Read Article

レクサス新型クーペSUV LQフラグシップモデル2021年発売予想|

レクサスに新型のクーペSUVである「LQ」が登場するという情報です。

2019年の東京モーターショー、2020年のニューヨークオートショー、2020年の北京モーターショーまでには、コンセプトモデルやプロトタイプモデルが発表されるものと考えられます。

なお、Lがつくネーミングのためラグジュアリー志向で、排気量も3.0L以上のものとなることが考えられます。

LQの予想価格はエンジンなどにもよる部分はありますが、フラッグシップという立ち位置から、1000万円~1200万円の範囲の価格になる可能性が高いでしょう。

スポンサードリンク

レクサス新型クーペSUV LQフラグシップモデル2021

レクサス新型クーペSUV「LQ」のエクステリアデザイン

レクサスでは2018年、デトロイトモーターショーにおいてフラッグシップ・クロスオーバーLF-1 Limitlessというコンセプトカーを展示しています。

LF-1 Limitless (3)LF-1 Limitless (7)

この車をクーペSUVというべきか、やや微妙な線でレクサスの解説の時点では「クーペ」などの表記は用いられていません。

レクサスのクーペであるLCやRCの流れをあまりくんでいないデザインではあり、屋根の傾斜などもなだらかでクーペと言うには遠い面もあります。

フロントのアグレッシブなデザインも含めヒントの一端になるデザインになるでしょう。

LCのイメージを残しつつ最低地上高や車高を高めたSUV的なデザインを持たす方向性も考えられます。

LF-1 Limitless (8)

ボディサイズは以下のような予想も出ています。

全長:5014mm
全幅:1986mm
全高:1605mm
ホイールベース:2974mm

スタイルを特に重視した場合、トヨタC-HRのように全高1550mm以下に収まるサイズとなることもありえるでしょう。

なおヒントの少ない状況ですが、「LQ」がクーペSUVと言っても他社同様4ドア+バックドアの構成になることは確定的で、2ドアクーペSUVの可能性は非常に低いと言えるでしょう。

レクサス新型クーペSUV「LQ」のボディカラー

レクサス新型クーペSUV「LQ」のボディカラーはLCなどと同じ系統になると考えられ、ツートンが採用された場合はブラックルーフとなるでしょう。

レクサス新型クーペSUV「LQ」のインテリアデザイン

レクサスクーペSUV「LQ」のインテリアは多少室内高さがレクサスのSUVより劣る可能性はあります。基本的な方向性はレクサスのSUVと同じものとなるでしょう。

LF-1 Limitless (1)

また、クーペスタイルといえど4ドアモデルのため5人乗りの可能性が高くなっています。車体サイズによってはリアシートにも電動リクライニングシートの設定もありえます。

フロント|装備&機能

LF-1 Limitless (2)

  1. モーションコントローラー
  2. ディスプレイ
  3. ステアリング
モーションコントローラー

ドライバーのジェスチャーを検知して操作。

ディスプレイ

直感的認識が可能な表示を採用。

ステアリング

パーキング・リバースなどのシフト操作を集約。

また、スタイルや輸出地域などの関係もあり、パノラマルーフの設定も用意されるでしょう。ハンズフリーバックドアの採用の可能性も確定的と言えます。

リア|装備&機能

  1. マルチオペレーションパネル
  2. 4Dナビゲーションシステム(タイムマネジメント可能)
マルチオペレーションパネル

エンターテインメントシステム・快適機能を一括操作可能。

4Dナビゲーションシステム

車両・交通の状況に応じた判断が可能。休憩・レストラン提案・ホテル予約などを可能に。

シフトレバー位置はインパネシフトとなる可能性が高く、ヘッドアップディスプレイの搭載の可能性も高いです。

レクサス新型クーペSUV「LQ」のパワートレーン

レクサス新型クーペSUV「LQ」にはハイブリッド車とガソリン車の設定があることはほぼ確実で、フラッグシップ車と言う立ち位置から、

ガソリンエンジン

LCと同じくV8・5.0Lの10速オートマチックとなることが考えられます。

情報は不確定な段階ではありますが、これ以上排気量が大きくなることはないでしょう。

またLSのV6・3.5Lターボエンジンの搭載のほうが価格面・サイズ面の観点から現実的かもしれません。

こちらも変速機は10速オートマチックとなります。

燃費は7km/L~9.0km/L台となることが考えられます。

ハイブリッド

LS・LC同様のV6・3.5Lのマルチステージハイブリッドシステムとマルチステージハイブリッドトランスミッションの組み合わせの可能性が濃厚です。

この場合燃費はJC08モードで13.0km/L台となるでしょう。

なお、AWD+ハイブリッドシステムはすでにLSで設定されているため、すべてのタイプでFRとAWDが選択可能になるはずです。

レクサス新型クーペSUV「LQ」の先進安全装備

レクサス新型クーペSUV「LQ」には販売当時最新の予防安全装備が搭載されることは確定的ですが、デジタルミラーの採用の可能性は非常に高いでしょう。

追伸情報

関連記事

画像引用元:https://www.carscoops.com

Return Top