トヨタ新型VIPミニバン2023年春登場予想|最上・高級LLサイズで富裕層対象

グランエースのサイズと積載性にアルファードの実用性を追加した

大型豪華ミニバンと言われています。

 

供給先は富裕層

アルファードは日常使い(それでも大きすぎ)に充分ですけど

その大きさでは物足りない層の人がいるということですね。

 

この新型VIPミニバンは

  • アルファード以上の居住性が欲しい富裕層を対象に

動いているようです。

 

ボディはグランエース越えサイズ。

ボディサイズはグランエースハイエース級。

しかし、2モデルのデザインはダイハツ系です。

 

トヨタ新型VIPミニバンのボディサイズこそ同上ですけど

コンセプトは大切な人を乗せるためのモデル。

 

アルファードが当コンセプトに近いため、

VIP専用に大きく振った豪華絢爛ミニバンということです。

 

搭載パワートレインは?

今のところの噂は

【ハイブリッド】3.5L V6+1モーター

を搭載すると言われています。

 

サイズ含む予想スペックはこちらです。

  • 全長
  • 全幅
  • 全高
  • 構造
  • パワートレイン
  • 5300mm
  • 1980mm
  • 2000mm
  • TNGA
  • 3.5L V6ターボHV

 




予想価格

800万~1000万円

※グランエース価格は620万&650万円

 

トヨタ新型LLミニバンの外観予想

ノアが登場したので、デザインはグランエースよりも

ノア系アルファード(LM)寄りになるでしょう。

 

TNGAを採用。グランエースプラットフォーム

サイズがグランエース級ということから

グランエースのTNGAプラットフォームが採用されると見られています。

 

グランエースは海外向けハイエースベース

ラダーデザインベースのシャシーを採用。

環状骨格構造のモノコックボディを採用しています。

 

トヨタ新型LLミニバンの内装予想

グランエース越えサイズで「内装はさらに広い」と予想されてます。

 

アルファードエグゼグティブ(LM)のように

プレミアム仕様のインテリアで

車内は最大限居住性を満喫できる内装になります。

 

【比較参照】グランエースの内装設定

  • 4列シート8人乗り
  • 3列シート6人乗り

を用意しており【ビジネス目的】のミニバンです。

 

クルマのサブスクはKINTO

関連情報

新型アルファード情報はこちら。

グランエース情報はこちら。

レクサス新型LM300h情報はこちら。

新型ハイエース情報はこちら。




WEEKLY RANKING