Read Article

スポンサードリンク

新型ヤリス|4種類の豊富なパワートレインを搭載&GR設定|2019年秋発売予想

ヴィッツは1999年に働く女性をターゲットにヨーロピアン調のスタイルで鮮烈なデビューを果たし大ヒットとなって以来、トヨタのコンパクトカー部門をけん引してきました。

初代モデルからヤリスという車名で欧州でも販売されてきたのですが、2019年に4代目にフルモデルチェンジをするにあたって、

ヴィッツではなく世界統一名のヤリスとして生まれ変わるようです。

世界ラリー選手権(WRC)でも優勝を果たし、コンパクトスポーツのイメージが定着しつつあるヤリスは、いったいどんな車となるのでしょうか。

▽ヤリスWRCYARIS

新型ヤリス(次期ヴィッツ)|フルモデルチェンジ概要

  • フルモデルチェンジでヴィッツブランド廃止
  • ヤリス(YARIS)へブランドを統一
  • フォードフィエスタ似のグリル
  • 5ドアハッチバックデザイン
  • TNGA技術採用でボディの低重心化&ドライビングポジションを低く変更
  • 3気筒1.0L&1.3Lガソリン/3気筒1.5Lガソリン&1.5Lハイブリッド搭載
  • 4WD搭載(3気筒1.5Lガソリン&1.5Lハイブリッド):2020年2月発売予想

 

スポンサードリンク

 

新型ヤリスのエクステリア

新型プラットフォームが採用された低重心のエクステリア

現在トヨタ車は順次新世代プラットフォーム「トヨタ・ニューグローバルアーキテクチャー」を採用しています。

新型ヤリスにも新世代プラットフォームが採用され、それにより車高が現行よりも25mmほど低くなります。

その結果、どっしりとした低重心なスタイルに変わります。

特にスポーツモデルのGRは車幅もワイドになるために、より一層低重心かつスポーティなスタイルとなるでしょう。

ボディサイズ予想
  • 全長:3940mm
  • 全幅:1695mm
  • 全高:1475mm

 

ただ、ヨーロッパでも人気の2トーンカラーのボディやシート表皮にしたり、質感の高いおしゃれな内装が与えられるなど、従来からのユーザーの要望にもしっかりと応えるデザインが採用されます。

Ford Fiesta似のフロントマスクでメッキ横桟(よこざん)形状になる、との情報も出ていました。

Ford Fiesta1 Ford Fiesta2 Ford Fiesta3

”フォードみたいな”という理由からか、米国でデミオデザインの新型ヤリスがスクープされました。

Yaris1

ヘッドライト周りはデミオでセダンタイプとなっています。グリルはトヨタの主流デザインですね。(大開口グリル)

しかし、メッシュタイプのスポーティなグリルになっています。

これまでのヴィッツの伝統を打ち破り、このタイプで新型ヤリスを登場させるのでしょうか。

 

スクープ画像がセダン型ということと、ヤリスがデミオデザインで登場するということは、デミオセダンが日本でも発売される可能性が出てきましたね。

 

 

新型ヤリスの予想インテリア

Yaris2

上記はスクープと一緒に掲載されていた画像になります。これはデミオのインテリアですね。

 

当初新型ヤリスのインテリアデザインは、時期的にカローラシリーズの質感に準じるものだと思われましたがデミオのものになりそうですね。

新型カローラハッチバック2カローラ ハッチバックカローラ ハッチバック3カローラ ハッチバック5カローラ ハッチバック6カローラ ハッチバック7

 

 

新型ヤリスにも豊富なパワートレインを搭載

パワートレインは72psを発揮する直列3気筒1.0Lガソリン、105psを発揮する直列3気筒1.3Lガソリン、125psを発揮する直列3気筒1.5Lガソリン、

そして直列4気筒1.5L+電気モーターのハイブリッドの4種類です。

3気筒ガソリンエンジンは新開発となり、気筒数を削減することでより高い出力と環境性能を実現します。

ハイブリッドについては、燃費が36km/Lと向上し、後輪にもモーターを装着することで4WDも用意されます。

雪国のドライバーにとっては待望の4WDハイブリッドとなることでしょう。

ガソリン

  • 1.0Lガソリン(3気筒)
  • 1.3Lガソリン(3気筒)
  • 1.5Lガソリン(3気筒)|現行GR/GR SPORT搭載

ハイブリッド

  • 1.5Lハイブリッド
  • アクアの1.5L+THSハイブリッドシステム
  • FF駆動

 

 

新型ヤリスにGR SPORT/GR/GRMN設定|2020年秋発売予想

世界ラリー選手権優勝カーとして、やはり注目されるのがGRモデルでしょう。

エンジンは250psを発揮する直列3気筒1.6Lガソリンターボが搭載され、6速マニュアルトランスミッションを選ぶこともできます。

ハイパワーエンジンに受け止めるサスペンションも専用にチューンされ、安心感のある足回りを実現。

そして嬉しいのは価格で、現行のヴィッツGRMNが400万円とかなり高額なイメージであったのに対して、

新型はベース車で320万円程度からに抑えられ、標準的なモデルで380万円前後と現行モデルよりも安くなるようです。

注目のGRモデルのスペックは?

  • 1.6L直噴3気筒ターボ
  • 250ps
  • トランスミッション:6MT
  • 駆動:4WD
  • タイヤ:225/40R18
  • 価格:320万円~

 

 

新型ヤリスの先進安全性能

新型ヤリスでは先進安全性能については、第2世代に進化した予防安全装備がパッケージ化された「Toyota Safety Sense」が装備され、安全性が大きく向上します。

注:現行ヴィッツも2018年にToyota Safety Senseを採用しています。

特に、単眼カメラとミリ波レーダーの性能がアップし、より高度な状況からの高い予防安全性能を確保しています。

現行モデルに搭載されている安全装備と比較すると、夜間の歩行者や自転車を検知したり、レーントレーシングアシストやロードアシストなどが可能です。

さらに、バックしているときに左右後方から車が接近してくると、ドアミラー内のインジケーターが点滅し、ブザーでも警告してくれるリヤクロストラフィックアラートなども搭載されています。

 

 

新型ヤリスの価格

世界戦略車として低コスト化が徹底されるため、現行モデルとほぼ同等の価格が設定されると予想されています。

性能が大きくアップしながらも価格が抑えられれば、実質的には値下げとも言えます。

同社のコンパクトハイブリッドカーのアクアや格上のカローラスポーツとの関係からも、それらの価格を上回ることはないでしょう。

1.0Lモデルは120万円程度から、ハイブリッドモデルは180万円程度から、

売れ筋の1.3Lおよび1.5Lは150万円前後となると予想されます。

また現行モデルのように、様々な特別仕様車を用意したり、内外装のオプション装備も用意されることでしょう。

 

 

追伸情報

関連記事

「コンパクト」フルモデルチェンジ一覧

画像引用元:https://www.carscoops.com

Return Top