新型アルトワークス2022年10月に期待|新開発ターボR06D型エンジン搭載

新型アルトワークスは2022年登場?
発売時期って決まったのかな?デザインはどうなるの?

新型アルトワークスは2022年10月登場が期待されています。

アルトのノーマルモデルが世界情勢の影響で

発売時期が1年近く延びてるからワークスも遅れてるんでしょうね。

R06D型初のターボ搭載

  • ロングストローク化
  • 中速度域トルク向上
  • 応答性上昇
  • 燃費改善

しかし新型アルトワークスも

2035年ガソリン車販売禁止の影響を受けます。

スズキの軽、最終ガソリンスポーツになる可能性もあります。

  • 全長
  • 全幅
  • 全高
  • ホイールベース
  • 重量
  • エンジン
  • 最高出力
  • 最大トルク
  • トランスミッション
  • 駆動
  • 3395mm
  • 1475mm
  • 1500mm
  • 2460mm
  • 670kg
  • 0.66L直3ターボ
  • 64ps/6000rpm
  • 10.2kgm
  • 5速AT
  • 2WD/4WD

予想価格

0

0

新型アルトワークスの予想エクステリアデザイン

スクエアなフロントマスク意匠を採用し

レトロ&カジュアルな雰囲気を持たせます。

スズキのコンセプトに予想されるデザインを探すと

こういったモデルも浮かびます。

ヘッドライト・グリルの意匠は

現行を進化と共に落ち着きを取り戻します。

魅力高い塊感が与えられるデザインへ

新型アルトワークスはパーツとフォルムの一致率が高く

軽のコンパクトな車体ゆえの塊感を完成させます。

  • グリル
  • フロントリップスポイラー
  • リアハッチ
  • ホイール

をブラックアウトする予想です。

ここに大径ホイール&タイヤを合わせる

ギャップ萌えに期待がかかります。

 

シャシー・足回り改良

新型アルトワークスのシャシーはすでに

HEARTECT(ハーテクト)を採用しています。

新開発にはならず改良が実施されて向上を果たす予想です。

同スズキの新型スイフトスポーツ

  • 同ハーテクト改良型
  • 新開発プラットフォーム

どちらかの選択肢が用意されています。

発売時期の前後と上級仕様の扱い差により

ワークスには改良型の可能性が高いですね。

乗り心地と走行性能の向上

  • ボディ高張力鋼板の使用率増
  • 改良による増加分の軽量化も実現
  • 前後サスペンションストローク拡大
  • ねじり剛性強化

によって現行比改善が図られます。

 

新型アルトワークスの内装デザイン予想

現行モデルのシンプルさは

使い勝手の向上で質感が感じられる配置となるでしょう。

室内設計の見直し

こちらも配置を見直すことで

現行より余裕ある室内空間を実現します。

 

新型アルトワークスのパワートレイン予想

搭載10年経過のR06A型エンジン終了

新開発”R06D型”のターボエンジンに置き換えられます。

  • トルク
  • アクセルの反応性
  • 燃費性能

向上も見込めます。

R06D型の自然吸気エンジンはすでに

ワゴンRや新型ワゴンRスマイルに搭載中です。

 

トランスミッション予想

1速~4速ギヤをクロスレシオ化。

専用ショートストロークシフトの5速MTを採用します。

専用チューニングの変速制御プログラムも実施。

 

新型アルトワークスの燃費予想

アルトで40キロを超えるカタログ燃費を目標にしています。

現行アルト
  • アルト(NA)
  • ワークス(ターボ)
燃費
  • 37.0km/L
  • 23.6km/L

 

新型アルトワークスの先進安全装備

デュアルセンサーブレーキサポート継続

単眼カメラ+レーザーレーダー搭載。

  • 作動速度域
  • 作動精度

に向上が図られるでしょう。

その他の追加される機能を考察

  • エマージェンシーストップシグナル
  • ヒルホールドコントロール
  • 車両走行安定補助システム
  • 後退時ブレーキサポート
  • 後方誤発進抑制機能

を搭載すると予想されます。

 

現行アルトワークスは15年ぶり復活モデル

670kgの軽さを実現したことで話題となりました。

軽自動車という限られた枠の中で

  • 車を小さく軽く作る

ことにかけて世界有数の技術力と情熱を持っているのが

スズキ株式会社です。

軽量プラットフォーム+直3ターボエンジン搭載

クロスレシオの5速マニュアルミッションを組み合わせ

小柄な車でも痛快な走りが楽しめるモデルです。

アルトワークスがヒットモデルとなったことから始まり

新型アルトワークスにも引き継がれることは確実です。

プラットフォームはより軽量化と高剛性化を目指します。

スポーツモデルに相応しい

高トルクとレスポンスを持つ高揚感あるエンジンで

現行モデル以上に過激な走りが楽しめるモデルになります。

新型アルト情報はこちら。

ライバルホンダN-ONE RS情報はこちら。

クルマ雑誌読むなら読み放題のKindle Unlimitedで得しよう。

読めるクルマ雑誌

ベストカー・カートップ・ニューモデル速報・Motor Fan・RALLY CARS・名車アーカイブ・STYLE WAGON・スタイルRV・WAGONIST・REV SPEED・driver・CAR and DRIVER・ル ボラン・ENGINE・G-ワークス・GENROQ・Honda Style・GERMAN CARS・Car Goods Magazineなど