Read Article

レクサスUX300e新型モデル情報2020年以降発売|UXに電気自動車EVモデルを新設定

スポンサードリンク


レクサスUXに、同ブランド初の完全EVモデルが新設定されるとの情報です。

これはEUIPO(欧州連合の知的財産庁)が開示したデータから明らかになったものです。

トヨタ自動車が欧州でUX300eという名前を商標登録したことが記されています。

今回は新型レクサスUX300eに関する情報を紹介します。

レクサスUX300e新型モデル情報2020

レクサスEVコンセプト|東京モーターショー2019出展予定

レクサスEV1 レクサスEV2

UXシリーズに電気自動車追加

UX5

今回明らかにされたUX300eの名前から考えると、トヨタが得意としているハイブリットモデルではなく、完全な電気自動車モデルが追加される可能性が高いと言えます。

現在欧州で販売されているUXには新開発のハイブリッドシステムを搭載したUX250hが設定されています。

UX250hは、2.0L直列4気筒ガソリンにモーターを組み合わせた新型ハイブリッドシステムです。

各自動車メーカーは電気自動車の販売比率を引き上げる

EUでは2030年、乗用車に適用するCO2排出量を、2021年時点で37.5%削減することを目標としています。

既存のガソリンエンジンの改良やハイブリッド搭載車の販売比率向上だけでは達成することが難しくなっています。

「EV」フルモデルチェンジ一覧

この流れで、UXにレクサス初の完全な電気自動車モデルが追加されることになります。

ガソリン・ハイブリッドのみのラインナップを拡充し、電動化を積極的に進めていく動きがうかがえます。

中国でC-HRに電気自動車を追加予定

ご存知の方も多いと思いますが、LexusUXはトヨタ「C-HR」のレクサス版となっています。

また、中国国内専用モデル「IZOA(中国版C-HR姉妹車)」に2020年、電気自動車を追加予定です。

C-HR-EV2

UX EV化のハードルは低く、むしろレクサスの全ラインナップの中で、もっともEV化しやすいモデルだと言えます。

レクサスUX300eのエクステリアデザイン

UX300e

UXのガソリンモデルとハイブリッドモデルで大きな差別化がないため、電気自動車も大きく差別化される可能性は低いでしょう。

レクサスUX300eのインテリアデザイン

Lexus UX9

エクステリアデザインと同様に、電気自動車になっても差別化される可能性は低いと言えます。

しかし、パワーソースがモーターのみとなるので、メーター類の構成は変更されるでしょう。

また、シートステッチなどワンポイントの違いを演出することが予想されます。

Lexus UX3

レクサスUX300eの予想発売時期

UX13

ワールドプレミアは2019年3月のジュネーブモーターショーか、9月のフランクフルトモーターショーが有力とされています。

また、UX300eは欧州市場を主なターゲットとしたモデルです。

初販売は欧州ということもあり、日本市場への投入は早くても、2020年以降になると予想されています。

レクサスUX300eの予想価格

  1. ガソリンエンジンモデル「UX200」:390万円以上
  2. ハイブリッドシステムモデル「UX250h」:425万円以上

UX300eは完全な電気自動車となるので、搭載するバッテリー容量がハイブリッドよりも大きくなることが予想されます。

エンジンを搭載する分のコストが必要ないとはいえ、UX200より高い400万円前後になると考えられます。

追伸情報

関連記事

画像引用元:https://lexusenthusiast.com
画像引用元:https://www.carscoops.com/
画像引用元:https://newsroom.toyota.co.jp
画像引用元:https://jp.autoblog.com

Return Top