レクサスUX300e一部改良2023春|航続距離450km&心地良い静けさ追求




諸元(欧州値)

  • 航続距離
  • 電費
  • 電池容量
  • 急速充電規格
  • 最高出力
  • 最大トルク
  • 450km
  • 166.7Wh/km
  • 72.8kWh
  • CHAdeMO
  • 203ps
  • 30.5kgm

チューニング

  • ボディ開口部溶接打点20点追加
  • EPS・アブソーバー・ブレーキチューニング

コックピット使い勝手向上

  • 12.3インチタッチディスプレイ採用
  • 最新マルチメディアシステム搭載
  • G-Link機能拡充
  • OTAソフトウェアアップデート
  • ディスプレイタッチスクリーン化
  • スイッチレイアウト最適化
  • USBコネクタ(Type-C)前方へ2個新設定
  • おくだけ充電スペース上下方向に拡張
  • 上部にLED照明追加

Lexus Safety System +

機能拡充

  • カメラレーダー性能向上
  • プリクラッシュセーフティ対応領域拡大
  • 右左折時横断歩行者検知
  • 緊急時操舵支援
  • レーントレーシングアシスト支援範囲拡大
  • カーブ速度抑制機能追加(クルコン)
  • ドライバー異常時対応システム追加

機能追加

  • デジタルキー
  • 床下透過表示機能追加

 

関連記事

UX一部改良2022情報はこちら。

 

【2020年10月22日】UX300e登場

UXにEV設定

航続距離は1充電367km/Lと街乗り・中距離移動に適した値で、モーター出力は230ps/300N・m。

EV化にあわせ

  • ブレースの追加
  • ショックアブソーバーの減衰力強化

を実施して、EV専用チューニングが行われています。

また、リチウムイオンバッテリー(54.4kWh)をフロア下に搭載して低重心を実現。

車両安定性と運動性を向上。

乗り込み時の重心がちょうど腰下にあり、SUVでありながらスポーツカー慣性の操縦感を味わえるモデルです。

これはレクサスSUVに共通で床下バッテリーが遮音性を発揮して、EVならではの静粛性の低減を実現します。

UX300e
  • モーター
  • 最高出力
  • 最大トルク
  • Liバッテリー
  • 駆動
  • 航続距離
  • 急速充電
  • セーフティネット
  • 充電ポート
スペック
  • 4KM型
  • 230ps
  • 300N・m
  • 54.4kWh(床下)
  • 前輪
  • 367km
  • 50分75%/80分100%
  • 過充電防止システム
  • リア左右

価格

  • バージョンC|580万円
  • バージョンL|635万円

※2020年度販売数135台まで

レクサスのバージョンLとFスポーツの違い

インテリア装備

  • パドルシフト装備
  • シフトセレクターにシフトバイワイヤシステム採用(電気信号)
  • ヘアライン加飾パネル
  • スタジアムレイアウトリアシート
  • 6:4分割可倒式ラゲッジスペース

EUでは2030年、乗用車に適用するCO2排出量を2021年時点で37.5%削減することを目標としています。

  • 既存のガソリンエンジンの改良
  • ハイブリッド搭載車の販売比率向上

だけでは達成することが難しくなっています。

この流れで、UXにレクサス初の完全な電気自動車モデルが追加されることになります。

ガソリン・ハイブリッドのみのラインナップを拡充し、電動化を積極的に進めていく動きがうかがえます。

 

関連記事

UX一部改良2022情報はこちら。

【最新】トヨタC-HRフルモデルチェンジ2023|スタイリッシュクーペSUVの2代目

【続報】新型プリウス情報はこちら。

新型プリウスPHV情報はこちら。




DAILY RANKING