ホンダ新型コンパクトSUV 2022年6月に期待|ヴェゼル下位シャトル後継モデル?

ホンダ新型SUVはそろそろ出る?2022年?
ホンダのコンパクトSUVはZR-Vのことなのかな?

ホンダ新型コンパクトSUVは2022年6月登場が期待されています。

ZR-Vという名称はホンダの商標登録(インド)が話題になったもの。

ホンダ新型SUVの本当の名称になる確証はありません。

 

新型コンパクトSUVの正体は?

全長を4000mm前後に抑えた5ナンバーモデルで

しっかりSUVとして作られる新作モデルです。

想定している他社モデルは

  • ダイハツロッキー(トヨタライズ)
  • スズキクロスビー

がライバルになります。

ダイハツロッキーe-SMART HYBRID情報はこちら。

じゃあ、WR-Vってモデルが海外(インド・ブラジル)で

販売されていたよね?あれがイメージになるの?と思います。

しかし、WR-Vは3代目フィットをSUVテイストにしたモデです。

 

新型はしっかりSUV。そして

ホンダ新型コンパクトSUVは

ロッキー・ライズ・クロスビーのような小さめSUVです。

新型ヴェゼルフィットクロスターの下位に当たります。

ヴェゼルより小さく、パワートレインには

  • 1.0Lターボ
  • 1.5Lハイブリッド
  • 1.5Lガソリン

搭載が予想されています。

 

そして新情報では

シャトル後継がこのモデル?

という匂わせ情報が出ています。

しかし、確証はありません。

シャトルは今さらワゴン型で

大きいパワートレインを積んでも売れない

という理由で、

新型コンパクトSUVと同じパワートレインが積まれ

SUVになったものがシャトル後継となるのではないか?

という結論に至っています。

登場予想時期も同じ時期に設定されています。

ホンダ新型シャトル2022年中期に期待|コンパクトSUVが後継モデル?

  • 全長
  • 全幅
  • 全高
  • ホイールベース
  • 重量
  • エンジン
  • 最高出力
  • 最大トルク
  • トランスミッション
  • 4100mm
  • 1695mm
  • 1600mm
  • 2550mm
  • 1180kg
  • 1.0L直3ターボ
  • 129ps/5500rpm
  • 18.4kgm
  • CVT

予想価格

0

0

ホンダ新型コンパクトSUVのエクステリア予想

外観のフロントマスク路線は新型ヴェゼルが本命です。

しかし、プラットフォームがフィットサイズになるため

フィットクロスターのデザイン性も採り入れられます。

 

コンパクトモデルという位置づけ

N-WGN・Honda eのようなイケてるコンパクトのデザインから

影響される部分も出てくるでしょう。

  • かわいく見せるか?
  • 豪華に魅せるか?
  • その中間なのか?

によってデザインが決まってきます。

 

LEDヘッドライト採用か?

ただのコンパクトSUVでは特徴が薄くなるため

外観の「目」には強い印象を持たせるでしょう。

シビックやオデッセイのヘッドライト意匠採用が考えられます。

 

足回り予想

こちらも唯一特徴を持たせることのできるパーツになります。

16インチサイズのアルミ&タイヤでどっしりとした印象を持たせ

上位モデルに17インチ設定など、さらに魅力を煽るでしょう。

 

ホンダ新型コンパクトSUVの内装予想

ホンダコンパクトSUVは全長4000mm前後のサイズなので

フィットベースの質感で

ヴェゼルの配置に近づけるといった工夫が見られるでしょう。

メーター周り

フィットデザインを踏襲するでしょう。

アウトドアユース考慮

SUVの特徴を持たせる部分なので

  • ラゲッジスペース
  • シートバック

撥水機能をもたせ、コンパクトでもアウトドア対応に手を抜きません。

シートアレンジは?

アウトドアで大量の荷物を載せる機会が多くなるので

現行フィットクロスター同等の

  • シートアレンジ
  • 収納スペースの確保

が採用されると予想します。

 

ホンダ新型コンパクトSUVのパワートレイン予想

↑※ヴェゼル

パワートレイン候補

  • 1.0Lガソリンターボ
  • 1.5L e:HEVハイブリッド

が搭載される予想になっています。

1.0Lガソリンターボ採用?

もう随分長く搭載が熱望されているエンジンです。

しかし、なかなか国内モデルに反映されません。

理由はそのサイズと駆動性が必要なモデルがないからでしょう。

 

ホンダ新型コンパクトSUVの登場はまだ可能性の範疇なものの

このモデルが登場すれば、1.0Lターボがついに必要となります。

129ps/18.4kgmを発揮するパワートレインです。

新型ホンダコンパクトSUVでようやく

搭載が実現するのかに注目ですね。

 

全モデルEV/FCV化を目指すホンダの本命はハイブリッド。

2モーター式e:HEVハイブリッド搭載

e:HEVハイブリッドシステムを1.5Lエンジンに組み合わせます。

エンジン最高出力は108ps・エンジン最大トルクは13.9kgm。

モーター最高出力125ps。

新型ホンダコンパクトSUVの燃費予想はWTLCモード33km/L程度。

トランスミッション

1.5ハイブリッドに新開発e-CVT採用。

4WD

駆動はガソリン・ハイブリッド共に2WD/4WDを設定予定。

 

ホンダ新型コンパクトSUVのHonda SENSING

ホンダ新型コンパクトSUVもフィット同等の予防安全装備搭載。

全タイプHonda SENSING標準装備

  • 夜間検知
  • 自転車検知

で機能更新。新規で搭載が進むであろう機能は

  • 後方誤発進抑制機能
  • 近距離衝突軽減ブレーキ
  • オートハイビーム

で、フィットにも搭載中。

ホンダ新型コンパクトSUV登場時期、標準装備になりそうです。

 

フィット更新機能は以下も同様です。

コネクテッドサービスHonda Total Careプレミアム更新

  • 自動地図更新サービス
  • Hondaアプリセンター
  • 車内Wi-Fi
  • プレミアムオーディオ(オプション)

Honda SENSINGとは|セダンから軽自動車まで幅広く搭載されるホンダ安全運転支援システム

ダイハツロッキーe-SMART HYBRID情報はこちら。

日産キックスe-POWER情報はこちら。