを変更。

また、専用シート表皮・スエード調人工皮革に、はっ水機能を追加。

新設定・特別仕様車JASPER

  1. 夏の特別仕様車「ジャスパー」
  2. 2.2Lディーゼルターボ搭載8人乗りの「Dパワーパッケージ」ベース

それぞれの装備内容が以下となります。

装備内容
  1. 専用デカール装備(テールゲートに「JASPER」)
  2. 専用18インチアルミホイール装備(ダーククローム調塗装)
  3. メッキ仕様:フォグランプベゼル・ドアミラー・ドアハンドル採用
  4. インテリア:ブラック
  5. ピアノブラック加飾:アッパーグローブボックス/パワーウィンドウスイッチパネル
  6. 専用スエード調人工皮革(ブラウン&シルバーステッチ)
  7. 運転席パワーシート標準装備
ボディカラー
  1. ディープシーグリーンマイカ/アイガーグレーメタリック
  2. アイガーグレーメタリック/ダイヤモンドブラックマイカ
  3. ウォームホワイトパール/スターリングシルバーメタリック

上記の3色となります。

ディーラーオプション

JASPER コンプリートパッケージ|10万7957円高
  1. フロントバンパープロテクターデカール(「DELICA」文字メッキ調)
  2. マッドフラップ(「JASPER」ロゴ)
  3. カーゴフェンス(「JASPER」ロゴ)
  4. シートバンジーコード(ブラウン)
  5. フロアマット(ブラック&ブラウン)

をセットとする専用ディーラーオプションパッケージとなります。

追伸情報

関連記事

画像引用元:https://www.carscoops.com/
画像引用元:https://www.motor1.com/

Return Top