トヨタ新型bZ4X 2022年夏?に期待|500km/L前後も走るEVシリーズ第一弾

トヨタ新型bZ4Xの日本発売日や予定はいつ?
トヨタ電気自動車SUVのサイズや航続距離を教えて。

トヨタ新型bZ4Xの日本発売はソルテラと同時期の

2022年夏?に期待されています。

 

TOYOTA bZ4XはTOYOTA bZ(ビーズィー)シリーズの第一弾EV

bZ(ビーズィー)とはbeyond Zero=Zero Emission以上の価値を生むもの

このEVはシリーズ化していく予定です。

 

新開発e-TNGAプラットフォーム採用

  • 駆動方式
  • ボディサイズ規模(セグメント)
  • モーター&バッテリーサイズ

を選ばず対応でき、

トヨタ新型bZ4XはミドルSUVサイズになります。

航続距離500(4WD460)km/L前後。

 

内装

ミドルサイズSUVに相応しい2列シート5人乗り採用。

通常SUVの基本的な室内空間が提供されています。

 

グレード別で異形ステアリングホイールや

ダイヤル式シフトといった目新しい装備を展開します。

 

安全装備

高度運転支援機能搭載が予想されます。

 

新型bZ4X
  • 全長
  • 全幅
  • 全高
  • ホイールベース
  • 重量
  • 動力
  • 最高出力
  • 最大トルク
  • 駆動
スペック
  • 4690mm
  • 1860mm
  • 1650mm
  • 2850mm
  • 1920-2005kg以上
  • モーター
  • 165ps
  • 34.0kgm
  • FWD/4WD

 

予想価格

3,200,000~4,800,000円

 

トヨタ新型bZ4Xのエクステリア

新型bZ4X
  • 全長
  • 全幅
  • 全高
  • ホイールベース
  • 重量
スペック
  • 4690mm
  • 1860mm
  • 1650mm
  • 2850mm
  • 1920-2005kg以上

RAV4よりも全高は低く20インチタイヤ&ホイール装備。

 

レクサス版も登場予想

レクサス版は外観も性能も

よりスポーツ性のあるLF-30のようなイメージになるようです。

新型bZ4Xはこのモデルからも

ヒントを得て開発されているんでしょうね。

 

トヨタbZ4Xのインテリア。

トヨタ新型bZ4Xの内装

新型bZ4X
  • 室内長
  • 室内幅
  • 室内高
  • 乗車定員
スペック
  • 1940mm
  • 1515mm
  • 1160mm
  • 5人

※前後シート間1000mm

後席は上下に広そうで乗り込みはしやすそうです。

足元空間はほどほどに確保されたいんしょうです。

 

目新しい装備

  • 異形ステアリングホイール
  • ダイヤル式シフト

このハンドルは一部グレード付属の装備で

先にEVの先進している中国市場から採用されるようです。

 

舵角が少ないハンドル

ステアリングホイールとタイヤの間にメカニカル結合のない

ステアバイワイヤシステムとの組み合わせになり

ハンドルをぐるぐる回す必要がなくなる仕様ですね。カッコイイ。

飛行機の操縦桿です。

 

ダイヤル式シフト

ステアリングのそばにのぞくコレです。

ダイアルでシフトチェンジします。

ハイエースのカスタムで有名だったみたいですね。

操作しやすさは置いといてスマートな運転が実現しますね。

未来感半端ないです。

 

バッテリーで狭くなりそうな内装を拡張できたのは

SUVの車高を生かし大容量バッテリーをフロア下に搭載

「でっかい板」と言えるほど大型のバッテリーを積むEVなので

上記画像のフロア下全体を使って電池が格納されています。

 

その大きさは想像してるより大きく

例えるなら、ミニ四駆の中に電池2本格納しているようなイメージ。

 

EVは大容量バッテリーを搭載しないと走行距離を伸ばせませんからね。

このような工夫をして

通常モデル並みに快適な室内空間が保たれているということです。

 

トヨタ新型bZ4Xのパワートレイン

モーター
モーター
  • Fモーター出力
  • Rモーター出力
  • システム出力
スペック
  • 150kW/80kW
  • – /80kW
  • 150kW/160kW

充電性能

充電
  • ACDC
性能
  • 6.6kW/最大150kW

 

一充電走行距離(WLTCモード)は?

一充電
  • FWD
  • 4WD
走行距離
  • 500km前後
  • 460km前後

 

トヨタ新型bZ4Xの予防安全装備はどうなる?

  • トヨタToyota Safety Sense
  • スバルEyeSight

で選択肢があり

スバルのアイサイトが採用されるなら

より自動運転に近づいたアイサイトXが設定できます。

 

でも新型bZ4X発売を機に

Toyota Safety Senseも支援機能拡張が行われ

トヨタチームメイトが搭載される良いタイミングですよね。

 

2022年以降EVが普及していくでしょうから、

電気自動車に相応しい安全装備が選択されるでしょう。

 

スバル新型ソルテラ情報はこちら。

レクサスLF-Z Electrified市販新型スポーツEV情報はこちら。



WEEKLY RANKING