新車発売情報Labo

Read Article

ヤリスクロス2020年8月31日発売|価格179万円~281万円&GA-Bプラットフォーム採用

トヨタはヤリスクロスを8月31日追加。全長4180mm(最低地上高170mm)Bセグメントクロスオーバーの誕生です。※ヤリスの最低地上高140-160mm

同社SUVと全長比較すると、C-HRが全長4385mm、トヨタライズが全長3995mmとなるため、この中間に位置するモデルになります。※燃費が一番よく、荷室の広さもトップです。

全幅はヤリス+70mm(1765mm)の3ナンバーサイズとなり、全高1590mmです。他社モデルと比較すると、全長はヴェゼルの4330mmより短く、全幅は同じということになります。

思ったより早い展開でヤリスクロスが発売されましたね。ヤリスが生粋のコンパクトカーを務め、ヤリスクロスはサイズアップしたクロスオーバー車を担います。

  • 全長
  • 全幅
  • 全高
  • ホイールベース
  • 最低地上高
  • 4180mm
  • 1765mm
  • 1590mm
  • 2560mm
  • ヤリス+30mm

このモデルはレクサスブランドでもUX下位Bセグメントモデルとして設定するという情報もあるため、納得ですね。レクサスブランドの場合、最新のスバル共同開発SUVデザインにもヒントがあるでしょう。

クロスオーバーEV5

パワートレインにはヤリス共通の1.5L&1.5Lハイブリッドを搭載し、駆動は2WDと4WDを用意。トランスミッションにCVTを採用します。(※6速MTなし)



グレード&価格

ガソリン
  • X“Bパッケージ”
  • X
  • G
  • Z
2WD
  • 1,798,000円
  • 1,896,000円
  • 2,020,000円
  • 2210000円
4WD
  • 2,029,000円
  • 2,127,000円
  • 2,251,000円
  • 2,441,000円
ハイブリッド
  • HYBRID X
  • HYBRID G
  • HYBRID Z
2WD
  • 2,284,000円
  • 2,394,000円
  • 2,584,000円
4WD
  • 2,515,000円
  • 2,625,000円
  • 2,815,000円

Zグレード最上級装備

  • 18インチアルミホイール
  • LEDヘッドランプ
  • 運転席パワーシート
  • 本革シート
  • 本革巻きステアリング

G・Xグレード装備

  • 16インチアルミホイール
  • ハロゲンヘッドランプ

ヤリスクロスの外観はC-HR系RAV4寄りフォルム

ヤリスクロス2

  • 全長
  • 全幅
  • 全高
  • ホイールベース
  • 4170mm
  • 1765mm
  • 1590mm
  • 2560mm

新開発GA-Bプラットフォームを採用しています。この見た目から、トヨタが今後展開するEVのコンパクトとして設定される雰囲気も感じられますね。

また、レクサスでコンパクトSUVとして共有されると言われています。その点もヤリスとちょっと異なるデザインである理由でしょう。

ヤリスクロス17

上記中央の画像がヤリスクロスです。ヤリスと比較すると、テールランプが後方に広がっていることが分かりますね。荷室と後席居住性重視のデザインになります。

サスペンション【ヤリス同様】

  1. フロント:マクファーソンストラット式
  2. リア(FF):トーションビーム
  3. リア(E-Four):ダブルウィッシュボーン

ヤリスクロスのボディーカラー

  1. NEWシルバーメタリック
  2. NEWブラスゴールドメタリック
  3. ダークブルーマイカメタリック
  4. センシュアルレッドマイカ
  5. グレイッシュブルー
  6. ホワイトパールクリスタルシャイン
  7. ベージュ
  8. ブラックマイカ

2トーン|7タイプ

ブラックマイカ✖ブラスゴールドメタリックルーフの珍しい組み合わせが1タイプ。そして、残りの6タイプはブラックルーフになります。

残り6タイプの2トーンカラーは、ブラスゴールドメタリック・グレイッシュブルー・センシュアルレッドマイカ・ベージュ・ホワイトパールクリスタルシャイン・シルバーメタリックです。


ヤリスクロスの内装

ヤリスクロス13

質感はベース車のヤリスと大きな変化はなく、ディスプレイオーディオを採用。機器類は視線の移動を最小限に抑えた絶妙な配置になっています。※HYBRID Z・Zグレードにメーカーオプションでカラーへドアップディスプレイが用意されます。

USB端子(充電&通信)を2つ採用。収納スペースは9か所用意されています。

荷室容量は390L。幅1400mm✖奥行820mm✖高さ732~850mmです。後席が4:2:4分割式でセンターアーム部のみ倒せる仕様になっているので、長いものも積み込みやすくなっています。

リアへの足の出し入れでバックドアが開くハンズフリーパワーバックドアをハイブリッドグレードとガソリンZグレードに標準装備しています。※Gグレードはオプション設定。

ヤリスクロスの内装部品【ヤリス参照】

  1. ディスプレイオーディオ
  2. ヘッドアップディスプレイ
  3. ステアリング小径化
  4. ステアリング中央パッド小型化
  5. 2眼式メーターデジタル化
  6. フードレス双眼TFTメーター採用
  7. 西日でも表示読み取りしやすい
  8. ドアトリムに新素材フェルト採用
  9. イージーリターンシート採用
  10. ターンチルトシート採用
  11. ディスプレイオーディオ採用
  12. アクセサリーコンセント(ハイブリッドのみ)

ヤリスクロスのパワートレイン

ヤリスクロス6

ヤリスに用意されるパワートレインの1.5Lハイブリッドと1.5Lガソリンが採用されます。1.0L直3エンジンは搭載されません。

燃費はヤリスよりボディサイズが拡大して150kg重くなる分、悪くなります。

【ハイブリッド】新開発1.5L+THSⅡ搭載

新開発M15A型エンジン+THSⅡ採用で、世界最高峰の燃費性能を実現。ヤリスクロスの燃費はWLTCモード28.7~30.8km/L。

HYBRID4WD E-Four設定

  • 出力/モーター
  • トルク/モーター
  • E-Fourリアモーター
  • 91/80ps
  • 12.2/14.4kgm
  • 5.3ps/5.3kgm

【ガソリン】新開発1.5L

ヤリスクロスには新開発1.5L直3ダイナミックフォースエンジン採用。3気筒ガソリンエンジンは新開発となり、気筒数を削減することでより高い出力と環境性能を実現します。

  • 最高出力
  • 最大トルク
  • トランスミッション
  • FF燃費
  • 4WD燃費
  • 120ps
  • 14.8kgm
  • 6速MT/CVT
  • 19.6-21.6
  • 19.2

ガソリン4WD車にマルチテレインセレクト標準装備

路面状況により3モードを使い分けできるダイヤルが設置されます。種類はマッド&サンド・ロック&ダート・ノーマル。4WD機能にはダイナミックトルクコントロールを採用しています。

ヤリスクロスの先進安全装備Toyota Safety Sense

ヤリスクロス7

主な搭載機能

  1. 全車速追従機能付きレーダークルーズコントロール
  2. レーントレーシングアシスト(車線逸脱警報機能含む)
  3. アダプティブハイビームシステム(HYBRID Z・Zにオプション)

新装備高度駐車支援システムAdvanced Park(アドバンストパーク)

  1. 自動制御ステアリング・アクセル・ブレーキ機能

【参照】ヤリスの価格

ヤリス2

ヤリス
  • X(FF/CVT)
  • G(FF/CVT)
  • Z(FF/CVT)
  • X(4WD/CVT)
  • G(4WD/CVT)
  • Z(4WD/CVT)
ハイブリッド
  • 1,998,000円
  • 2,130,000円
  • 2,295,000円
  • 2,241,000円
  • 2,338,000円
  • 2,493,000円
ヤリス
  • X(FF/6MT)
  • X(FF/CVT)
  • G(FF/6MT)
  • G(FF/CVT)
  • Z(FF/6MT)
  • Z(FF/CVT)
  • X(4WD/CVT)
  • G(4WD/CVT)
  • Z(4WD/CVT)
1.5Lガソリン
  • 1,543,000円
  • 1,598,000円
  • 1,701,000円
  • 1,756,000円
  • 1,871,000円
  • 1,926,000円
  • 1,831,000円
  • 1,954,000円
  • 2,124,000円

ヤリスクロスLabo

レクサスコンパクトSUV|YARIS CROSSOVERとプラットフォーム共用

【上位モデル】トヨタC-HR GR SPORT情報

【下位モデル】トヨタライズ

Return Top