新車Labo

Read Article

ヴェゼル新車2021年4月22日登場|予想価格230万~300万円新開発1.5Lハイブリッドe:HEV搭載

ヴェゼルは2021年2月18日ワールドプレミア。4月22日発売です。


新型ヴェゼルは1.5Lの2モーター式ハイブリッドe:HEVを搭載。

また、そのエンジンをNAグレード(1.5L DOHC i-VTEC)として展開します。

ターボは廃止のようです。

ターボ搭載ツーリングは2年後のマイナーチェンジ追加とのうわさ。

カスタムタイプのモデューロXは1年後とうわさされています。

  • 全長
  • 全幅
  • 全高
  • ホイールベース
  • 最低地上高
  • エンジン
  • 最高出力
  • 最大トルク
  • モーター出力
  • 4450mm
  • 1780mm
  • 1600mm
  • 2630mm
  • 185mm
  • 1.5L+モーター
  • 109ps/6000rpm
  • 13.7kgm
  • 131ps/27.2kgm


グレード&価格

グレード
  • G(2WD)
  • G(4WD)
  • e:HEV X(2WD)
  • (4WD)
  • e:HEV Z(2WD)
  • e:HEV Z(4WD)
  • e:HEV PLaY(2WD)
価格
  • -円
  • -円
  • -円
  • -円
  • -円
  • -円
  • -円

 

新型ヴェゼルはダイナミッククーペSUVへ

ヴェゼル5

新型ヴェゼルのデザインはクーペSUVをさらに洗練。(画像引用元:https://www.carscoops.com/)

ヴェゼル2

新開発プラットフォームを初採用し、フィットの延長線上ではない新規モデルへ進化しました。

ヴェゼル6

初代からガラッと印象を変える新型ヴェゼルに惚れこむ人が続出することでしょう。

ヴェゼル Modulo X

サイズは全長が大きくなっているといわれており、価格が跳ね上がる可能性も出ます。

しかし、それだけの価値を感じるモデルに仕上がっていますね。

いまは新しい意匠に抵抗がある人も、これがホンダのスタンダードになっていきます。

新型ヴェゼルのボディカラー7色

ヴェゼル5

X・Zグレードにはモノトーン7色。

ヴェゼル6

2トーンカラー(ブラック or シルバールーフ)は最上級e:HEV PLaYグレードに採用。

ヴェゼル12

新型ヴェゼルの内装

ヴェゼル7

インパネにはエントリーグレードを除き、9インチディスプレイが用意され、ホンダコネクトにも対応。

ステアリングはフィットと同等の目新しい2本スポーク。

新開発プラットフォームの採用で居住性の向上が期待されます。

ヴェゼル8

運転席まわりはスッキリしていて、前席の居住性も快適と感じます。

この角度の画像だと、広く感じますね。

とくに現行で少し手狭だった後席の演出はどうでしょうか。

ヴェゼル9

※現行後席↓

ヴェゼル7

質感が上がったのは見てわかりますね。

新型ヴェゼルのパワートレイン

ヴェゼル2

ハイブリッドは1.5Lエンジン+2モーター、ガソリン車に1.5Lが用意されます。

ターボはないようです。

現行では2013年登場で2019年(2年後のマイナーチェンジ)にターボ搭載のツーリングが追加されています。

今回ターボが出るとしても、モータースポーツにおいて「必要とされれば」といった感じでしょうか。

4WDシステムはリアルタイムAWD採用。

新型ヴェゼルの先進安全装備

ヴェゼル3

新規更新版Honda SENSINGが搭載され、自動ブレーキの検知範囲を広げます。

  • 後方誤発進抑制機能
  • 近距離衝突軽減ブレーキ
  • 渋滞追従機能付きアダプティブクルーズコントロール
  • オートハイビーム
  • マルチビューカメラシステム
  • ブラインドスポットインフォメーション
  • レーンキープアシストシステム
  • 衝突軽減ブレーキ
  • 歩行者事故低減ステアリング

など、より安全に乗れる機能追加。

コネクトシステムも進化しており、Honda Total Careプレミアムには自動地図更新サービス・車内Wi-Fiを備え、サブスク利用が可能になっています。

同じ時期にレジェンドが自動運転レベル3を実用化。

話題性の観点で、ヴェゼルにも今後、影響を与えるかもしれませんね。

レジェンドの自動運転レベル3においてはトラフィックジャムパイロットという渋滞時の高速道路で前走車追従と車線維持をする機能が追加されます。

ヴェゼルLabo



Return Top