【続報】新型クラウンエステート2024年登場予想|4シリーズ唯一グリルレス

トヨタ新型クラウンにステーションワゴン『エステート』設定。

この「エステート」は箱型セダンのリア拡大版「ステーションワゴン」で認知されてるモデルです。

新型クラウンエステートはここに強めのSUV要素が入りましたね。

公式クラウン情報サイト

予想の段階では後ろからの景色に色気を感じる高級モデルを想像しました。

しかしベンツやVWのステーションワゴンとはコンセプトに差を付けてきました。

では、外観についてもう少し掘ってみます。

 




エクステリア

 

グリルレスに近いフロントデザイン

グリルレスが意味するものは?

EV派生、またはPHEV設定など電動化の影響を一番に受けるのがエステートなのかも。

それを表すグリルレスデザインなのかもしれませんね。

あとデザインを見るとどこかで見たことに気づきました。

bZシリーズの以下のモデルです。

このBEVコンセプトはbz4xより若干サイズが大きいSUVモデルです。

「bz4xの3列シート版か?」と話題になっていたコンセプトになります。

ここにクラウンエステートのコンセプトを並べてみるとフォルムは近い感じですね。

同コンセプトがクラウンエステートの原型である可能性が見えました。

(違うかもしれませんけど)

ボディサイズ

  • 全長
  • 全幅
  • 全高
  • ホイールベース
  • 4930mm
  • 1880mm
  • 1620mm
  • 2850mm

GA-Kサイズ

既出のクラウンシリーズ4台の中では中間クラスのサイズ感。

クラウンクロスオーバーと同じサイズで、クラウンセダンの次に大きなモデルです。(最小はクラウンスポーツ)

サイズ数値比較
  • 全長
  • 全幅
  • 全高
  • ホイールベース
エステート
  • 4930mm
  • 1880mm
  • 1620mm
  • 2850mm
クロスオーバー
  • 4930mm
  • 1840mm
  • 1540mm
  • 2850mm
セダン
  • 5030mm
  • 1890mm
  • 1470mm
  • 3000mm
スポーツ
  • 4710mm
  • 1880mm
  • 1560mm
  • 2770mm

昔のエステートの全長数値(一部)は「4835mm」なので、新型のほうが大きいですね。

旧クラウンエステートのほうが大きく感じるのはフォルムが角ばっていたからでしょうね。

新型クラウンエステートは丸みのあるデザインで全体にまとまりが出たってことなのでしょう。

 

パワートレインは3種予想

  • ハイブリッド(内燃機関)
  • BEV(電気自動車)
  • FCV(燃料電池自動車)

クラウンシリーズに想定されているすべてのパワートレインを搭載するという最新情報です。

ハイブリッド(内燃機関)

  • 2.5Lハイブリッド
  • 2.4Lターボハイブリッド

がクラウンクロスオーバーのラインナップ。

2.4LターボハイブリッドはRSに設定されています。スペックは以下です。

  • エンジン
  • エンジン出力/トルク
  • モーター出力
  • モータートルク
  • システム出力
  • WLTCモード燃費
  • トランスミッション
  • 2.4L直4ターボ+モーター
  • 272ps/46.9kgm
  • F82.9ps/R80.2ps
  • F29.8kgm/R17.2kgm
  • 349ps
  • 15.7km/L
  • 6AT

同内容であれば、トランスミッション・駆動は6AT・E-Four。

BEV(電気自動車)

【参照】bZ4Xパワートレイン

モーター
モーター
  • Fモーター出力
  • Rモーター出力
  • システム出力
スペック
  • 150kW/80kW
  • – /80kW
  • 150kW/160kW

充電性能

充電
  • ACDC
性能
  • 6.6kW/最大150kW

一充電走行距離(WLTCモード)は?

一充電
  • FWD
  • 4WD
走行距離
  • 559km
  • 540km

DIRECT4(4WD)※RZ450e数値

DIRECT4
  • Fモーター
  • Rモーター
  • バッテリー容量
  • 航続距離
スペック
  • 204ps
  • 109ps
  • 71.4kWh
  • 450km

FCV(燃料電池自動車)

【参照】MIRAIパワートレイン

航続距離750-850km/L

 

クラウンの「ステーションワゴン」に歴史あり

  • クラウンステーションワゴン(初代-1995年)
  • クラウンエステート(1999年-2007年)

で生産されてきました。見た目はちょっと営業車的で渋さのあるモデルです。

トヨタ(レクサス)にステーションワゴン派生が広がる?

新型クラウンエステートはGA-Kプラットフォーム。

GA-LをGA-Kに変更するので、これまでのクラウンに比べるとちょっと小柄です。

カムリサイズのクラウンになる感覚です。

(ということは、MIRAIとは別にクラウンクラスの上位モデルが誕生する予感も)

で、そのカムリにもステーションワゴンが設定されていました。

  • カムリグラシア(1996年-2001年)

そして、クラウンの歴代ステーションワゴンは、消滅した1995年に役割をカルディナに譲っています。

3代目カルディナは流線形スタイルが最高にカッコよかったモデルです。

ターボモデルはGT-FOURという名称で人気を博したと記憶しています。

 

トヨタはこれら過去モデルをこれからの電動化時代に復活させる動きをとるかもしれませんね。

「カルディナ復活か?」と言われた情報もすでに出ています。

カローラツーリングワゴンのGR化で実現するかもしれません。

GRMNカローラツーリング?情報はこちら。

 

ステーションワゴンはスバルの専属のように感じ、レヴォーグしか浮かばない。

他社のワゴンモデルは街で見なくなって20年くらい経った気がします。

復活の予兆が出ているので、他社もすでに企画が進行しているかもしれませんね。

(日産のステージアとか)

広くてもミニバンは持ちたくない。けれど、人やモノをある程度乗せたい人。

ステーションワゴンの流線デザインに良さを感じる人は一定数いるんでしょうね。

レクサスもスポーツワゴン設定?

上記画像の前列左3台の中央にステーションワゴンらしき姿が見えます。

その右に形状が近いけど、おそらくハッチバックもいます。

レクサス商品ラインナップの広がりを垣間見たこの画像。

新型クラウンにもワゴンの設定が決まっていると妄想できますね。

ただ、トヨタのEV群にはその姿は見られません。

 

海外では「ISスポーツクロス」をCGデザインして盛り上げてる人もいるようです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Sugarchow(@sugardesign_1)がシェアした投稿

レクサスはIS後継となるEVにスポーツワゴンを設定するのかもしれません。

ISの出はアルテッツァ

クラウンより下位モデルではあるものの同じ「セダン」でした。

アルテッツァは海外で初代ISとなり、ステーションワゴン・ジータが設定されています。

ステーションワゴンの派生は長い年月、息を潜めてましたよね。

しかし、これから10年ほど

  • セダン⇒ステーションワゴン
  • クーペ⇒ステーションワゴン

設定の流れが来る可能性があります。

 

関連記事

【続報】新型クラウンスポーツ2023年夏-秋登場予想|ショートホイールベースBEV?

【続報】クラウンセダン2023年秋登場予想|全長5000mm超&FR?燃料電池自動車?

【続報】クラウンクーペ2025年登場予想|2ドア&コンバーチブル?【限定・海外メイン】

【最新】GRクラウン登場予想|クロスオーバー車高ダウンでシリーズ追加設定!?




DAILY RANKING