新車Labo

Read Article

ヴェゼル新車2021年4月に期待|予想価格230万~300万円新開発1.5Lハイブリッドe:HEV搭載

ヴェゼルは2021年4月にフルモデルチェンジと噂されています。

新型ヴェゼルは1.5Lの2モーター式ハイブリッドe:HEVを搭載。
また、そのエンジンをNAグレードとして展開します。

  • 全長
  • 全幅
  • 全高
  • ホイールベース
  • 重量
  • エンジン
  • 最高出力
  • 最大トルク
  • モーター出力
  • 4400mm
  • 1790mm
  • 1590mm
  • 2610mm
  • 1350kg
  • 1.5L+モーター
  • 109ps/6000rpm
  • 13.7kgm
  • 131ps/27.2kgm


新型ヴェゼルはさらにシャープなクーペSUV路線

ヴェゼル Modulo X

新型ヴェゼルのデザインは
クーペSUVの外観をさらに洗練させます。

新開発プラットフォームを初採用するため
フィットの延長線上ではない新規モデルへ進化。

ヴェゼル1

初代からガラッと印象を変える新型ヴェゼルに
惚れこむ人が続出することでしょう。

ヴェゼル2

サイズは大きくなると噂されており、

価格が跳ね上がる可能性も出ますが
それだけの価値を感じるモデルになります。

ヴェゼル3

新型ヴェゼルのボディカラー予想

基本的に現行モデルと同等のもの。
2トーンカラーにはブラックルーフもあるかも?

新型ヴェゼルのパワートレイン

ヴェゼル1

ハイブリッドは1.5Lエンジン+2モーターで
NAとして1.5Lが用意されます。

ターボははっきりとしませんね。

現行では2013年登場の2019年にターボ搭載の
ツーリングが追加されているので

今回ターボが出るとししても、
「必要とされれば」といった感じでしょうか。

170ps以上の排気量を必要とする車格では
あると思います。

4WDシステムは機械式?

ガソリン・ハイブリッドともに
4WDシステムはフィットと同等の機械式。

SH-AWD新システムの導入はないでしょう。

新型ヴェゼルの内装

ヴェゼル7

インパネにはエントリーグレードを除き
大型ディスプレイが用意され、
ホンダコネクトにも対応するはずです。

ステアリングはフィットと同等の目新しい
2本スポークのものになる可能性があります。

新開発プラットフォームの採用で
居住性の向上が期待されます。

ここはシートアレンジ・シートスライド機能にも
影響を与える部分です。

より流麗なクーペSUVでありながら
現行で少し手狭だった室内を
どう演出するのか注目です。

本革シート・多彩なシートカラーといった演出は
キープコンセプトとなるでしょう。

新型ヴェゼルの先進安全装備

Honda SENSING

フィットと同等のHonda SENSINGが搭載され、
検知範囲を広げ、より安全に乗れる機能が追加されるでしょう。

同じ時期にレジェンドが自動運転レベル3を実用化します。
話題性の観点で、ヴェゼルにも影響を与えるかもしれませんね。

レジェンドの自動運転レベル3においては
トラフィックジャムパイロットという
渋滞時の高速道路で前走車追従と車線維持をする機能が追加されます。

このわあ大生に乗じて、新型ヴェゼルにもごく小規模で自動運転に近い
走行時アシストが追加される可能性もあるでしょう。

ヴェゼルLabo


Return Top