新車発売情報Labo

Read Article

日産ノートフルモデルチェンジ情報2020年9月発売|予想価格200~250万円スライドドア採用ガソリン車も設定

日産のコンパクトカー、ノートのフルモデルチェンジの時期がそう遠くないと見られています。2020年9月登場予定です。

基本的にはメカニズムも含めてキープコンセプト、アップデートのフルモデルチェンジになると見られ、スライドドア、3列シート車に関しては派生車になる可能性が濃厚でしょう。

ノート○○のようなネーミングで販売されることはありえます。
エクストレイルのように3列シート仕様と2列シート仕様が同一名称で販売されることはないでしょう。

新型ノート
  • 全長
  • 全幅
  • 全高
  • ホイールベース
  • 重量
  • エンジン
  • エンジン出力
  • モーター出力
  • 燃費
e-POWER
  • 4100mm
  • 1695mm
  • 1500mm
  • 2600mm
  • 1240kg
  • 1.2L直3+モーター
  • 79ps/10.5kgm
  • 150ps/35.0kgm
  • 39-42


ノートフルモデルチェンジ後のエクステリア

シルフィ5

ノートのフルモデルチェンジのエクステリアデザインのヒントになるコンセプトカーなどは登場していません。
日産は最近リフレクター方式のLEDヘッドライトを装備している傾向があり、ヘッドライトには変化があると見ていいでしょう。

また、欧州で販売されているマイクラのデザイン要素を取り入れるかもしれません。

また、日産のコンセプトカーの傾向からVモーショングリルの継続は確実でしょう。
ボディサイズは小さくなることはありえず、4mを切るサイズに戻ることはなく、5ナンバーは維持されると考えられます。


ノートフルモデルチェンジ後の内装

ノートオーテック

ノートはプラットフォームの変化を伴わないモデルチェンジであれば、ほぼシート部分には変化がなく、

  • インパネ部分の最新テクノロジーの搭載
  • 大型ディスプレイの搭載

などによる刷新が行われるでしょう。

ノートフルモデルチェンジ後のパワートレイン

e-POWER Drive

e-POWERに関しては燃費性能をアップデートして継続採用され、エンジンのみでの走行モードは追加されないでしょう。

ガソリンエンジンに関しては現行の1.2Lベースの性能アップの可能性が最も高いです。
マイクラに搭載される1.0L100馬力のターボエンジンの搭載も期待されます。

変速機に関しては変化がないと見ていいでしょう。プラグインハイブリッド機能追加の可能性も低めです。

ノートe-POWER燃費

e-POWERの燃費は39.0~42.0km/L予想。現行以上の燃費性能を達成するでしょう。

ノートに4WD採用

ガソリン車・e-POWER車ともに継続採用されます。

【ガソリン車】

ノート次世代型ガソリンパワートレイン候補は1.5L/NAガソリン/1.6Lターボ。
トランスミッションもCVTを改良して継続します。

プラットフォームの全面刷新はあるか

ノートのフルモデルチェンジにおいて、今後導入予定の新型小型SUVキックスが海外ではすでに販売されているものを改良し、新たなプラットフォームを採用しないことから、可能性はやや下がるといえるでしょう。

ノートのフルモデルチェンジの先進装備

NISSAN INTELLIGENT MOBILITY

現行ノートには運転支援システムプロパイロットは搭載されていません。フルモデルチェンジによって搭載されることは確実です。

プロパイロット2.0はナビが必須で高価格なため、搭載されるとしても最上級グレードに絞られるでしょう。


日産ノートフルモデルチェンジ情報Labo

日産キューブ後継新型モデル情報

画像引用元:https://www.carscoops.com
Return Top