ホンダ新型コンパクトSUV 2023年春登場予想|ヴェゼル下位ZR-V姉妹車WR-V?

ホンダ新型コンパクトSUV(?)のティザーっぽい画像も出てきました。

これは海外の報道でWR-Vと呼ばれるインドネシアモデルです。

海外版ヴェゼル(HR-V)の下位モデルという紹介方法をとっています。

まだこのモデルが確定でもなく、ホンダ新型コンパクトSUVの予想情報(日本)は「ヴェゼルを100mm短くしたくらいのボディサイズの新型コンパクトが出る」との情報。

登場予想時期はZR-Vと同じなので、この2モデルで新型をプロモーションする計画のようですね。

(コンパクトSUVの日本登場はまだわかりませんが)

近い時期にコンパクトSUVも設定される予想ではあるものの、まだ公式からの発表はないですね。

パワートレイン候補

  • 1.5L e:HEV
  • 1.5Lガソリン
  • 1.0Lターボ

 




対抗(ライバル)となるモデル

ヤリスクロスのサイズ感なのがホンダ新型コンパクトSUVです。

ほか同じサイズのもの(ライバルになる車種)を集めてみます。

ロッキー(ライズ)

キックス

ジムニーシエラとなっています。

 

ホンダWR-Vがイメージ共通?

  • 全長
  • 全幅
  • 全高
  • 4000mm
  • 1734mm
  • 1599mm

しかし、この雰囲気はすでにフィットクロスターが役目を果たしていますよね。

WR-Vは3代目フィットをSUVテイストにしたモデルです。

 

予想価格

1.5L e:HEV 4WDで2,500,000円~予想。

ライバルをヤリスクロス・ロッキー(ライズ)・日産キックスのハイブリッド(2WD)に設定して比較するとこうなります。

価格比較
  • ホンダ新型(4WD)
  • ヤリスクロス
  • ロッキー(ライズ)
  • 日産キックス
  • 2,500,000円~
  • 2,284,000円~
  • 2,110,000円~
  • 2,798,400円~

ホンダ新型コンパクトSUVの予想価格の体感は日産キックスe-POWERやロッキー(ライズ)e-SMART HYBRIDの価格帯ですね。

特にキックスはe-POWER限定搭載モデルで、コンパクトの割には高いと感じるモデルです。

ロッキーは廉価版の1.2L NAガソリンモデルなら1,667,000円~とコンパクト価格。ですが、ハイブリッドとなると2,110,000円~です。

1.5L e:HEVの競合はシリーズハイブリッド搭載車です。

1.5Lガソリンであれば、廉価価格も狙えそうですね。

 

外観デザインは登場時期も近いZR-Vが本命

内外装ともにデザインが共通しそうですね。質感は落ちるかもしれませんが。

予想価格が250万円ですからね、そこそこの質感でしょう。

ボディサイズ|全長4000mm台(5ナンバー)

サイズ比較
  • 全長
  • 全幅
  • 全高
  • ホイールベース
  • 重量
新型ミニSUV
  • 4200mm
  • 1760mm
  • 1600mm
  • 2530mm
  • 1250kg
フィットクロスター
  • 4090mm
  • 1725mm
  • 1545mm
  • 2530mm
  • 1280kg

フィットベース?え?

しっかりSUVとして作られる新作クロスオーバーSUVでフィットをベースに作られるとの予想。

でもそれじゃあ旧WR-Vと変わらない程度の外観になりそうですね。

サイズ感

全長はフィットとフィットクロスターのサイズをもう少し大きくしたサイズ感予想。

ホイールベースはフィットクロスターと同等予想。

フィットは2022年に一部改良でフェイスリフトしました。

この改良を加えたフィットベースの新型コンパクトSUVということになります。

LEDヘッドライト採用?

ただのコンパクトSUVでは特徴がなくなります。

外観の「目」には強い印象を持たせるでしょう。

ティザーではヘッドライト形状が印象的。

なんかカローラっぽいですね。

ZR-Vもリアがカローラっぽいという人もいました。

この辺りは流行り廃りでデザインが近くなるのかもしれませんね。

足回り

こちらも唯一特徴を持たせることのできるパーツになります。

16インチサイズのアルミ&タイヤ(予想)でどっしりとした印象に。

上位モデルに17インチ設定など、魅力を煽るでしょう。

 

内装予想

フィットクラスの質感でZR-Vの配置に近いことが予想されます。

アウトドアユースも考慮!?(予想)え?

ZR-Vとの関係性やティザーを見る限り、アウトドアより『アーバン』寄りのモデルになりそうです。

ティザー画像に2トーンスタイルをわざわざ採用してますしね。

アウトドアは撥水機能のオプション設定で済まされそうな感じですね。

 

パワートレイン候補

  • 1.5L e:HEV(ハイブリッド)
  • 1.5Lガソリン
  • (1.0Lガソリンターボ)

搭載予想。

スペック
  • エンジン
  • 最高出力
  • 最大トルク
  • モーター出力
  • モータートルク
  • トランスミッション
1.5L e:HEV
  • 1.5L+2モーター
  • 100ps
  • 13.0kgm
  • 120ps
  • 26.0kgm
  • e-CVT
1.0Lターボ
  • 1.0L直3ターボ
  • 129ps/5500rpm
  • 18.4kgm
  • -kgm
  • -kgm
  • CVT

※予想燃費は4WDで24km/L

駆動

ガソリン・ハイブリッド共に2WD/4WDを設定予定。

1.0Lターボが実現すれば話題に!?

しかし全モデルEV/FCV化を目指すホンダの本命はハイブリッドです。

 

Honda SENSINGもフィット同等の予防安全装備搭載

全タイプHonda SENSING標準装備

  • 夜間検知
  • 自転車検知

で機能更新。新規で搭載が進むであろう機能は

  • 後方誤発進抑制機能
  • 近距離衝突軽減ブレーキ
  • オートハイビーム

で、フィットにも搭載中。ホンダ新型コンパクトSUV登場時期、標準装備になりそうです。

フィットで更新された機能は以下です。

コネクテッドサービスHonda Total Careプレミアム更新

  • 自動地図更新サービス
  • Hondaアプリセンター
  • 車内Wi-Fi
  • プレミアムオーディオ(オプション)

 

関連情報

ホンダZR-V情報はこちら。

フィット一部改良2022情報はこちら。

競合モデル

ヤリスクロス一部改良2022情報はこちら。

ロッキー(ライズ)情報はこちら。

キックス情報はこちら。

ジムニーシエラ一部改良2022情報はこちら。




DAILY RANKING