Read Article

スポンサードリンク

新型アルトワークス|2トーンルーフモデル設定|2020年前半予想

スズキはハッチバック型軽自動車「アルト」のホットハッチモデルである「アルトワークス」を2020年にフルモデルチェンジするとの情報が入って来ました。

今回は新型アルトワークスに関する情報を紹介したいと思います。

 

スポンサードリンク

 

新型アルトワークスのエクステリアデザイン

新型アルトワークスの基本的なエクステリアデザインは現行モデルからキープコンセプトになるとされています。

また、現行型アルトで採用されていた独自の2トーンバックドアに代わって、2トーンルーフモデルがアルトワークスにも採用される可能性があります。

しかし、インドスズキはアルトをSUVとして売り出し、コンセプトMaruti Future Sのデザインを採用するとの情報が見られます。

この動きが日本市場にどう影響するのか。

次期型は軽快さや親しみを持ったデザインから、一気に未来志向に振った新たなスズキの挑戦を目撃することになるのかに注目です。

 

 

新型アルトワークスのインテリアデザイン

新型アルトワークスのインテリアデザインは、現行モデルと同様にシンプルでかつ使い勝手に優れたデザインとなる見込みです。

しかし、室内空間の広さに関しては設計を基礎から見直すことにより、現行モデルより余裕ある室内空間を実現します。

▽Maruti Future SのインテリアMaruti Suzuki Future S Concept6Maruti Suzuki Future S Concept5

 

 

新型アルトワークスのシャシーやボディ

新型アルトワークスのシャシーには、スズキの新プラットホーム「HEARTECT(ハーテクト)」の改良型が導入される見込みとなっています。

現行型アルトでも既にHEARTECTを導入していて、サスペンションパーツを骨格パーツの一部として利用するなど、車体の軽量化と高剛性化の両立を図っています。

 

改良型では更に前後サスペンションストロークを拡大させ、ねじり剛性を強化することにより、乗り心地の良さと走行性能の向上を実現させる見込みです。

また、軽量化を実現するためにボディの980MPa級高張力鋼板の使用率のアップが行われることが考えられます。

 

 

新型アルトワークスのパワートレイン

新型アルトワークスに搭載されるエンジンは従来モデルと同様にR06A型ターボエンジンとなる可能性が高いです。

しかし、シリンダーヘッドやエキゾーストマニホールド、ターボチャージャーの見直しが実施され、ターボラグの改善や最大トルクの向上を実現することが考えられます。

 

また、このエンジンに組み合わされるトランスミッションは1速から4速をクロスレシオ化した、専用ショートストロークシフトの5速MTと、専用チューニングが施された変速制御プログラムを採用した5速AGS(ロボタイズドMT)となる見込みです。

 

 

新型アルトワークスの先進安全技術

新型アルトワークスに採用される先進安全技術は、2018年12月に実施された現行型アルトワークスに搭載された単眼カメラとレーザーレーダーを組み合わせた「デュアルセンサーブレーキサポート」を継続して搭載する見込みです。

しかし、新型アルトワークスではデュアルセンサーブレーキサポートの作動速度域や作動精度の向上といった改良が行われるほか、新たな機能が追加されることが考えられます。

このデュアルセンサーブレーキサポートの他にも、

「エマージェンシーストップシグナル」や「ヒルホールドコントロール」、「ESP(車両走行安定補助システム)」、「後退時ブレーキサポート」、「後方誤発進抑制機能」等の機能を搭載していることが予想されます。

 

 

新型アルトワークスの販売時期

新型アルトワークスが販売開始するタイミングは新型アルトのノーマルモデルが発売開始した後になると予想されています。

新型アルトのノーマルモデルは順調に開発が進むと2019年10月頃と予想されており、新型アルトワークスは2020年前半に登場する見込みです。

 

 

新型アルトワークスの予想販売価格

新型アルトワークスの予想販売価格は先進安全技術の進化に伴って、現行モデルから価格アップすることが予想されています。

しかし、アルトワークスはベーシックモデルということもあり価格の上昇幅は最低限に抑えられるので155万〜170万円前後になると予想します。

 

 

新型アルトワークスの現行モデルは約15年振りの復活

軽自動車という限られた枠の中で、車を小さく軽くつくることにかけては世界有数の技術力と情熱を持ったスズキが670kgという驚くべき軽さを実現したことで話題となりました。

この軽量なプラットフォームにパンチの効いた直列3気筒インタークーラー付きターボエンジンや、クロスレシオの5速マニュアルミッションを組み合わせることで、小柄な車でありながら痛快な走りが楽しめるモデルとなっています。

 

この路線はアルトワークスがヒットモデルとなったことから新型アルトワークスにも引き継がれることは確実で、プラットフォームはより軽量化と高剛性化を目指すと共に、

スポーツモデルに相応しい高トルクとレスポンスを持った高揚感あるエンジンが組み合わされることで、現行モデル以上に過激な走りが楽しめるモデルになるでしょう。

 

 

追伸情報

関連記事

「スポーツ」フルモデルチェンジ一覧

画像引用元:https://www.carscoops.com/

Return Top