Read Article

ホンダ新型コンパクトSUVモデル情報2020年秋発売|予想価格190~250万円クロスビー対抗ヴェゼル下位1.0Lターボ/ハイブリッド

ホンダは、2020年中に新型コンパクトSUVを発売するとの情報です。

このモデルは、ヴェゼルより小さく、1.0Lターボエンジンと1.5Lハイブリッド(新型フィットと同等のハイブリッドシステム)の構成になると見られています。

サイズ・立ち位置的に、アジア地域で発売されるWR-Vが最も近いモデルです。

この新型コンパクトSUVの扱いが、”アジア販売のホンダシティをグレイスとして日本で発売したケース”になるのか、それともWR-Vと無関係の新型車になるかは、まだ不明です。

なお、WR-Vは3代目フィットと外観上共通部品があるため、新型コンパクトSUVがWR-V後継だった場合、4代目フィットと外観を共通する可能性があります。

スポンサードリンク

ホンダ新型コンパクトSUVモデル情報2020

  • 全長
  • 全幅
  • 全高
  • ホイールベース
  • 重量
  • エンジン
  • 最高出力
  • 最大トルク
  • トランスミッション
  • 4100mm
  • 1720mm
  • 1600mm
  • 2550mm
  • 1180kg
  • 1.0L直3ターボ
  • 129ps/5500rpm
  • 18.4kgm
  • CVT

ホンダ新型コンパクトSUVのエクステリア

4代目フィットのエクステリアをどれほど引き継ぐかに注目です。

WR-Vはフロントデザイン以外ほぼフィットです。

WR-V1

また、新型N-WGNやHonda eのような方向性を持ったデザインになることも考えられます。ただ、フィットと極端にデザインの異なるクーペSUVやスズキジムニー対抗のスタイルになる可能性は低めでしょう。


具体的な装備パーツとして、LEDヘッドライトはほぼ確定で、シビックのようなインライン式になるか、オデッセイのような方式になるかを楽しみにしたいところです。新型フィットは、インライン式ではないライトがスクープされています。

フィット1

足回りに16インチアルミホイールを採用する可能性は高く、17インチ以上を採用することはないでしょう。

なお、ルーフレールはグレードによって設定し、最低地上高は165mm程度確保されると思われます。

ホンダ新型コンパクトSUVのボディカラー

多くは新型フィットと共通になり、2トーンカラーの採用も考えられます。

ホンダ新型コンパクトSUVのインテリア

フィットベースとなる可能性が濃厚です。しかし、アウトドアユースを考え、ラゲッジスペースやシートバックに撥水機能をもたせることも考えられます。

フィット22

フィットベースのプラットフォーム採用は確実なので、最低でも現行フィットと同等のシートアレンジと収納スペースは確保されるでしょう。

メーター周りは、4代目フィットとデザインの共通性はあるとしても、ヘッドアップディスプレイ装備の可能性は低いと言えます。

ホンダ新型コンパクトSUVのパワートレーン

パワートレーンには、1.0Lガソリンターボと2モーター式1.5Lハイブリッド搭載との情報です。

1.0Lガソリンターボは、ヨーロッパや中国で採用されており129psです。出力をこれ以上の数値に設定する可能性は低いため、タウンユースを考慮した燃費重視の設定になるでしょう。

ターボ燃費は、WTLCモードで22km/Lが上限と思われます。

一方、2モーター式ハイブリッドの燃費は、4代目フィットと同等のものとなるはずです。ハイブリッドのスペックは明かされていません。

しかし、120ps程度で、WTLCモードで33km/Lは確保すると予想されます。

さらに、4WDはガソリン・ハイブリッドともに設定されるでしょう。また、全タイプにアジャイルハンドリングアシストの装備も確実と言えます。

ホンダ新型コンパクトSUVの安全装備

ホンダ新型コンパクトSUVにも新型フィットと同等の予防安全装備が搭載され、現行Honda SENSINGより検知性能は高くなるでしょう。

アダプティブクルーズコントロールの採用は確実で、トラフィックジャムアシスト採用の可能性は低いと言えます。

追伸情報

関連記事

画像引用元:http://www.carscoops.com/

Return Top