Read Article

スポンサードリンク

新型フィット|1.0Lターボ設定&クロスオーバー設定|2019年9月中旬発売予想

ホンダは、フィットのフルモデルチェンジを2019年9月中旬頃に実施するとの予想です。

外観を可愛らしさの路線へシフトし、サイズアップ予想。質感もアップします。また、ついに1.0Lターボを設定します。燃費は25キロ目標。

この時期は、フィットHVのライバルとも言えるトヨタ「アクア」日産「ノート」もフルモデルチェンジを迎える予想です。


新型フィット|フルモデルチェンジ情報

  • ガソリンエンジン:新開発1.0L 3気筒VTECターボ搭載(RS)モデル設定
  • ※このエンジンはフリードにもマイナーチェンジで搭載される予定
  • ハイブリッドエンジン:1.5Lエンジン+スポーツハイブリッド「i-MMD」搭載
  • 燃費:プリウスの40.8km/L超えを狙う
  • 1.0Lチューニング「typeS」モデルを設定か?
  • クロスオーバー仕様設定

 

スポンサードリンク

 

新型フィットのエクステリア|テストカー(Honda Jazz)

フィット フィット フィット

上記画像を見る限り「可愛い顔」に戻ってますね。

現行が「マシーン」し過ぎたので、先代のポップなエクステリアに戻すのかもしれません。やっぱりフィットは名前からしても親しみ易さが売りだと思います。

 

以下のクロスオーバー「WR-V」路線のフロントマスクが、新型フィットに近いのではないでしょうか?

新型フィットにクロスオーバー仕様設定

車高を高めてバンパー・フェンダーガーニッシュを装着します。インド・ブラジル仕様の「WR-V」のようなデザインになるようです。

WR-V1 WR-V2 WR-V

 

 

新型フィットは1.0Lターボ搭載

欧州シビックに搭載される新型1.0Lターボエンジンを搭載する予定です。

最大出力:129ps
最大トルク:20.5kgm
(欧州シビック値)

出力比較
  • 1.0Lターボ:129ps/20.4kgm
  • 1.5L NA:132ps/15.8kgm

1.0Lターボは、1.5L NAと比べトルクが太くなり過給機のアシストにより「加速」が格段に良くなります。ライバル・スイフトスポーツがターボを採用しているので意識もしているでしょう。

このターボは先行して、フィットの拡張モデルフリードにも搭載されます。

フィットRS|予想スペック

全長:3955mm
全幅:1695mm
全高:1525mm
ホイールベース:2530mm
重量:1050キロ
エンジン:1.0Lターボ
最高出力:129ps
最大トルク:20.5kgm
トランスミッション:6速MT/CVT
駆動:FF
燃費:25キロ
価格:170万円

 

 

一方、ハイブリッドエンジンも次世代へ移行します。

新型フィットのハイブリッドは1.5Lエンジン+i-MMD搭載

SPORT HYBRID i-MMD(2.0L)と同じ2モーター方式のハイブリッドシステムを、小排気量化した1.5Lエンジンに組み合わせて搭載します。

低コスト化技術を導入した新開発エンジンです。

このハイブリッドシステムは、2018年後半にインサイトへ搭載されました。JC08モード燃費(LX)は34.2キロ。WLTCモード燃費の市街地モードで25.8キロを達成しています。

 

 

追伸情報

関連記事

フィットのライバルも同時期に新型で登場


「コンパクト」フルモデルチェンジ一覧

画像引用元:https://indianautosblog.com
画像引用元:https://www.carscoops.com

Return Top