Read Article

日産ノートe-POWER新型モデルチェンジ情報2020年8月発売|予想価格150~260万円スライドドア採用ガソリン車も設定

ノートに2020年フルモデルチェンジの情報が出ています。サイズは、現行モデルを踏襲するものと予想され、e-POWER採用も継続します。

現行ノートは、新パワートレーンを採用し目を惹いたものの、走りに関してライバルより遅れた印象があります。

新型では、プラットフォームやサスペンションを新開発して採用、そして、ファミリー向けにスライドドアを新規採用するため、ボディ剛性の向上も図られます。

また、パワートレーンにはガソリン車も設定されるので、エンジンとトランスミッションが新開発されるとの情報です。

抜かりのない進化により、e-POWERのみならず、モデル全体で魅力の底上げがなされます。

スポンサードリンク

日産ノート新型モデルチェンジ情報2020

新型ノート
  • 全長
  • 全幅
  • 全高
  • ホイールベース
  • 重量
  • エンジン
  • エンジン出力
  • モーター出力
  • トランスミッション
e-POWER
  • 4110mm
  • 1695mm
  • 1500mm
  • 2600mm
  • 1240kg
  • 1.2L直3+モーター
  • 80ps/10.9kgm
  • 112ps/26.2kgm

新型ノートのエクステリアはキープコンセプト

新型ノートのデザインテーマやシルエットはキープコンセプトとなり、現行よりは直線的なラインの増えるフォルム形状になります。

”Vモーショングリル”は、マイナーチェンジ後のセレナに見られる大きな逆台形型を採用し、バンパーに縦型LEDフォグランプと造形の派手なエアインテークを設けるデザインで予想が出ています。

スライドドアを採用するため、現行よりも若干全高が延びているように見え、ライバルとなるシエンタを思わせるフォルムが印象的です。

採用ヘッドライト予想

中国仕様・新型シルフィのようなLEDヘッドライトを採用する可能性が高いです。ミニバンに見合う肉厚な形状で、下記画像よりも意匠が鋭く描かれています。

シルフィ5

また、エルグランドやセレナに見られるデザイン処理が予想されます。下記画像のように、リアウィンドウからバックドア上部にかけて、”ブラックで統一”するデザインとなります。

シルフィ5

新型ノートのボディカラー

現行でもカラフルなボディカラーのラインナップは、さらに個性を押し出すために種類が増えるでしょう。

新型デイズは、17種類のカラーバリエーションを用意しました。標準&ハイウェイスターともにです。

2トーンルーフに、プレミアムサンシャインオレンジやフローズンバニラパール、アッシュブラウンを加えて、通常のブラック・ホワイトのルーフと併せ、バリエーション豊富に仕上げられています。

デイズ1

【参照】デイズのボディカラー全17色
ハイウェイスター|2トーン
  1. ホワイトパール×プレミアムサンシャインオレンジメタリックルーフ
  2. スパークリングレッドメタリック×ブラックパールルーフ
  3. アッシュブラウンメタリック×フローズンバニラパールルーフ
  4. ソーダブルー×アッシュブラウンメタリックルーフ
ハイウェイスター|モノトーン
  1. ホワイトパール
  2. プレミアムサンシャインオレンジメタリック
  3. オーシャンブルーパール
  4. プレミアムパープルパール
  5. スパークリングレッドメタリック
  6. チタニウムグレーメタリック
  7. ブラックパール
デイズ
  1. ホワイト
  2. ホワイトパール
  3. スターリングシルバーメタリック
  4. ソーダブルー
  5. ブロッサムピンクメタリック
  6. プレミアムサンシャインオレンジメタリック
  7. オーシャンブルーパール
  8. スパークリングレッドメタリック
  9. プレミアムオリーブメタリック
  10. アッシュブラウンメタリック
  11. ブラックパール

新型ノートの内装インテリア

  1. シート素材のバリエーション追加
  2. インパネヘッドアップディスプレイ装備

などが考えられます。全面的にデザインは変更され、現行の雰囲気から一皮むけたインテリアになるでしょう。

新型ノートのパワートレーン変更点

新型ノートもガソリンエンジン仕様・e-POWER仕様を設定します。

ガソリンエンジン仕様

e-POWERに押されて陰が薄くならないように、ガソリン仕様のエンジン性能を向上し、トランスミッションもCVTを改良して継続します。

e-POWER仕様

発電用1.2Lエンジンは、ジューク同様、”モーターパワーや排気量を向上”する仕様に変更される可能性があります。スライドドアを採用して車重も増えるため、そこに合わせたチューニングに設定されるでしょう。

燃費

メイングレードのe-POWERでJC08モード36km/L、燃費特化グレードで40km/L程度の数値を目指すものと考えられ、現行以上の燃費性能を達成するでしょう。

4WD採用

ガソリン車・e-POWER車ともに継続採用されます。

新型ノートの先進安全装備

標識認識機能の搭載や衝突被害低減ブレーキの検知性能向上が考えられます。また、軽自動車デイズに運転支援技術プロパイロットが搭載されたため、新型ノートへのプロパイロット搭載は確実です。

追伸情報

関連記事

画像引用元:https://www.carscoops.com

Return Top