新車発売情報Labo

Read Article

トヨタヤリスクロスオーバー2020年9月発売|予想価格210万円スタート&GA-Bプラットフォーム採用

トヨタはヤリスクロスオーバーを2020年9月追加予定。

ヤリス+230mmで全長4170mmのBセグメントクロスオーバーモデルが新しく誕生します。
同社SUVと全長比較すると、C-HRが全長4385mm、トヨタライズが全長3995mmとなるため、当然、この中間に位置するモデルということができます。

ただ、全幅もヤリス+70mmの1765mmで3ナンバーサイズとなり、ホイールベースも10mm延長されています。
つまり、ヤリスが生粋のコンパクトカーを務め、ヤリスクロスオーバーはサイズアップしたクロスオーバー車を担います。

  • 全長
  • 全幅
  • 全高
  • ホイールベース
  • 4170mm
  • 1765mm
  • 1555mm
  • 2560mm

このモデルはレクサスブランドでもUX下位Bセグメントモデルとして設定するという情報もあるため、納得ですね。
レクサスブランドの場合、最新のスバル共同開発SUVデザインにもヒントがあるでしょう。

クロスオーバーEV5

パワートレインにはヤリス共通の1.5L&1.5Lハイブリッドを搭載します。

  • 全長
  • 全幅
  • 全高
  • ホイールベース
  • 4170mm
  • 1765mm
  • 1555mm
  • 2560mm


ヤリス本格クロスオーバーSUV仕様の見た目

ヤリスクロスオーバー

上記ティザー画像でも後方に拡幅された様子がうかがえ、荷室と後席居住性重視のデザインになります。

  • 全長
  • 全幅
  • 全高
  • ホイールベース
  • 4170mm
  • 1765mm
  • 1555mm
  • 2560mm

トヨタヤリスクロスオーバーはイストのような独立モデルとして登場。
C-HRにはない実用性を重視した方向性を目指すと考えられます。

実際に現在出ている予想CGではイストのフロントマスクを模したデザインが採用され、イスト後継も意識されています。

旧イストは、その先にTNGAプラットフォームの計画があったものの、古さを残したままモデルチェンジに至ることはありませんでした。今回はイストのフルモデルチェンジと言ってもいかもしれませんね。

イスト

また、ヤリスが米国デミオと共通点が垣間見えることから、2000年代初期に発売されていたデミオの前身・マツダベリーサの要素も匂わせるデザインです。

バリーサ1

今回のモデルチェンジでは新開発GA-Bプラットフォームを採用します。

ヤリスベースで全長230mm延長し荷室容量を拡大

ヤリス0このままSUV仕様になると、かなり後席の居住性はきつい状況です。
全長後部を伸ばした分、リア後方をゆったりリクライニング可能になり、荷室と共にリア空間も広がりを得ます。

ヤリス

全高も55mm拡大予想なので、頭上空間にも余裕を感じられる仕様となるでしょう。

ヤリスクロスオーバーのボディカラー|12色【ヤリス参照】

  1. 新色コーラルクリスタルシャイン
  2. 新色アイスピンクメタリック

2トーン|6色

  1. ブラックルーフ4種類
  2. ホワイトルーフ2種類


トヨタヤリスクロスオーバーの内装【ヤリス参照】

ヤリス10

トヨタヤリスクロスオーバー車内質感は、ベース車と”大きな変化”はないと思われます。
しかし、シートカラーやパネルの色、素材の変更で標準ヤリスと差別化されると予想されます。

オプション設定でラゲージスペースの撥水加工、リアシートバックの撥水加工などが考えられますね。

インテリアスペースは3ナンバー化により、それなりに開放感が高まったものとなるでしょう。

サンルーフは装備されない可能性があります。

ヤリスクロスオーバーの内装部品【ヤリス参照】

  1. ディスプレイオーディオ
  2. ヘッドアップディスプレイ
  3. ステアリング小径化
  4. ステアリング中央パッド小型化
  5. 2眼式メーターデジタル化
  6. フードレス双眼TFTメーター採用
  7. 西日でも表示読み取りしやすい
  8. ドアトリムに新素材フェルト採用
  9. イージーリターンシート採用
  10. ターンチルトシート採用
  11. ディスプレイオーディオ採用
  12. アクセサリーコンセント(ハイブリッドのみ)

トヨタヤリスクロスオーバーのパワートレイン

ヤリスに用意されるパワートレインの1.5Lハイブリッドと1.5Lガソリンが採用されます。
1.0L直3エンジンは搭載されません。

【ハイブリッド】新開発1.5L+THSⅡ搭載

新開発M15A型エンジン+THSⅡ採用で、世界最高峰の燃費性能を実現します。

現在このクラスのハイブリッドモデルには4WDが設定されていません。
しかし、トヨタの4WDはプリウスには搭載しています。

トヨタヤリスクロスオーバーが登場すれば4WDが設定されるでしょう。

  • 出力/モーター
  • トルク/モーター
  • E-Fourリアモーター
  • FF燃費
  • 4WD燃費
  • 91/80ps
  • 12.2/14.4kgm
  • 5.3ps/5.3kgm
  • 35.4-36.0
  • 4WD車は30.2

【ガソリン】新開発1.5L

トヨタヤリスクロスオーバーには新開発1.5L直3ダイナミックフォースエンジン採用。

3気筒ガソリンエンジンは新開発となり、気筒数を削減することでより高い出力と環境性能を実現します。

  • 最高出力
  • 最大トルク
  • トランスミッション
  • FF燃費
  • 4WD燃費
  • 120ps
  • 14.8kgm
  • 6速MT/CVT
  • 19.6-21.6
  • 19.2

トヨタヤリスクロスオーバーの先進安全装備Toyota Safety Sense

コンパクトカー初搭載機能

  1. レーダークルーズコントロール
  2. レーントレーシングアシスト

新装備高度駐車支援システムAdvanced Park(アドバンストパーク)

  1. 自動制御ステアリング・アクセル・ブレーキ機能

その他コンパクト初機能

  1. 低速時加速抑制機能
  2. リヤクロストラフィックオートブレーキ
  3. ブラインドスポットモニター

Toyota Safety Senseの基本性能については以下にまとめています。

【参照】ヤリスの価格

ヤリス
  • X(FF/CVT)
  • G(FF/CVT)
  • Z(FF/CVT)
  • X(4WD/CVT)
  • G(4WD/CVT)
  • Z(4WD/CVT)
ハイブリッド
  • 1,998,000円
  • 2,130,000円
  • 2,295,000円
  • 2,241,000円
  • 2,338,000円
  • 2,493,000円
ヤリス
  • X(FF/6MT)
  • X(FF/CVT)
  • G(FF/6MT)
  • G(FF/CVT)
  • Z(FF/6MT)
  • Z(FF/CVT)
  • X(4WD/CVT)
  • G(4WD/CVT)
  • Z(4WD/CVT)
1.5Lガソリン
  • 1,543,000円
  • 1,598,000円
  • 1,701,000円
  • 1,756,000円
  • 1,871,000円
  • 1,926,000円
  • 1,831,000円
  • 1,954,000円
  • 2,124,000円

トヨタヤリスクロスオーバーLabo

レクサスコンパクトSUV|YARIS CROSSOVERとプラットフォーム共用

【上位モデル】トヨタC-HR GR SPORT情報

【下位モデル】トヨタライズ

画像引用元:https://www.motor1.com
画像引用元:https://www.carscoops.com
Return Top