ハイエース新車2025年までに期待|TNGA電動化?ノア系FF商用車になる?

新型ハイエースは2025年までに電動化もふくめ、登場が期待されています。

現行200系は社会への影響力が強く、モデルそのもののパフォーマンスも高いです。

2020年4月に一部改良がおこなわれています。

フロントグリル・安全装備・WLTCモードが変更されました。

新型登場時期は延びそうですが、2021年末のフルモデルチェンジだと単純に改良時期が近すぎなのでナイようです。

登場時期は?新型ハイエース|電動化・FF化?・2025年登場?

新型ハイエースは安全性・スペース・電動化を視野におくTNGAプラットフォーム化を果たします。

電動化はトヨタが2025年までに全モデル電動化するという長期ビジョンがあるためです。

また、電動化にかかわる駆動方式やボディサイズは新型ノアの影響を受ける可能性もあるようです。

Labo
登場時期は2022年末以降~2025年になると予想されてるよ。

グランエースとの関係性は?新型ノア・アルファードの影響を受ける?

グランエースのTNGAプラットフォーム(FR)はハイエースサイズではないようです。

大きすぎるという理由で。

そこでノアやアルファード系ミニバンの影響を受ける場合もあると予想されています。


その場合、駆動方式はFFになる可能性も。

滑りやすい路面を走る機会が多いハイエースは、「FRのほうが都合がいい」ため、FFはデメリットです。

しかし、FFで足りない走行性能は、4WDで補えば足るとみられています。

4WDをメインにするなら、ハイブリッド化してE-Four搭載という道も、技術的・スペース的に可能ならあるのかもしれません。

初期のパワートレイン予想はガソリン車でしたので、エントリーグレードにガソリン、ハイグレードにハイブリッドという選択肢になるかもしれませんね。

その後、2025年までに全モデル電動化にあわせ、ガソリン車を廃止。

ハイブリッドへの1本化を果たすことが考えられます。

この流れだと

ハイエースではない新しい商用車(名称も別)になる可能性が高いようです。
これ以下は、以前からある新型ハイエースの予想情報になります。

新型ハイエースのエクステリア

グランエース2

日本向け新型ハイエースはフィリピン向けハイエースとはエクステリアの質を違(たが)えるモデルで発売されます。

ただ、ノーズを持つフロントマスクになる点は同じで、これまでのキャブオーバータイプは安全性向上のため形を変えます。

日本でもグランエースは発売されました。

グランエースはハイエースの上級モデル(最上級ミニバン)という立ち位置で、エクステリアはグランエースと共有すると予想されていました。

グランエース4

【参照】グランエーススペック

  • 全長
  • 全幅
  • 全高
  • ホイールベース
  • 重量
  • エンジン(1GD型)
  • 最高出力
  • 最大トルク
  • トランスミッション
  • 駆動
  • タイヤサイズ
  • 5300mm
  • 1970mm
  • 1990mm
  • 3210mm
  • 2800kg
  • 2.8Lクリーンディーゼル
  • ps/rpm
  • kgm
  • 6速AT
  • FR

新型ハイエースは、現行ハイエースの人気を確保するため、フィリピン向けよりも意匠に力を入れるとの予想でした。

ハイエース3

新型ハイエースのボディタイプ

サイズは4ナンバー規格(全長4700mm以下/全幅1700mm以下/全高2000mm以下)に適したボディに収まります。

ハイエース
  • 全長
  • 全幅
  • 全高
  • ホイールベース
  • 重量
予想ボディサイズ
  • 4695mm
  • 1695mm
  • 1985mm
  • 2550mm
  • 1960kg

フロントシート位置も安全上の改良を実施。

積載性に関して、大きく低下させない工夫が加えられます。

新型ハイエースの内装

グランエース8

上記グランエース、海外向けハイエースに準じる意匠を採用します。

▽フィリピン版ハイエース

ハイエース6

新型ハイエース搭載パワートレイン

パワートレインには、2.0L直4ガソリンを搭載すると予想されていました。

ハイエース
  • エンジン
  • 最高出力
  • 最大トルク
  • トランスミッション
”初期”予想スペック
  • 2.0L直4DOHC
  • 140ps/5500rpm
  • 19.0kgm/3800rpm
  • 6速AT

全モデル電動化まであと4年なので、ハイブリッドが加わり、FFへ駆動方式が変更される可能性も出てきました。

ハイブリッドが可能であれば、FRのメリットをハイブリッド4WDで補うこともできるという見方があります。

新型ハイエースの先進安全装備Toyota Safety Sense

Toyota Safety Sense

常に動き回る商用モデルに必須の安全性能も、機能を向上して搭載されます。

現行ハイエースのToyota Safety Sense標準装備

  • プリクラッシュセーフティ(歩行者/昼)
  • レーンディパーチャーアラート
  • オートマチクハイビーム
  • ※レス仕様あり

オプション

  • パノラミックビューモニター
  • インテリジェントクリアランスソナー