新車発売情報

Read Article

フィット情報2020年2月14日発売|価格ガソリン148万円/ハイブリッド192万円スタート

新型フィットは2020年2月14日発売。パワートレインに1.3LのNAガソリンと1.5Lハイブリッドを搭載。トランスミッションは1.3LにCVT、1.5ハイブリッドに新開発e-CVTを搭載しています。2WD/4WD設定。

1.5Lハイブリッドは2モーター式e:HEVです。フィット次世代外観は可愛い路線へ再シフト。サイズアップしてインテリアの質感も向上します。

価格帯はガソリンが148万円~、ハイブリッドが192万円~。

  • 全長
  • 全幅
  • 全高
  • ホイールベース
  • 重量
  • エンジン
  • 最高出力
  • 最大トルク
  • 4050mm
  • 1695mm
  • 1520mm
  • 2530mm
  • -kg
  • 1.5L直4ハイブリッド
  • 153ps
  • 27.2kgm


フィット各グレード外観

ベーシック(BASIC)|標準仕様

フィット1

ホーム(HOME)|メイン仕様

フィット1

ネス(NESS)|装飾仕様

フィット4

リュクス(LUXE)|上質仕様

フィット7

可愛いとメカが共存したフロントマスクで、シンプルを強調したエクステリア。

フィット設定ボディカラー

次世代フィットのボディカラーは全7色。2トーンも設定されます。

現行ベースで展開することが考えられ、オレンジ系やゴールド系、アイボリー系などから2色程度新たなイメージカラーとして採用する色を用意することが考えられます。

2トーンカラーの可能性は低めで、あってもブラック系のルーフ程度でしょう。


【動画】HONDA FIT HOME

【動画】HONDA FIT LUXE

フィット価格

フィット
  • BASIC
  • HOME
  • NESS
  • LUXE
  • e:HEV BASIC
  • e:HEV HOME
  • e:HEV NESS
  • e:HEV LUXE
2WD
  • 1,557,600円
  • 1,718,200円
  • 1,877,700円
  • 1,977,800円
  • 1,997,600円
  • 2,068,000円
  • 2,227,500円
  • 2,327,600円
4WD
  • 1,755,600円
  • 1,916,200円
  • 2,075,700円
  • 2,186,800円
  • 2,195,600円
  • 2,266,000円
  • 2,425,500円
  • 2,536,600円

グレード

  • ベーシック(BASIC)|標準仕様
  • ホーム(HOME)|メイン仕様
  • ネス(NESS)|装飾仕様
  • リュクス(LUXE)|上質仕様
  • クロスター(CROSSTAR)|クロスオーバー仕様

フィット内装の雰囲気

フィット3

跳ね上げ式リアシートアレンジ。

フィットクロスター76

シートカラーは現行に引き続き2トーンも用意。本革シートも装備できると思います。

HONDA FIT CROSSTAR(フィットクロスター)新設定

本格的なクロスオーバーSUVモデルとして3ナンバーのボディサイズに拡大されています。

車高を高めバンパー・フェンダーガーニッシュを装着。
グリル形状もベースモデルと差別化してますね。

フィットクロスター

このクロスター戦略は、2020~2021年の間にシャトル・N-BOX・ステップワゴン・オデッセイに採用拡大していくとの情報です。

【参照】フリードの場合

フリード

クロスターは、EXグレードと置き換えられます。
フリードのクロスターは、フィットと違い、アウトドアスタイル程度の造りですね。

ガソリン・ハイブリッド、3列シート・2列シート、2WD・4WDと全タイプに設定。

エクステリアは、ルーフレールを採用して15インチアルミホイールを装備しています。
標準モデルとフロントマスクを差別化。

インテリアには、木目調のダッシュボードを採用し、アウトドアの雰囲気が盛り込まれています。

フリード4

【動画】フリード クロスター

フィットパワートレイン

【ハイブリッド】2モーター式e:HEV搭載

  • 全長
  • 全幅
  • 全高
  • ホイールベース
  • 重量
  • エンジン
  • 最高出力
  • 最大トルク
  • モーター出力
  • トランスミッション
  • 4050mm
  • 1695mm
  • 1520mm
  • 2530mm
  • 1180kg
  • 1.5L+モーター
  • 108ps
  • 13.9kgm
  • 125ps
  • CVT

e:HEVハイブリッドシステムを搭載し、1.5Lエンジンに組み合わせます。
エンジン最高出力は108ps・エンジン最大トルクは13.9kgm。モーター最高出力125ps。

燃費は、インパクトのある数値となるJC08モード40.0km/L以上を目標。
予想では38.0km/lと言われています。

トランスミッションには、1.5ハイブリッドに新開発e-CVTが採用されます。

同様のパワートレーンである現行インサイトのシステムは151psを発生し、34.2km/lの燃費です。

2モーター式ハイブリッドに4WD採用

駆動は2WD/4WD設定。
4WDはCR-Vで実績があるため、新型フィットハイブリッドでも採用されるでしょう。

【ガソリン】1.3L NAガソリン搭載予想

1.0L 3気筒ターボは設定しないようです。

トランスミッションは1.3LにCVT採用。駆動は2WD/4WD設定。

フィットHonda SENSINGは検知機能アップ

ベーシックグレードにはオプション設定(約7万円)。
ホンダとしても区切りとなるモデルチェンジであるため、現行のものをそのまま搭載するだけで終わらないでしょう。

自転車など検知対象の追加・検知可能スピードの拡大なども実施されます。

ホンダフィット次世代情報Labo

Honda CONNECTとは|2020年ホンダフィット次世代モデル搭載コネクトシステム

【ライバル】トヨタヤリス新型モデルチェンジ情報

画像引用元:https://indianautosblog.com
画像引用元:https://www.carscoops.com
画像引用元:https://www.motor1.com

Return Top