新車発売情報Labo

Read Article

スバルクロスオーバーEV新規モデル情報2020年発売|予想価格320~480万円トヨタ共同開発CセグメントSUV

スバルは2020年、クロスオーバーSUVをトヨタと共同開発で発売予定。

トヨタの電動化技術とスバルのAWD技術で両者の強みを持ちより、EV専用プラットフォームを開発。

シンプルなデザインを採用し、最新のバッテリー管理システム搭載により航続距離350キロ以上のモデルとなります。

内装には大型クロスオーバーEVの上級志向に合わせた”2列シート5人乗り”を採用すると考えられます。

安全装備にはToyota Safety Sense、スバルEyeSight両方の選択肢が出てきます。

電気自動車が普及していくのは富裕層からと仮定すれば、相応しい装備を搭載したモデルということができます。



スバルクロスオーバーEV新規モデル情報2020

  • 全長
  • 全幅
  • 全高
  • ホイールベース
  • 重量
  • 動力
  • 最高出力
  • 最大トルク
  • トランスミッション
  • 4510mm
  • 1790mm
  • 1540mm
  • 2710mm
  • 1530kg
  • モーター
  • 165ps
  • 34.0kgm

スバル新型EVクロスオーバー”専用ボディ”

クロスオーバーEV45

トヨタ共同開発なので”レクサス”系フォルムで、大人っぽい外観に仕上がっています。
EVのトレンドとしてフロントグリルが小さめ。

クロスオーバーEV5

スバル新型クロスオーバーEVがトヨタでも販売される場合、86とBR-Zの関係のようにバンパーを各社専用部品とすることが考えられます。

レクサスUX300e(EV)は2020年内に発売予定

また、レクサスはEVのコンセプトモデル・LF-30を東京モーターショー2019に出展し、積極的に電気自動車の開発を進めています。

LF-30 1LF-30 9LF-30 11

LF-30はCT系のデザインです。

スバル新型クロスオーバーEVはこのモデルにデザインの方向性を得て、エクステリアの開発が進んでいるのでしょう。

ボディカラー

スバル新型クロスオーバーEVはスバル上級車と同等のイメージで、車体色のラインナップは豊富に用意されると思われます。

【ボディカラー】を選ぶ基準


内装は大型クロスオーバーEVの性質から上級志向に

スバルクロスオーバーEVは一般的な2列シート5人乗りになる可能性が高いです。
高級モデルということから、多人数乗車を前提にしていないでしょう。

具体的な装備として、本革シートがオプション設定されるといった上級志向のグレード設定を行う可能性が高いです。

インパネ周りの装備には最新仕様を設定

スバルクロスオーバーEVは上級EVという性質から、RXのように優雅で正統派を貫くと考えられます。

RX25

SUVの車高を生かしてフロア下に大容量バッテリー搭載

スバルクロスオーバーEVは大容量バッテリーを搭載することで、WTLCモード航続距離350kmオーバーになるでしょう。
モーター出力は165psと言われます。

リチウムイオン電池だった場合、Cセグメントのボディサイズから考えて、300kmの航続距離は確保されそうです。

【バッテリー管理システム】搭載?

トヨタは海外有名大学と共同でリチウムイオンバッテリーの寿命を正確に予測するシステムを開発しています。
この技術はバッテリー容量をデータ化してAIと組み合わせた最新システムです。

これから訪れる電気自動車のモビリティ社会に備え、クルマが日常や社会生活を支えるでしょう。
エネルギー源である”電池”を過不足なく循環させる役割を担います。

スバルクロスオーバーEVの安全装備に最新機能

トヨタのToyota Safety Sense、スバルEyeSightで選択肢があります。

EVが普及していく段階で、より電気自動車に相応しい安全装備が選択搭載されるでしょう。


スバルクロスオーバーEV情報Labo

CASEとは|コネクト/自動運転/シェアリング/電気自動車

画像引用元:https://www.carscoops.com/

Return Top