Read Article

トヨタハイエース新型モデルチェンジ情報2019年12月発売|予想価格250~420万円

トヨタは、新型ハイエースを2019年12月にフルモデルチェンジする予定です。新型は鼻なしフロントマスクから、鼻付きボンネットへ変更され、大きくその存在感を変えることになります。

鼻付きボンネットになるメリットは、ノア系のミニバンと同じ構造となり、万一の前面事故の際、壊れる範囲を車体内に収め安全性を向上することが比較的可能になることです。

この変更によるデメリットは、積載量の低下?と思いきや、”ハイエースと同等の広い荷室空間”も確保するようです。

安全性向上と機能性継続を両立する新型ハイエースが誕生します。

スポンサードリンク

トヨタハイエース新型モデルチェンジ情報2019

ハイエース
  • 全長
  • 全幅
  • 全高
  • ホイールベース
  • 重量
  • エンジン
  • 最高出力
  • 最大トルク
  • トランスミッション
2.0Lガソリン
  • 4695mm
  • 1695mm
  • 1985mm
  • 2550mm
  • 1960kg
  • 2.0L直4DOHC
  • 140ps/5500rpm
  • 19.0kgm/3800rpm
  • 6速AT

新型ハイエースのエクステリアは日本仕様デザイン

日本向け新型ハイエースは、下記フィリピン向けハイエースとはエクステリアを違(たが)えるモデルで発売されます。

ノーズを持つフロントマスクになる点は同じです。これまでのキャブオーバータイプは安全性向上のため形を変えます。

しかし、現行の人気を確保するため、フィリピン向けよりも意匠に力を入れるとの情報です。

ハイエース3 ハイエース4 ハイエース5

サイズは、4ナンバー規格(全長4700mm以下/全幅1700mm以下/全高2000mm以下)に適したボディに収まります。

また、フロントシート位置も安全上の改良が加えられますが、積載性に関して大きく低下させない工夫が加えられるでしょう。

欧州ではハイエース系商用車に求める衝突安全基準が高い

欧州では1995年、早々にこのキャブオーバータイプ構造をとっています。そのモデルが新型ハイエースの基礎となる欧州Toyotaプロエースです。

プロエース4 プロエース6プロエース5

欧州Toyotaプロエースは商用・乗用を設定

これは日本発売の新型ハイエースに注がれるコンセプトとなるでしょう。

▽プロエース ヴァーソ(乗用)

プロエース ヴァーソ3プロエース ヴァーソ1プロエース ヴァーソ4プロエース ヴァーソ2

欧州プロエースはプジョー&シトロエンにOEMされている

それぞれ「トラベラー」「スペースツアラー」としていい感じのバンとして発売されています。

▽トラベラー

トラベラー1 トラベラー2

▽スペースツアラー

スペースツアラー1 スペースツアラー2

日本でもこのイイ感じのバンをハイエースレジアスとして登場させて、ユーザーがカスタマイズを楽しむモデルになることでしょう。

新型ハイエース(日本向け)のボディタイプ

標準ボディ&ルーフのバンに加え、ワイドボディを採用するワゴンを設定し、ノアヴォクシー上位・アルヴェル下位にあたる中間グレードを設定すると予想されています。

フロントマスクはアルファードのような押し出し感を採用して、カスタム向きの仕様に。

新型ハイエースのインテリア(フィリピンモデル)

ハイエース6ハイエース8ハイエース9ハイエース12

 

新型ハイエース搭載パワートレーンの予想は3種類

  1. 2.0Lガソリン|標準ボディ&ルーフに設定
  2. 2.4Lディーゼル|標準ボディ&ルーフに設定
  3. V6 3.5Lガソリン|ワイドボディ&ハイルーフに設定

新型ハイエースはToyota Safety Sense搭載

常に動き回る商用モデルに必須の「安全性能」も機能性を向上して搭載されるでしょう。

追伸情報

ライバルは日産”NV250”カングーベース商用バン

画像引用元:https://www.carscoops.com
画像引用元:https://www.motor1.com

Return Top