新車発売情報Labo

Read Article

ホンダヴェゼル次世代型モデル情報2021年3月?|予想価格230万~300万円新開発1.5Lハイブリッドe:HEV搭載

スポンサードリンク


フィットとプラットフォームを共通としているヴェゼルも、そう遠くない時期にフルモデルチェンジされるものと考えられます。
ホンダフィットは2020年2月にフルモデルチェンジを受けています。

ヴェゼルは海外仕様にはハイブリッドが用意されませんでした。
次世代型は2モーター式のハイブリッドを搭載するのが確実で、海外にもハイブリッドが展開されるでしょう。

ヴェゼル次世代型の価格とグレードは基本的に現行モデルと同等になると考えられ、ハイブリッドグレードは15万円高くなると考えられます。

グレード構成はRSとツーリングが最初から設定されるか注目ポイントと言えるでしょう。

新グレードが追加される場合、2トーンカラーやインテリアカラーの異なるグレードになります。
現行モデルの時点でグレードとスペックの選択肢が非常に広くなっているため、大きくスペックの異なるグレードにはならないでしょう。

  • 全長
  • 全幅
  • 全高
  • ホイールベース
  • 重量
  • エンジン
  • 最高出力
  • 最大トルク
  • モーター出力
  • 4400mm
  • 1790mm
  • 1590mm
  • 2610mm
  • 1350kg
  • 1.5L+モーター
  • 109ps/6000rpm
  • 13.7kgm
  • 131ps/27.2kgm

ヴェゼルの次世代型エクステリア

ヴェゼル Modulo X

次世代型ヴェゼルのエクステリアは現時点で一切ヒントになるコンパクトカーやスパイショットがありません。
予想の域は出ないものの、クーペスタイルSUVという基本は継承されるはずで、キープコンセプトのデザインとなることが考えられます。

サイズは全長で50mmプラス、全幅50mm以内のプラス、全高は変わらないか30mmマイナスの範囲でしょう。

ホンダではフィットやフリードでヘッドライトの間にフロントグリルのないデザインを設定しています。
こちらをSUVのヴェゼルに採用するか微妙な線といえるでしょう。

ヴェゼル3

ヴェゼルの次世代型ボディカラー

次世代型ヴェゼルのボディカラーは基本的に現行モデルと同等のものが用意され、例えばオレンジ系メタリックなどイメージカラーとなる新色も追加されるでしょう。

2トーンカラーカラーはブラックルーフの採用があるかもしれません。フィットNESSのようなボディカラーは採用されないとみていいでしょう。

【ボディカラー】を選ぶ基準


ヴェゼルの次世代型パワートレイン

次世代型ヴェゼルのハイブリッドはインサイトと同等の1.5Lエンジンと2モーター式のハイブリッドが採用されるはず。
燃費はWTLCモードで27.0km/lはマークでき、システム出力も150馬力となる可能性が高くなります。

ホンダのクラリティPHVで1.5Lハイブリッド190馬力のシステム出力となっていますので、ヴェゼルハイブリッドの一般グレードで、この出力は目指さないでしょう。

1.5Lガソリンエンジンはフィットの1.3Lエンジン同様、キャリーオーバーとなる可能性が最も高く、130馬力1.5Lという出力は同等になると考えられます。

ツーリンググレードは存続した場合、最低172馬力エンジン搭載。
場合によりシビックハッチバックの182馬力エンジンの搭載の可能性もあるかもしれません。

ホンダが海外で展開している1.0Lターボエンジンも129馬力を発生し、1.5Lガソリンの代わりになりえます。
1.5Lガソリン自体は比較的新しいエンジンのため、搭載の可能性は低くなります。

ガソリン・ハイブリッドともに4WDシステムはフィットと同等の機械式となり、SH-AWDなど新たなシステムの導入の可能性は低めです。

ヴェゼルの次世代型内装

次世代型ヴェゼルは現行モデルとプラットフォームを共通とするはずで、現行モデル以上の広さになることもあり得ます。
シートアレンジ機能は少なくとも現行モデルと同等でしょう。

現行モデルに本革シートを含め多彩なシートカラーが用意されています。
こちらも継続されるはずです。

シートスライド機能はサイズが同等であれば採用されない可能性が高いでしょう。

インパネにはエントリーグレード以上に大型ディスプレイが用意され、ホンダコネクトにも対応するはずです。
ステアリングホイールはフィットと同等の2本スポークのものになる可能性があります。

ヴェゼルの次世代型安全装備HondaSENSING

次世代型ヴェゼルの予防安全装備はフィットと同等のHondaSENSINGが搭載されます。
販売時期によっては検知スピードの向上や機能の追加もあり得るでしょう。

ヘッドアップディスプレイの装備に関しては上位にあたるCR-Vに搭載されていないためやや微妙といえるでしょう。

ホンダヴェゼル次世代型モデル情報Labo

ホンダコンパクトSUVモデル情報2021

上記コンパクトSUVのライバルはトヨタライズ

画像引用元:https://www.carscoops.com

Return Top