Read Article

トヨタヤリスクロス新型モデル情報2020年初頭発売|ist後継&フィットクロス対抗&レクサスコンパクトSUV共有

トヨタヤリスに、クロスオーバーSUVモデル・ヤリスクロスが追加されます。

新型ヤリスクロスは、ist(イスト)のような独立したモデルの可能性が高く、C-HRの立ち位置から考えると、かなりコンパクトなBセグメントモデルが誕生します。

また、このプラットフォームを共有して、レクサスブランドでUXの下位にBセグメントSUVを設定するとの情報です。

新型ヤリスクロスの想定価格は、独立モデルならヤリス+20万円前後なので、140~170万円あたりになるでしょう。

この記事では、新型ヤリスクロスについて情報をお届けします。

スポンサードリンク

トヨタヤリスクロス新型モデル情報2020

新型ヤリスクロスのベースとなるヤリスのエクステリア

ヤリス3ヤリス10

イストのような独立モデルとして、C-HRにはない実用性を重視した方向性を目指すと考えられます。

C-HRとUXのように共有コンセプトで造られるため、”クロスオーバーっぽいパーツ”の装備では済ませないでしょう。

キッチリ、ヤリスと別モデルのクロスオーバーSUVとして仕上げられるでしょう。

旧イストは、その先にTNGAプラットフォームの計画があり、古いままモデルチェンジに至ることはありませんでした。

今回のモデルチェンジで新開発プラットフォームを採用した新型イストが誕生します。

ヤリスクロスがアクアクロスオーバーの手法だった場合

フェンダーアーチを装着したり、フォグランプを取り付けたバンパーの変更や最低地上高の向上でSUVテイストを演出するでしょう。

ヘッドランプなどはベースモデルと共通となります。

どちらのタイプであっても”5ドアハッチバック”であることは確定的で、グレードによってはルーフレール装着が可能となるでしょう。

新型ヤリスクロスのボディカラー

ボディカラーは、おそらくアクアクロスオーバーの色を参考にしたものとなるでしょう。

キャラクター的に鮮やかな色、そして、2トーンスタイルも用意されると予想されます。

新型ヤリスクロスのベースとなるヤリスのインテリア

ヤリス9

ベース車と”大きな変化”はないものの、シートカラーやパネルの色・素材の変更で標準ヤリスと差別化されると予想されます。

オプション設定で、ラゲージスペースの撥水加工、リアシートバックの撥水加工が施される場合も考えられます。

インテリアスペースは、それなりに開放感が高まったものとなるでしょう。

サンルーフは装備されない可能性があります。

新型ヤリスクロスのパワートレーン

ヤリスに用意されるパワートレーンの1.3Lガソリンと、1.5Lガソリンが搭載されると予想されています。

1.0Lエンジンは、キャラクター的に装備される可能性は低いでしょう。

そして、現在このクラスのハイブリッドモデルには4WDが設定されていません。

しかし、トヨタの4WDはプリウスには搭載しているため、ヤリスにクロスオーバーSUVが登場すれば、4WDは設定されるでしょう。

新型ヤリスクロスの先進安全装備

各種支援機能が追加され、より安全性能が進化・向上するでしょう。

追伸情報

ヤリスクロスとプラットフォームを共有するレクサスコンパクトSUV

画像引用元:https://www.motor1.com
画像引用元:https://www.carscoops.com

Return Top