【記事更新】GRMNスープラ 2023年春登場予想『200台限定?』RZベース550ps仕様

↑画像はGRスープラGT4 EVO。

2023年1月にレースデビューするモデルです。

フェアレディZ同様、レースモデル(Z GT4)が表に出てきました。

この動きを経て、Gazoo Racingのレース技術が還元されたGRMN登場が近づいていると感じます。

市販化はGRスープラ最上級RZベース

予想価格は10,000,000円(200台限定?)

GRスープラ最上級RZベースで

  • ボディ各所や新規エアロパーツ装備
  • 大型GTウイング
  • カーボン採用(車重抑制目的)
  • ボディ剛性向上
  • スポット溶接追加
  • 足回り変更

などサーキット特化チューニングが行われます。

GRスープラGT4 EVOはまさに同じような装備のモデルですよね。

パワートレインも特別仕様

RZチューニング仕様の3.0L直6ツインターボエンジン。

出力550ps/トルク67.0kgm予定。

トランスミッションに2つのクラッチを自動制御してくれる7速DCTが採用されます。

そして

GRスープラは2025年生産終了?

GRMN登場後、数回のマイナーチェンジを経て特別モデルは続くでしょう。

その後、2025年で生産を終える予定との予想です。

スペシャルモデルGRNMを手にしておきたい方は注目のモデルとなります。

しかしトヨタに限定しなければ、特別仕様車を手に入れる選択肢はあります。

フェアレディZ NISMOも登場?

フェアレディZ NISMO 2023年夏登場予想|Z GT4公開で可能性見えてきた?

 




予想ボディサイズ

  • 全長
  • 全幅
  • 全高
  • ホイールベース
  • 重量
  • 4410mm
  • 1900mm
  • 1285mm
  • 2470mm
  • 1580kg

 

パワートレイン

ベースとなるRZグレードの340psエンジン搭載

GRMN専用チューニングにより520psまで出力アップ。

スペック予想は以下の通りです。

  • エンジン
  • 最高出力
  • 最大トルク
  • トランスミッション
  • 駆動
  • 3.0L直6ターボ
  • 520ps
  • 67.0kgm
  • 7速DCT
  • FR

使用エンジンは『BMW M3・M4』が積む、直6 3.0Lターボ(510ps)の再チューニングと言われています。

トランスミッションに7速DCT採用

ツインクラッチ自動制御MTをトヨタ初採用

2つのクラッチを持ち、電子制御によって操作は自動で行われます。

メジャーなATのトルクコンバーターロスがありません。

クラッチ伝達の効率化によりスムーズな加速を味わえるトランスミッションです。

駆動

4WD化を行わず、FR仕様のまま登場します。

 

関連情報

フェアレディZ NISMO情報はこちら。

フェアレディZ情報はこちら。

GRスープラRZ6MT情報はこちら。




DAILY RANKING