新車発売情報

Read Article

トヨタクロスオーバーEV新型モデル情報2020年秋発売|予想価格320~480万円スバル共同開発

スポンサードリンク


トヨタは、2020年秋にクロスオーバータイプのEVをスバルと共同開発して発売します。

航続距離は350キロ以上、シンプルなデザイン、最新のバッテリー管理システムが採用されるとの情報です。

東京モーターショーか、それ以降の海外モーターショーでプロトタイプの発表があることはほぼ確実でしょう。

先に中国で発表されたC-HRのEVとは無関係であることもはっきりしています。

トヨタクロスオーバーEVについての情報をお届けします。

トヨタクロスオーバーEV新型モデル情報2020

  • 全長
  • 全幅
  • 全高
  • ホイールベース
  • 重量
  • 動力
  • 最高出力
  • 最大トルク
  • トランスミッション
  • 4510mm
  • 1790mm
  • 1540mm
  • 2710mm
  • 1530kg
  • モーター
  • 165ps
  • 34.0kgm

トヨタスバル共同開発クロスオーバーEVのエクステリア

トヨタ新型EVクロスオーバーには”専用のボディが与えられる”と情報が更新されています。

”UX系のフォルムでありつつ、大人しい外観に仕上がる”と予想されています。

スバル共同開発なので、XVやVIZIV ADRENALINE CONCEPTの特徴が盛り込まれる可能性も大きいです。


EVのトレンドとしてフロントグリルが小さめ、もしくは無いデザインの採用が考えられ、86とBR-Zの関係のようにバンパーを各メーカー専用部品とすることが考えられます。

UX300e

初めは、レクサスUXにEVを搭載するという情報でしたので、UX300eは参考になるでしょう。

レクサスは、ほかにもEVコンセプトを東京モーターショー2019に出展予定です。

レクサスEV1レクサスEV2

こちらのCT系デザインをクロスオーバーSUVの車高に仕上げると、トヨタスバル共同開発のクロスオーバーEVに近くなります。

ボディカラー

トヨタ上級車と同等のイメージで、色のラインナップは豊富に用意されるでしょう。

トヨタスバル共同開発クロスオーバーEVの内装・インテリア

大型クロスオーバーEVという性質から、上級志向のインテリアを用意します。一般的な2列シート5人乗りの可能性が高いです。

本革シートもオプション設定される可能性が高いでしょう。

インパネ周りは最新のものに準じた仕様が与えられ、ホンダeのような大型ディスプレイを採用するスタイルより、オーソドックスなものとなることが考えられます。

大型のマルチインフォメーションディスプレイは用意されるでしょう。

また、ヨーロッパ・アメリカでも販売予定なので、大型サンルーフの用意も考えられます。しかし、日本仕様に確実に搭載される可能性は低いです。

トヨタスバル共同開発クロスオーバーEVのパワートレーン

SUVの車高を生かして、フロア下に大容量バッテリーを搭載し、WTLCモードで航続距離350kmオーバーと言われています。

リチウムイオン電池でも、ボディサイズから300kmの航続距離は確保されると考えられます。

モーター出力は、165ps予想です。

バッテリー管理システム搭載?

トヨタは海外有名大学と共同で、リチウムイオンバッテリーの寿命を正確に予想するシステムを開発しています。

この技術は、バッテリー容量をデータ化してAIと組み合わせた最新のシステムになります。

トヨタスバル共同開発クロスオーバーEVの安全装備

当時最新のトヨタセーフティセンスが採用される可能性が高いと見られます。

または、トヨタセーフティセンス・アイサイトの最新機能を持つほうが用意されるでしょう。

追伸情報

画像引用元:https://lexusenthusiast.com

Return Top