Read Article

新型ヴェゼル|新開発1.5Lハイブリッド「i-MMD」搭載|2020年発売予想

ホンダの人気SUVモデルであるヴェゼルは2013年に登場し、日本のSUVブームをリードする存在として安定した人気を誇っております。

ヴェゼル

そして2020年待望のフルモデルチェンジが行われるとの情報が出てまいりましたのでお伝えします。

スポンサードリンク

新型ヴェゼルのモデルチェンジ情報2020

エクステリアコンセプト

フルモデルチェンジとなれば時に大きくエクステリアが変更されることがありますよね。ヴェゼルのようにホンダらしさが漂う外観を求めている方は多いでしょう。

新型ヴェゼルに関してもそのホンダらしさは踏襲され、大きく見た目が変わるという心配はなさそうです。

”現在ない意匠を採用する”という意味で参考になるのは、海外のヴェゼル・HR-Vかもしれませんね。

ヴェゼル1ヴェゼル2ヴェゼル3

新型ヴェゼルには、新型N-BOXで採用されているシーケンシャルウィンカーを搭載するなど、トレンドに沿う機能が幾つか加えられる見込みとなっています。

ちなみにシーケンシャルウィンカーとは「流れるウィンカー」で、2014年の道路交通法改正以降は純正ウィンカーで取り入れる車種が徐々に増えてきました。オシャレ度も高い装備ですのでヴェゼルに搭載されるのは楽しみですね。

エンジンはよりパワフルなハイブリッドシステムに

現行モデルでは1モーター式の「i-DCD」であったヴェゼルですが、フルモデルチェンジの際に1.5L 2モーターハイブリッド「i-MMD」を採用します。

すでに新型インサイトに搭載されているもので、その走行性能は多くのユーザーから高い評価を受けています。

よりパワフルなドライブが期待でき、例えば現行ヴェゼルの「i-DCD」では最大トルクが16.3kgm(160Nm)となっておりますが、

「i-MMD」を搭載した新型インサイトの最大トルクは27.2kgm(267Nm)となっており、トルク性能は約1.5倍もアップです。

さて、この「i-MMD」システムでは3つのドライブモードを使い分けることで驚きの低燃費を実現します。

一つはEVドライブモードです。

発進する時と街中での走行ではガソリンを一切使わないモーター走行。低燃費はもちろんエンジンを停止していますのでクリーンな走行となります。

次はハイブリッドドライブモード。

坂道や力強い加速が必要な場面ではエンジンが始動し、発電した出力によってモーターを駆動。

高出力な時はバッテリーからも電力供給をしてモーター走行を支えます。

最後にエンジンドライブモードです。

こちらは高速走行時の時に使用となり、クラッチを繋ぐことでモーターを使用せずエンジンのみでの走行となります。

先進安全技術はさらに向上

ヴェゼルには現行でも採用されているホンダセンシングという先進安全技術。フルモデルチェンジの際にはいくつかの点で改良が施されています。

一つはアダプティブクルーズコントロールです。

こちらは現行モデルに入っていなかった渋滞追従タイプが備わり、高速道路等の渋滞時にも一定の車間距離を取りながら前の車に追従することが出来ます。

二つ目は後方誤発進抑制機能で、駐車時などでバックする際のアクセル踏み間違いを防止。

障害物を検知すると搭載されたセンサーが作動しエンジン出力を制御して急発進を抑制してくれます。

もう一つはオートハイビームで、夜間走行での際にハイビームとロービームを自動的に切り替えて夜間のドライブをサポートします。

今や先進安全技術は日に日に改良されておりますので、最新のホンダセンシングが搭載されることはドライバーとしてはありがたいですね。

この他、燃費性能はハイブリッドタイプの場合にJC08モード燃費30km/Lを突破するのでは?と言われており、

走行性能がアップしたにも関わらず燃費性能も高まるという事も期待できそうです。

2020年にいよいよフルモデルチェンジされるホンダのヴェゼル。パワーアップ度合いはかなり高そうですので今から期待大ですね。

追伸情報

関連記事


画像引用元:https://www.carscoops.com

【評判・評価】ヴェゼル

初のホンダモデル購入

洗練されたエクステリアはカッコいいの一言に尽きます。マイナーチェンジでLEDフォグランプが付き差別化されていいです。

インテリアはシフト廻りが独特。明る目のコンビシートを選んだので洒落た雰囲気に癒されます。

走行は発進がもたつき走り始めるとキビキビといった印象です。高速は安定性・静粛性があります。乗り心地はカタめです。とくに後席。

あとホンダセンシングは運転のストレスを減らす機能が満載です。

街乗りに丁度いいサイズ

小回りがききます。サイズがちょうどいい。インテリアは高級感があります。広さは大柄な自分でも全席広々。

エンジンは1500ccですが十分で高速もしっかり加速してくれます。

ハンドリングは気持ちよく曲がってくれるので運転が楽しいです。乗り心地はかためでもマイナーチェンジで多少は改善されたようですね。質感が高く非常にバランスのいいクルマです。

クルーズコントロールはもうなくてはならない機能になりました。

ハイブリッドRSを購入

RSのデザインが格好いい。内装も高級感があります。

エンジン性能はホンダらしい印象でスポーティな走りを体感できます。乗り心地はガッシリしていて良くなってます。

ハイブリッド専用車からヴェゼルハイブリッドへの乗り換えだけど、燃費は変わらないか上です。意外でした。

買い得感があります。完成度の高いモデルです。

マイナーチェンジでよくなった

暗めの色は汚れやすいけど洗車後に達成感を味わえます。

マルチインフォメーションディスプレイはホンダセンシングを採用してから表示が小さくなって見にくくなっています。

ハンドルの質感は上がりました。エンジンパワーは十分です。

2000回転までは車内静かです。加速とエンジンブレーキがかかり4000回転になるとうるさいかな。

走行はモーターアシストが加わったときの加速感が爽快です。ワインディングが楽しい。

マイナーチェンジ後に短い距離でのEV走行が多くなっています。充電を一回で使いきらない感じ。あとはEVとエンジンの切り替え時のショックがなくなりました。

そしてECONの作用が上がりオンにすればマイチェン前よりも燃費が良くなっています。

乗り心地は良くなりました。細かな凹凸を拾わなくなっています。ブレーキも効きが柔らかくなりスーっと止まります。

参照元:http://kakaku.com/

Return Top