新車発売情報Labo

Read Article

プリウスEV新型モデル情報2022年に期待|プリウスPHVベース全固体電池搭載電気自動車

トヨタが現行型プリウスPHVをベースに、プリウスEVを2022年目標で開発しているとの噂です。

ソリッドステートバッテリー(全固体電池)を搭載するプリウスEVは、1997年に登場した初代プリウスに匹敵する程の衝撃を車業界に与える車になる可能性が高いです。

世界中に電気自動車が普及するきっかけになることも考えられます。

まだソリッドステートバッテリーの技術は発展途上ということもあり、プリウスEVはトヨタからの公式発表が非常に楽しみな車だといえるでしょう。



”プリウス”はハイブリッドから電気自動車へ移行

全固体電池4

トヨタはプリウスPHVをベースにEVモデルの開発を進めています。ハイブリッドからプラグインハイブリッドまで普及させてきた”プリウス”は、その役目を電気自動車へ移行します。

新技術ソリッドステートバッテリー(全固体電池)により、革新的なEVモデルとしてラインナップを展開していくでしょう。

プリウスEV2

革新技術のソリッドステートバッテリー=『全固体電池』

プリウスEV13

トヨタは”EV量産”に向けて先行しています。

航続距離を飛躍的に伸ばすソリッドステートバッテリー(全固体電池)分野で、200人を超える技術者を動員し、2022年実用化へ向けて開発を進めています。

すでに同バッテリー技術の特許出願件数で世界トップの状況にあります。

ソリッドステートバッテリー(全固体電池)は名前の通り電解質に液体ではなく”固体”を使用し多くのメリットを生みます。

【全固体電池のメリット①】安全性の向上や容量増加

従来のリチウムイオンバッテリーは液体電解質が様々な要因で”発火する可能性”があります。しかし、ソリッドステートバッテリー(全固体電池)は”安全性”が飛躍的に向上。

それと同時に複雑な冷却システムを必要としないため、”バッテリーサイズの小型化”や同じサイズでも”大容量化”が可能となります。

リチウムイオンバッテリーとソリッドステートバッテリー(全固体電池)を比較すると、同じ大きさのバッテリーに蓄えらる電気の容量が”約2倍以上”になるとされています。

一方で、電気自動車は”充電時間の長さ”が大きなデメリットとなっていますよね。

【全固体電池のメリット②】充電時間の短縮

ソリッドステートバッテリー搭載の電気自動車が登場すると、大幅に充電時間を短縮することが可能となります。

小型化が可能なため、バッテリー容量(大きさ)を増やす必要がありません。充電頻度さえ増やせば長距離走行も可能になります。

ソリッドステートバッテリー(全固体電池)のメリットは、車両の軽量化や電気自動車の低価格化にもつながる嬉しい技術となります。

プリウスEVはプリウスPHVをベースに電動化

プリウスEV12

2022年登場予定のプリウスEV次世代モデルはベースのプリウスPHVと同様、TNGAが投入され、

  • ソリッドステートバッテリー(全固体電池)
  • 大出力モーター

を搭載したモデルになります。その代わりにプリウスPHVからエンジンやハイブリッドシステムを外します。

ボディサイズ

プリウスPHVから大きな変化は無いと思われます。しかし、先進的なエクステリアデザインを採用するでしょう。

機能

電気自動車の常識を変える航続距離・利便性の高さを持ったモデルとなるでしょう。

プリウスEV次世代モデルの予想価格

プリウスEV3

プリウスEV次世代モデルは製造原価が高くなることが予想されます。リチウムイオンバッテリーではなく、新技術のソリッドステートバッテリー(全固体電池)採用のためです。

しかし、トヨタは同技術をアライアンスを組むスバル・マツダ・ダイハツ・スズキにも技術供与する可能性が高いです。

この連携により、ソリッドステートバッテリーの製造単価を引き下げることに成功すれば、現在の電気自動車と同等以下の価格となることが見込まれています。

プリウスEV Labo

画像引用元:https://www.carscoops.com/

Return Top