新型ムーヴ2022年2月登場に期待|DNGA&ハイブリッド・EVパワートレインが候補に

新型ムーヴはどうなるの?

と情報が定まらなくて次が見えてこなかったですよね。

 

新型ムーヴは需要を取り戻すため

永遠のライバルに劣らない改良が行われます。

 

新型ワゴンRが2021年12月予想

外観・操作系・パワートレインが刷新されます。

 

これに対抗するために新型ムーヴは登場後、

ハイブリッドやEV搭載も候補に挙がっています。

 

  • 全長
  • 全幅
  • 全高
  • ホイールベース
  • 重量
  • エンジン
  • 最高出力
  • 最大トルク
  • トランスミッション
  • 3395mm
  • 1475mm
  • 1630mm
  • 2455mm
  • 850kg
  • 0.66L直3DOHC
  • 52ps/6800rpm
  • 6.1kgm
  • D-CVT

 

新型ムーヴの外観デザイン予想

↑ここから、最近の傾向となる

レトロでシンプルなデザインを採用する

原点回帰が行われる可能性も秘めています。

 

かつてのムーヴカスタムのように丸いヘッドライトになる可能性も。

丸目結構流行ってますね。

N-BOXとかハスラーとか。

あり得るかもしれません。

 

各パーツ

LEDヘッドライトが現行以上に

幅広いグレードで採用されるでしょう。

 

トレンドからしてカスタムは

  • 細身ヘッドライト+派手なメッキグリルの装飾

も考えられます。

 

ボディ全体は現行から極端なサイズ変更はなく、

ヒンジドア採用。

 

樹脂製バックドアの継続も高く

より凝ったデザインを採用と予想されます。

 

DNGAは多彩なメリットを生む

ダイハツの新開発プラットフォームを採用して

高剛性ボディを実現。

 

高度な安定性とハンドリングの良さが生まれ

サスペンションは最大限の性能を発揮するため、

過去最高の乗り心地を実現するでしょう。

 

走りの良さを体感でき

実燃費の向上も期待できる仕上がりとなります。

 

新型ムーヴも内装使い勝手アレンジ

新型タントに採用された内装技術で

ムーヴに最適なものを採用し、広さと居住性を最適化。

 

インパネの質感を向上させ、普段使いでも遠出でも

使い勝手のいい室内に進化します。

 

新型ムーヴのパワートレイン予想

自然吸気とターボは継続されます。

DNGAの効果もここに現れるでしょう。

 

DNGAは

  • 軽量化
  • エンジン高効率化
  • 空気抵抗低減

を期待できます。

 

新技術・新機能追加?

  • 日本初2回点火マルチスパーク採用
  • 新スワール噴霧技術
  • 高タンブルデュアルポート化
  • 全速度域のトルクアップ
  • デュアルモードCVT新トランスミッション採用

などを指摘する情報もありました。

 

ハイブリッド採用ならNA・ターボの性能向上

ガソリン車のモーター出力・トルクが向上する可能性も高くなります。

いいことずくめになればいいですね。

 

ダイハツ新型ムーヴが気になる話。

 

ダイハツから軽自動車EV登場なるか?

日産が近いうち登場させる

IMk軽自動車EVに対抗できるモデルとして

トヨタがムーヴEVを登場させる可能性もなくはないですね。

 

ここはダイハツ独自でどれくらいEV開発に積極的か?

によるところではないでしょうか。

 

トヨタはbzシリーズで乗用車を近いうち充実させていきます。

そこに軽規格が欲しいのは自動車メーカーなら当然と言えそうです。

 

新型ムーヴの先進安全性能はN-BOX対抗で支援機能向上

新型ムーヴもタント同様の機能を付与されるということで

【参照】タント採用新機能(15機能)

まず可能性が高いのが

  • 電動パーキングブレーキ
  • 全車速追従機能付アダプティブクルーズコントロール

の採用です。

 

その他、タント採用で新型ムーヴにも追加されると予想される機能は

  • 車線逸脱防止制御(レーンキープコントロール)
  • 車線維持支援機能(レーンキープコントロール)
  • 進入禁止の標識を認識
  • ブレーキ制御付き誤発進抑制
  • サイドビューランプ(フルLEDヘッドランプ)
  • アダプティブドライビングビーム
  • スマートパノラマパーキングアシスト

などが挙げられます。

 

新型ムーヴはタントやN-BOXの充実した安全装備に追いつくため

最高レベルの性能を目指します。

ユーザーにとって大きな安心・安全につながりますね。

 

新型ムーヴキャンバス情報はこちら。



WEEKLY RANKING