新型ワゴンR|外観変更&ハンドリング性能・パワートレイン刷新

新型ワゴンRは2021年12月登場が期待されています。

同時にスライドドアモデルも設定。

新型ワゴンRは外観の大変化に力を入れるだけでなく

内燃機関にも大きく改良が加えられます。

同プラットフォーム強化によるハンドリング性能向上。

パワートレイン刷新と現行以上の進化を図ります。

2025年までに廉価EV登場予想が出ており

当然ワゴンRが関わってくるため

EV前提のモデルチェンジ内容が垣間見えるでしょう。

新型ワゴンRの予想エクステリア

ノーマルとスティングレーの構成を継続します。

新型ワゴンRは

  • ヘッドライト
  • グリル
  • バンパー
  • ボンネット

と、すべてにおいて大きな改良が行われ

勝手に予想するとEVっぽさを感じさせる

シンプルなエクステリアになるかもしれませんね。

 

プラットフォームはハーテクトを進化させ

乗り心地、操作性が向上します。

新型ワゴンRの内装は使い勝手向上

シートカラーの追加やシートスライド機能に変化をつけ、

  • リアシートセンターアームレスト追加
  • サンルーフ装備

も期待されます。

スティングレーはエアコン吹き出し部のメッキ装飾の追加。

マルチインフォメーションディスプレイ画面の変更も

行われることが期待されています。

新型ワゴンRのパワートレイン予想

R06D型エンジンは燃焼冷却両面で改良が施され

さらなる効率化が図られます。

ラインナップは

  • 自然吸気マイルドハイブリッド
  • ターボ

を継続設定予定です。

同じパワートレインをスライドドアモデルにも採用します。

予想燃費

現行燃費はトップレベルのWLTCモード25.2km/Lで

後発N-WGNの23.2km/Lよりも優れています。

燃費は改善してもJC08モードで34.0km/L程度となるでしょう。

 

次の話題は掲載しましたが

あまり情報が出なくなりました。

トヨタ技術で軽自動車にフルハイブリッドを搭載?

トヨタと協業の成果を新型で投入する可能性があります。

話題性と未来の軽自動車の可能性に投資する場合は、実現するかもしれませんね。

フルハイブリッドとなれば、軽自動車全体に影響が出ます。

ダイハツもムーヴにハイブリッドやEV搭載がうわさされている通りです。

 

軽自動車へのフルハイブリッド搭載が実現するといいですね。

トヨタは軽自動車のフルハイブリッド化

軽から高級スポーツカーまで含めた自動車業界統合を狙っていそうですよね。

軽自動車大手2社は今後、大きな転機を迎えるでしょう。

 

新型ワゴンRの予防安全装備

スズキセーフティサポート

最も変化する可能性が高いと考えられるのが

予防安全装備SUZUKI Safety Supportです。

ワゴンRの一部改良情報はこちら