Read Article

新型RX-9|マツダフラッグシップ・ロータリースポーツ|2020年発売予想

2012年にマツダRX-8が生産終了して以降、途絶えていたロータリーエンジン搭載車種がRX-9として正式に開発が承認され開発段階となっています。

ロータリースポーツは今でも根強い人気があるモデルとなります。

マツダのフラッグシップモデルとなるRX-9の詳細について紹介します。

スポンサードリンク

RX-VISIONコンセプトがRX-9のデザインコンセプト?

RX-8の生産終了して以降、ロータリーエンジン搭載車の復活は何度も噂が出ては消えをしていました。

しかし2017年の東京モーターショーに、RX-VISIONを深化させたスタイリングの「VISION COUPE」を発表。

Mazda VISION COUPE5

更にはRX-8のテストカーがスクープされたり、スワンウィングドアや新意匠リアスポイラー、過給システムなどスポーツカーに関連する特許取得が判明するなど、RX-9の登場は決定的となっています。

RX-9のエクステリアデザイン

RX-9のエクステリアデザインは「RX-VISION」と「VISION COUPE」の両モデルからインスピレーションを得たものとなる見込みです。

Mazda RX-VISION2Mazda VISION COUPE1

また、RX-9では新構造のドアが採用される可能性が高く、米国特許庁に申請された新しいドアのサポート構造はドアを真横に開くのではなく、5〜15度上方向に開くのが特徴となっています。

このような傾斜つきで開くサイドドアは、アストンマーチンが「スワンウィングドア」として採用しています。

この構造のメリットは車高が低いスポーツカーのドアを開く際に、ドアを縁石などにぶつける可能性を大幅に減らすことが出来る点で、愛車を傷つけずに乗り降りができるようになります。

RX-9のインテリアデザイン

RX-9のインテリアデザインは「VISION COUPE」でコンセプトが伺えます。

Mazda VISION COUPE33Mazda VISION COUPE11Mazda VISION COUPE6

RX-9は同社のロードスターと同様に2シーターモデルとなる見込みとなっており、趣味性が高いスポーツカー好きの為のモデルとなります。

RX-9のパワートレインとスペック

RX-9に搭載されるエンジンは新世代ロータリーエンジンとなる「SKYACTIV-R」となります。

SKYACTIVはマツダの新世代技術群の総称となっており、「R」はロータリーエンジンの頭文字を意味しています。

このSKYACTIV-Rは、800cc×2で構成される総排気量1600ccのロータリーエンジンで、

ロータリーエンジンの弱点とされている低回転域のトルク不足を

2基のターボチャージャーに電動スーパーチャージャーを加えた3基の過給システムで最高出力400馬力越えを目指しています。

そのほかにも多くのスーパーカーが採用しているミッションとリアデフを一体化させた「トランスアクスル方式」を採用し、7速マニュアルミッションが組み合わされると予想されています。

RX-9の発売時期

RX-9は2019年の東京モーターショーで市販モデルをワールドプレミアし、2020年のマツダが創立100周年を迎える記念すべき年に、RX-9を新たなシンボルとして発売する可能性も残されています。

RX-9の販売価格

RX-9の販売価格に関してはRX-7やRX-8の価格を大きく上回る800万円以上となり、1000万円を超える可能性もあります。

これはRX-9を構成するほとんどのパーツが専用設計となる上に、軽量コンパクトなロータリーエンジンのメリットを活かすために、アルミやカーボンといった高額な素材を多用しているからです。

 

追伸情報

関連記事

「スポーツ」フルモデルチェンジ一覧

画像引用元:https://www.carscoops.com/

スポンサードリンク

Return Top