【続報】アルファード フルモデルチェンジ2023|PHEV&ヴェルファイア設定?

2023年5月登場予想。

予想価格4,000,000~6,000,000円

【続報】ヴェルファイアもやっぱ出る?

長らくヴェルファイア廃止の情報でしたが出ると一転。

情報誌が噂を情報として流し、その情報を鵜呑みでブログに掲載するという愚行。

ヴォクシーが廃止の噂でしっかり登場したときに気づくべきでしたね。

で、ヴェルファイアはまぁ次期型も現行のコンセプトで登場します。

また”噂”を情報として出してますけど、ヴェルはハイブリッド専用車になるのではないか?との情報です。

『PHEV』搭載???(これも噂)

また、こちらも噂程度になりそうですけど『PHEV』搭載予想。

トヨタはプラグインハイブリッド展開が勢いづいています。

PHEV設定は幻と終わるか否か?注目です。

動画でチェックもおすすめ

 




パワートレイン候補

2.5Lハイブリッド

排気量は現行と変わらずエンジンとシステムが新世代へ変更。

走行性能と燃費性能にいい変化が起こります。

A25A-FXS型
  • エンジン
  • 最高出力
  • 最大トルク
  • Fモーター出力
  • Rモーター出力
スペック
  • 2.5L直4ハイブリッド
  • 178ps/5700rpm
  • 22.5kgm
  • 54ps/12.3kgm
  • 243ps

同社で搭載しているのはレクサスNX・RXクラウンクロスオーバーです。

2.4Lターボ

【NX350】2.4Lターボ(AWD)Fスポーツ専用数値

新開発T24A-FTS型
  • 最高出力
  • 最大トルク
スペック
  • 279ps/6000rpm
  • 43.8kgm/1700-3600rpm

【ある?】2.4Lターボハイブリッドだった場合

クラウンクロスオーバーの数値は以下です。

  • エンジン
  • エンジン出力/トルク
  • モーター出力
  • モータートルク
  • システム出力
  • WLTCモード燃費
  • トランスミッション
  • 2.4L直4ターボ+モーター
  • 272ps/46.9kgm
  • F82.9ps/R80.2ps
  • F29.8kgm/R17.2kgm
  • 349ps
  • 6AT
  • 6AT

2.4Lガソリンターボハイブリッドは

のパワートレインです。

【幻?】プラグインハイブリッド搭載もある?

NXハリアーPHEVRAV4 PHEVに搭載されたPHEVシステムが流用された場合の数値

RAV4 PHV
  • エンジン
  • 最高出力
  • 最大トルク
  • Fモーター
  • Rモーター
  • システム出力
  • 駆動
  • EV走行距離
  • ハイブリッド燃費
  • タンク容量
  • 最長航続距離
スペック
  • 2.5L直4HV
  • 177ps/6000rpm
  • 22.3kgm/3600rpm
  • 182ps/12.3kgm
  • 54ps/12.3kgm
  • 306ps(THSII Plug-in)
  • E-Four
  • 95km(EVモード)
  • 22.2km/L
  • 55L
  • 1300㎞

 

予想ボディサイズ

GA-Kプラットフォーム採用

現行ではハリアー・RAV4。クラウンクロスオーバーにも使われています。

登場時期、サイズ感でライバル・フルモデルチェンジ版エルグランドとの比較では全幅に差

アルファードはフルモデルチェンジで全幅を持たせ、王者の貫禄を見せる形です。

エルと比較
  • 全長
  • 全幅
  • 全高
  • ホイールベース
新型アルファード
  • 4960mm
  • 1880mm
  • 1940mm
  • 3000mm
現行アルファード
  • 4945-4950mm
  • 1850mm
  • 1935-1950mm
  • 3000mm
新型エルグランド
  • 4980mm
  • 1850mm
  • 1815mm
  • 3000mm

低床・低重心なスタイルへ

TNGA化を機に頭上と床は1~2cm下げつつも室内高はキープ

現行の全高1935-1950mmから、新型アルの全高は1940mmへ。

比較となるエルグランドのフルモデルチェンジ版の全高は、現行・新型ともに1815mmで平坦で空気抵抗をなくすフォルムです。

アルファードのフルモデルチェンジ版は現在の姿から、よりスポーティな外観へ変更されます。

【ほんと?】GRに設定??

新型アルファードには『GR設定』と予想されていました。

しかし、登場時期が近づくにつれ、触れなくなりましたね。

登場はナイような気もします。

関連記事

トヨタ GR 2023

 

安全装備予想

新型ノア・ヴォクシーに追加された機能は設定されますよね。

プロアクティブドライビングアシスト

歩行者・自転車・駐車車両の動きを「先読み」してステアリング・ブレーキ操作をアシストしてくれます。

さらに、先行車・カーブで減速操作サポートもあります。

そのため、ドライバーの張りつめた緊張感を緩めたり、安全運転に必要な認知・判断が苦手な人をサポートします。

運転支援システム

渋滞時・駐車時アシスト機能をOP追加

高度運転支援トヨタチームメイト。

アドバンストドライブ

渋滞時の認知判断をアシストするドライバーの疲労軽減目的で設定。

並列駐車時の駐車・出庫支援

ハイブリッドにはスマホ「リモート(遠隔)」駐車・出庫可能。

 

ライバル

【最新】日産新型エルグランド登場は2023年末予想。三菱PHEVシステム搭載も!?




DAILY RANKING