新車Labo

Read Article

日産シルビア後継新車2022年度復活?に期待|e-POWER搭載&予想価格300万円スタート

伝説の日産シルビア後継モデルがe-POWERを搭載して復活?と期待されています。

リーマンショック前までは開発の動きがあったとのこと。

では、コロナショックで大恐慌レベルの不況が起きたとき、とても耐えられないでしょう。

またまた開発は凍結・消滅に終わるのでしょうか?

これまでもモーターショーで発表した

  • iDX
  • フォーリア
  • オールージュ(インフィニティ)
  • スポーツ系コンセプト

はすべて市販に至らなかった経緯があります。

しかし、新たな日産のアピールポイントとしてシルビアは最高の宣伝材料です。

かつてのシルビアは排ガス規制をクリアできず、廃盤になった過去があります。

e-POWERでは燃費・排ガスとも規制には問題なく、騒音規制も確実にクリアできます。



日産シルビア後継モデルのエクステリア予想

iDX5※画像はコンセプトiDX

現在、ヒントとなるのはVモーショングリルのみ。

LEDヘッドライトがリフレクター方式になるか、プロジェクター方式になるかわかりません。

サイズ的にはセレナをe-POWER化できているため、先代シルビアのサイズ維持は可能です。

日本にとどまらず、中国・アメリカでもうけるデザインを目指すものと考えられます。

86・BRZとおなじようなサイズ感の2ドアクーペとなるでしょう。


サイズによっては4ドアクーペになる可能性もありますね。

日産シルビア後継モデルの内装予想

iDX58※画像はコンセプトiDX

2ドアクーペの線が濃厚なシルビア。

電子パーキングブレーキ装備によって、フロントシートに大型センターアームレストが装備されるでしょう。

リアシート空間は旧シルビアより広くなる可能性は考えられません。

かつて販売されていたラティオより狭くなると考えられます。

価格帯からヘッドアップディスプレイ装備も可能性が低くなります。

日産シルビア後継モデルのパワートレイン予想

e-POWER搭載

e-POWERは1.2Lエンジンで発電する可能性が高く、出力はセレナと同等かそれ以上の範囲でしょう。

シルビアはいつも後輪駆動です。しかし、プラットフォームの関係からFFとなる可能性が高いです。

iDX登場を断念した理由として、小型FRプラットフォームがないことも挙げられています。

FRを採用するとスカイラインクラスまでサイズが大きくなることになります。

なので、FR採用の可能性はかなり低く、新たに小型FRプラットフォームを開発する可能性も低いです。

4WDは技術的に設定可能

市場の小ささや4WDによる悪路以外の走行性能向上アピールが難しいこともあり、搭載の可能性は低いです。

日産シルビア後継モデルの先進安全装備予想

ProPILOT

プロパイロットの1.0は搭載される可能性があります。

2.0はカーナビが必須なこともあり、確実に搭載されるとは言い難いでしょう。

予防安全装備

NISSAN INTELLIGENT MOBILITY

先進安全装備は他社クーペ系で搭載しない例もあります。

しかし、e-POWER搭載なら装備される可能性も出てきます。

シルビアLabo

【1999年1月~2002年8月(生産終了)】シルビアS15型スペック

  • 全長
  • 全幅
  • 全高
  • ホイールベース
  • 重量
  • 駆動
  • 定員
  • トランスミッション
  • spec.S
  • spec.R
  • 出力(spec.S/AT)
  • 出力(spec.S/MT)
  • 出力(spec.R/AT)
  • 出力(spec.R/MT)
  • トルク(spec.S/AT)
  • トルク(spec.S/MT)
  • トルク(spec.R/MT)
  • 4445mm
  • 1695mm
  • 1285mm
  • 2525mm
  • 1240kg
  • FR
  • 4人
  • 4速AT/5速MT/6速MT
  • SR20DE 直4 2.0L NA
  • SR20DET 直4 2.0L ターボ
  • 160ps/6400rpm
  • 165ps/6400rpm
  • 225ps/6000rpm
  • 250ps/6400rpm
  • 19.2kgf·m/4800rpm
  • 19.6kgf·m/4800rpm
  • 28.0kgf·m/4800rpm

中古車|価格(2018年2月現在)

  • 販売台数
  • 価格
  • 全国に約300台
  • 25.8万円~299万円
Return Top