Read Article

三菱パジェロ新型モデルチェンジ情報2021年後半発売|予想価格700~800万円東京モーターショーにコンセプト出展?

パジェロに次期モデルの情報が出ています。2021年後半登場が予想され、2019年の東京モーターショーではプロトタイプが公開されるのでは?との情報です。

生まれ変わるパジェロのパワートレーンには、3つのモーター+3.0L V6スーパーチャージャーが組み合わされます。

スポンサードリンク

三菱パジェロ新型モデルチェンジ情報2021年

  • 全長
  • 全幅
  • 全高
  • ホイールベース
  • 重量
  • エンジン
  • エンジン出力/トルク
  • モーター出力
  • トランスミッション
  • 4950mm
  • 1895mm
  • 1900mm
  • 2780mm
  • 1180kg
  • 3.0L V6+3モーター
  • 210ps/24.5kgm
  • 98ps×3
  • CVT

新型パジェロはPHEVになって復活

新型パジェロは、エンジン動力メインのPHEVを搭載し、今後復活するとの情報です。

  • V6 3.0Lスーパーチャージャー+3モーター搭載
  • システム出力:70kgm
  • 車両統合制御システムS-AWC採用

車両運動統合制御システムS-AWCとは?

アウトランダーPHEV1

S-AWC技術の採用により、様々な走行条件下でのドライブを可能にし、力強い走りを実現。オンもオフも走破する先進のドライビングテクノロジーです。

AWC思想を高次元で実現する車両運動統合制御システムで、4輪の駆動力・制動力を思いのままに制御し、いかなる走行環境においてもドライバーの操作に忠実な挙動を実現します。

S-AWC搭載により、誰が運転しても気持ちよくドライビングが可能となり、「走る喜び」「確かな安心」「意のままの操縦性」「卓越した安定性」を高いレベルですべてのユーザーに提供します。

現在、三菱でS-AWCシステムを標準搭載しているモデルは、アウトランダーPHEVとエクリプスクロスです。アウトランダーガソリンモデルには4WDグレードにメーカーオプション設定となっています。

元々、ランエボに搭載されていた4WDシステムで、次期ランエボにも搭載されます。

新型パジェロは名称変更?

三菱自動車が特許庁へ出願している名称の1つに”デューククロス”というものがあります。

このネーミングがパジェロに代わる冠名になるわけではなく、新型パジェロの上級グレードのペットネームとして使われる可能性が高いです。

そのため、パジェロ デューククロスは、三菱の最上級SUVとなります。ベースはパジェロ後継のPHEV車とし、SUVとクーペを融合させたクロスオーバーモデルとなるでしょう。

最上級モデルに相応しい高級感あふれるモデルになると予想されます。

デザインに新型パジェロスポーツの要素を導入?

三菱車のデザイン、ダイナミックシールドのテーマに基づき、最上級SUVにふさわしい他モデルと一線を画した意匠になるでしょう。

予想CGを参考にすると、デリカD:5のダイナミックシールドデザインをより強固に見えるように仕上げています。

グリルは太く大型のメッキルーバーで飾られ、ヘッドライトはコの字変形型で、グリル上部に沿うように取り付けられています。

フォグライト部分はタテ型LEDと丸型ライトを装備しており、デリカD:5のフォグライトと思わせるヘッドライト形状はとっていません。

新型パジェロのボディカラー

現行と大きくイメージの変わらない範囲になることが考えられます。また、現行ベースの3トーンカラーも用意されることが考えられます。

旧パジェロのキャラクターを脱却するために、ルーフを黒くするタイプの2トーンカラーが採用されると魅力の可能性が広がりますね。

新型パジェロのインテリア

現行をある程度ベースとした3列シート7人乗りのものとなり、シートスライド機能も多少工夫されたものになると魅力的です。

また、サードシートの電動格納機能といった先進的でお金がかけられた機能が導入されると、ユーザーの幅も広がるでしょう。

インパネ周りには、ヘッドアップディスプレイを装備し、ハンズフリーパワーリヤゲートの装備も導入されると予想されています。

新型パジェロに2.4Lプラグインハイブリッド搭載の可能性も?

先に記した3.0L V6エンジンのPHEVは最新情報です。

そのほか、新型パジェロに搭載されるパワートレーンとして、アウトランダーPHEVをもとにした2.4Lのプラグインハイブリッドシステムが搭載される可能性も考えられます。

また、クリーンディーゼルエンジンの継続搭載もあり得るでしょう。

トランスミッション

ディーゼル、ガソリンともにデリカD:5と同等の8速オートマチックを搭載する可能性も高いと考えられます。

日産系パワートレーンを搭載する可能性も?

また、日産との提携で考えると、インフィニティ系に搭載される可変圧縮比ターボエンジンの搭載という線も期待されます。

しかし、これは生産台数の関係から、実現したとしてもかなり先になることが考えられます。

新型パジェロの先進安全装備は最新安全技術採用

新型パジェロは、衝突被害軽減ブレーキシステム、車線逸脱警報システム、オートマチックハイビームの搭載は確実でしょう。

軽自動車にプロパイロットが採用されたように、クルーズコントロールといった最新の先進安全技術が搭載されます。

追伸情報

関連記事

画像引用元:https://www.carscoops.com
画像引用元:https://www.mitsubishi-motors.co.jp

【現行モデルは2019年8月国内販売終了】

特別仕様車FINAL EDITION発売で現行販売を終了します。価格は700台限定で4,530,600円。

特別仕様車FINAL EDITION|EXCEED(ディーゼル)ベース

パジェロ

エクステリア
  1. ルーフレールと電動ロングサンルーフを標準装備
ボディカラー|全4色
  1. ウォームホワイトパール
  2. ブラックマイカ
  3. スターリングシルバーメタリック
  4. 3way2toneスターリングシルバーメタリック/アイガーグレーメタリック
インテリア
  1. 本革シート標準装備
  2. パワーシート(運転席/助手席)標準装備
機能
  1. 寒冷地仕様を標準装備
  2. リヤデフロック標準装備
  3. SRSサイドエアバッグ&カーテンエアバッグ標準装備
FINAL EDITIONアクセサリーパッケージ
  1. 価格:122,752円
  2. リヤデフレクター
  3. スペアタイヤカバー(メッキ)
  4. マッドフラップ(アルミプレート仕様)

パジェロ|来歴

パジェロの初代モデルは、1982年に同社のピックアップトラックのフォルテ4WDのフレームをベースに、

普段使いの乗用としても使えるマルチパーパスなオフロード車として登場しました。

現行型は2006年に登場した4代目モデルとなっており、3代目モデルから継承したラダーフレーム・ビルトイン・モノコックボディを採用することで、

モノコックボディによる高レベルな走行性能と乗り心地の良さ、ラダーフレームによる強靱さを兼ね備えた構造となっています。

また、現行型ではボディにグレードの高い高張力鋼の採用や、溶接部位の拡大、構造用接着剤を使用することにより、大幅にボディ剛性を向上させています。

この強靭なフレームに組み合わされるエンジンは「3000ccV型6気筒エンジン」と、パジェロ史上最大トルクとなる45.0kgf・mを発揮する

「3200cc直列4気筒コモンレール式クリーンディーゼルエンジン」の2種類が用意されています。

Return Top