新車発売情報

Read Article

日産ノートe-POWER新型モデルチェンジ情報2020年9月発売|予想価格200~250万円スライドドア採用ガソリン車も設定

スポンサードリンク


ノートのフルモデルチェンジは2020年9月の発売が予定されています。

サイズは現行モデルから若干大きくなり、外観はコンパクトカーからミニバンデザインに変更となるかもしれません。

現行のライバル・ヤリス/フィットから離れ、シエンタ/フリードが視野に入ります。

パワートレインはe-POWERを継続。ガソリン車も設定。

プラットフォームやサスペンションも新開発します。

コンパクトミニバンとして”スライドドア”を新規採用し、ボディ剛性の向上も図られます。

抜かりのない進化により、e-POWERのみならずモデル全体で魅力の底上げがなされます。

日産ノート新型モデルチェンジ情報2020

新型ノート
  • 全長
  • 全幅
  • 全高
  • ホイールベース
  • 重量
  • エンジン
  • エンジン出力
  • モーター出力
  • 燃費
e-POWER
  • 4100mm
  • 1695mm
  • 1500mm
  • 2600mm
  • 1240kg
  • 1.2L直3+モーター
  • 79ps/10.5kgm
  • 150ps/35.0kgm
  • 39-42

新型ノートのエクステリアにスライドドア採用

新型ノートはスライドドアを採用するため、現行よりも若干全高アップ。

3列シート7人乗りを採用する影響で、シエンタを思わせるフォルムに近づくでしょう。

フォルム/ボディラインをもっと例えると、”キューブ+ノート”のようなコンセプトで直線を多用。

”Vモーショングリル”はグリルのフチを覆う形状を採用します。

シエンタに負けずバンパーに縦型LEDフォグランプを埋め込み、派手な造形のエアインテークを設けます。

結果、次期ノートのフロント周りは、マイナーチェンジ後のセレナに見られる”オーテックのラグジュアリーな雰囲気”に。

セレナserena

日産・ルノーの新規モデルを観察すると次期ノートが見えてくる?

フォルムだけで言うと、カングーEVコンセプトも次期ノートをイメージさせます。

カングー18

フロントマスクの形状が現行のものと比べると新しいです。

ボンネットが上がって塊感が出ていますね。

カングー16カングー13

次期ノートのメンズグレードやアウトドアグレードのイメージです。

日産・ルノーの新規モデルを観察していけば、新型の方向性が見えてくる気がします。

LEDヘッドライト形状

中国仕様・新型シルフィのようなLEDヘッドライトを採用する可能性が高いです。

ミニバンに見合う肉厚な形状で、下記画像よりも意匠は鋭く描かれています。

シルフィ5

ウィンドウデザイン

リアウィンドウからバックドア上部にかけて”ブラックで統一”するデザインを採用します。

シルフィ5

新型ノートのボディカラー

現行でもカラフルなボディカラーのラインナップは、さらに個性を押し出すために種類が増えるでしょう。

新型デイズは、17種類のカラーバリエーションを用意しました。標準・ハイウェイスターともに。

2トーンルーフにプレミアムサンシャインオレンジやフローズンバニラパール、アッシュブラウンを。

通常のブラック・ホワイトのルーフと併せ、バリエーション豊富に仕上げられています。

デイズ1

【参照】デイズのボディカラー全17色
ハイウェイスター|2トーン
  1. ホワイトパール×プレミアムサンシャインオレンジメタリックルーフ
  2. スパークリングレッドメタリック×ブラックパールルーフ
  3. アッシュブラウンメタリック×フローズンバニラパールルーフ
  4. ソーダブルー×アッシュブラウンメタリックルーフ
ハイウェイスター|モノトーン
  1. ホワイトパール
  2. プレミアムサンシャインオレンジメタリック
  3. オーシャンブルーパール
  4. プレミアムパープルパール
  5. スパークリングレッドメタリック
  6. チタニウムグレーメタリック
  7. ブラックパール
デイズ
  1. ホワイト
  2. ホワイトパール
  3. スターリングシルバーメタリック
  4. ソーダブルー
  5. ブロッサムピンクメタリック
  6. プレミアムサンシャインオレンジメタリック
  7. オーシャンブルーパール
  8. スパークリングレッドメタリック
  9. プレミアムオリーブメタリック
  10. アッシュブラウンメタリック
  11. ブラックパール

新型ノートの内装インテリア

スライドドア採用コンパクトミニバンとして3列シート7人乗りが設定されるため、シートアレンジに工夫されます。

それに伴ってシート素材のバリエーションを追加。

また、シエンタFUN BASE/フリード+のような2列シート5人乗りも設定します。

機器の類ではインパネヘッドアップディスプレイ装備が考えられます。

新モデルとして全面的にデザインコンセプトが変更され、現行の雰囲気から脱するインテリアになるでしょう。

新型ノートのパワートレイン

新型ノートもガソリンエンジン仕様・e-POWER仕様を設定します。

【ガソリン車】

候補は1.5L/NAガソリン/1.6Lターボ。

トランスミッションもCVTを改良して継続します。

【e-POWER】

発電用1.2Lエンジンは現行を継続。

モーターパワーや排気量を向上する仕様に変更される可能性もあります。

スライドドアを採用して車重も増えるため、そこに合わせたチューニングに設定されるでしょう。

燃費

e-POWERの燃費は39.0~42.0km/L予想。

現行以上の燃費性能を達成するでしょう。

4WD採用

ガソリン車・e-POWER車ともに継続採用されます。

新型ノートの予防安全装備/運転支援技術NISSAN INTELLIGENT MOBILITY

標識認識機能の搭載や衝突被害低減ブレーキの検知性能向上を果たします。

軽自動車デイズに運転支援技術プロパイロットを搭載しました。

新型ノートもプロパイロット搭載は確実です。


 

【2019年10月28日】ノート特別仕様車Vセレクション設定

ノート特別仕様車Vセレクションのベースグレード

  1. e-POWER X
  2. e-POWER X FOUR
  3. X

人気オプションを標準装備する特別仕様車となります。

e-POWERモデル特別装備

  1. LEDヘッドランプ
  2. インテリジェントアラウンドビューモニター
  3. インテリジェントルームミラー
  4. ヒーター付きドアミラー
  5. 日産オリジナルナビパッケージ
  6. ステアリングスイッチ

Xモデル特別装備

  1. オートエアコン+外気温度計
  2. ピアノ調フィニッシャー(センター/サイド)
  3. 日産オリジナルナビ取付パッケージ
  4. ステアリングスイッチ

価格

e-POWER X Vセレクション
2,196,700円
e-POWER X FOUR Vセレクション
2,416,700円
X Vセレクション
1,579,600円

追伸情報

【ノートに続くか?】日産キューブ後継新型モデル情報

ノートとキューブの立ち位置は、トヨタで言うシエンタとルーミー/タンクの関係になるかも?

画像引用元:https://www.carscoops.com

ノートe-power発電エンジン【アイドリング音】

Return Top