新型シビックハッチバック|e:HEVハイブリッド搭載インサイト統合。2021年9月3日

1.5L VTECターボが搭載されました。

2022年中期にe:HEVハイブリッド設定。

さらに、シビックベースのミドルSUV登場予想が出ています。

 

HV登場でインサイト統合

シビックハッチバックのハイブリッド設定に伴って

インサイトがここに統合される情報も出ています。

 

ホイールベース延長

前後シート距離が35mm拡大されているため

後席の居住性が向上しています。

 




価格

1.5Lターボ|2グレード

3,190,000円

3,540,000円

 

上級EXグレード装備

内装

  • BOSEサウンドシステム
  • 運転席8WAYパワーシート
  • 左右独立式フルオートエアコン
  • ワイヤレス充電器
  • コンビシート
  • ホンダセンシング

 

外観

  • アダプティブドライビングビーム
  • 18インチアルミホイール

 

新型シビックハッチバックのエクステリア

現行型よりも落ち着きを取り戻し、

スポーティさを抜いたフロントデザインですね。

新型シビック
  • 全長
  • 全幅
  • 全高
  • ホイールベース
  • タイヤサイズ
ボディサイズ
  • 4550mm
  • 1800mm
  • 1415mm
  • 2735mm
  • 18インチ

 

あの頃のシビック回顧

頭文字Dで話題になった頃のフロントマスクに戻りました。

 

ホイールベース延長による後席居住性向上

これがメイン改良となって

特別特徴はない普通のモデルに収まりました。

 

ボディカラーは5色

  • プラチナホワイト・パール
  • クリスタルブラック・パール
  • ソニックグレー・パール
  • プレミアムクリスタルレッド・メタリック
  • プレミアムクリスタルブルー・メタリック

 

いちばん人気はタイプR

新型シビックタイプRは2022年6月に登場します。

 

新型シビックハッチバックの内装

  • 大型マルチインフォメーションディスプレイ
  • ホンダコネクト

が採用されました。

 

機能向上したので、走りを楽しんだ後は

車内でゆっくり落ち着く時間も増えそうですね。

 

スポーツ性高い装備は健在

  • 操縦性湧くコクピットデザイン
  • ホールド性高いシート

が装備されているので走行時の安心感や

車内快適性の追求が両立されています。

 

新型シビックハッチバックのパワートレイン

1.5Lターボ搭載

応答性の向上と高回転域までトルクフルな

エンジンへ改良が施されています。

 

トランスミッション

  • CVT
  • 6速MT

6速MTはショートストロークで高剛性になり、コクンと入る

スポーツ感ありダイレクトなシフトフィールを味わえます。

 

【2022年】e:HEVハイブリッド搭載

排気量は1.5Lか2.0Lになる予想が出ていて

2022年搭載とホンダから発表されています。

 

新型シビックハッチバックの先進安全装備

Honda SENSING標準装備

  • 検知性能拡張

 

渋滞運転支援機能トラフィックジャムアシスト採用

  • 速度域0km/h~約65km/h
  • 車間・車線キープ
  • アクセル・ブレーキ・ステアリングアシスト

 

機能搭載が実現し、より安全で負担の少ない

ドライブが可能になっています。

 

関連情報

新型シビックタイプR情報はこちら。

シビックベースミドルSUV情報はこちら。

シビックハッチバックマイナーチェンジ情報はこちら。




WEEKLY RANKING