【続報】ムーヴ フルモデルチェンジ2023|DNGA採用&e-SMART HYBRID追加予想

新型ムーヴは2023年秋予想。ワゴンRより先行するか?注目です。

予想価格1,200,000円~1,900,000円。

ライバル・ワゴンRは2023年冬予想(フルHEV搭載?)。

ムーヴ派生車だったムーヴキャンバスが2022年7月、先にフルモデルチェンジ(DNGA採用)しましたよね。

このズレは、軽自動車用e-SMART HYBRID開発の遅れらしいです。

(コスト高の問題でマイルドハイブリッド搭載に収まる可能性も

新型ムーヴにはロッキーで話題になったワンペダルシステムがラインナップするかもしれません。

通常のガソリン&ターボも設定予想。

 




外観デザイン予想

レトロでシンプルなデザインを採用する原点回帰が行われる可能性も。

ムーヴキャンバスがレトロを継承しました。(ノーズつるっつるな感じで)

先にフルモデルチェンジしたのは、ムーヴに影響を与えるためとも考えられます。

e-SMART HYBRID・EV化(電動化)する場合は、グリルレスデザインになるでしょうね。

クラウンみたいに。

各装備に変化はある?

LEDヘッドライトが現行以上に幅広いグレードで採用されるでしょう。

トレンドからしてカスタムは

  • 細身ヘッドライト+派手なメッキグリルの装飾

も考えられます。

ボディ全体は現行から極端なサイズ変更はなくヒンジドア採用。

樹脂製バックドアの継続で、より凝ったデザイン採用と予想されます。

DNGA化で多くのメリットを享受

ダイハツの新開発プラットフォームは高剛性ボディを実現します。

高度な安定性とハンドリングの良さが生まれるということです。

ムーヴキャンバスは操縦安定性が高いとの評価。

DNGAの採用でサスペンションは最大限の性能を発揮。

過去最高の乗り心地を実現するでしょう。

走りの良さを体感でき、実燃費の向上も期待できる仕上がりとなります。

 

内装も使い勝手アレンジ

タントに採用された内装技術で、ムーヴに最適なものを採用。

広さと居住性を最適化。

インパネの質感も向上され、普段使いでも遠出でも、使い勝手のいい室内に進化します。

 

パワートレイン予想

e-SMART HYBRID搭載?なら話題に。

スペック
  • エンジン
  • 最高出力
  • 最大トルク
  • モーター出力
  • バッテリー
  • WLTC燃費
e-SMART HYBRID
  • 0.66L+モーター?
  • -ps/-rpm
  • -kgm/-rpm
  • -ps/-rpm
  • -km/L

ダイハツから軽自動車EV登場?

最新情報ではムーヴEVを登場させる可能性も指摘されています。

日産が発売したサクラeKクロス EVに対抗できるモデルとして。

いずれそうなるでしょうけど、いつになるかまだわかりません。

ダイハツもEV市場開拓のため、かなり積極的に開発に力を入れているハズ。

トヨタはbzシリーズで乗用BEVを先に充実させています。

そこに軽が欲しいのは自動車メーカーなら当然です。

 

先進安全性能はN-BOX対抗『支援機能』向上

ムーヴもタント同等以上の機能が搭載されるでしょう。

【参照】タント採用新機能(15機能)

まず可能性が高いのが

  • 電動パーキングブレーキ
  • 全車速追従機能付アダプティブクルーズコントロール

の採用です。

その他、ムーヴに追加予想機能。

  • 車線逸脱防止制御(レーンキープコントロール)
  • 車線維持支援機能(レーンキープコントロール)
  • 進入禁止の標識を認識
  • ブレーキ制御付き誤発進抑制
  • サイドビューランプ(フルLEDヘッドランプ)
  • アダプティブドライビングビーム
  • スマートパノラマパーキングアシスト

など。ムーヴはタントやN-BOXの充実した安全装備に追いつくため、最高レベルの性能を目指します。

ユーザーにとって大きな安心・安全につながりますね。

 

【2021年9月1日】ムーヴ一部改良

  • 全グレードオートライト標準装備
  • 特別仕様車VS設定(カスタムX VS SAⅢ)

現行モデルは終わりごろなんでしょうね。

 

関連情報

ムーヴキャンバス情報はこちら。

ワゴンR情報はこちら。

サクラ情報はこちら。




DAILY RANKING