フリード フルモデルチェンジ2024|1.5L e:HEV搭載&STPWGN系デザイン採用

2024年夏登場予想

予想情報
予想価格2,800,000円~2,900,000円(e:HEV 2WD)
ステップワゴン系水平基調デザイン予想
ボディは5ナンバーサイズ
1.5L e:HEV(エンジン106ps/モーター123ps)&1.5Lガソリン搭載(フィット同等)
グレードはエアー(2列/3列)&クロスター(3列)設定
3列6-7人乗り(3列目左右跳ね上げ式)&2列5人乗り
メモリー機能付きパワーテールゲート採用予想

【ホンダ2024年新車戦略まとめ】注目の新型車&モデルチェンジ情報

フリード一部改良2023|CROSSTAR特別仕様車BLACK STYLE設定

外装予想

新型フリードは先に登場したミニバン、ステップワゴンのシルエットが一番近い予想です。

軽のミニバンN-BOXも2023年フルモデルチェンジ。

N-BOXフルモデルチェンジ2023|価格1,648,900円~2,192,300円

デザイン性を統一し、N-BOXっぽさもどこかに感じるかもしれません。

現行のデザイン路線から、どんなインパクトある変更があるのか?楽しみですね。

ボックスタイプと視点を広げれば、GMと2026年に都心部で始める自動運転タクシーのデザイン導入があっても面白いですね。

上記市販2モデルを参考に感想を述べると、「原点回帰」というか、シンプルなデザインにシフトしている印象です。

デザイン共通化はブランド手法

ユーザーさんがそのような扱いを望むのか望まないのか、注目されるところです。

SUVやBEVはブランド統一を果たしているように感じられますね。

細目で水平なヘッドライト形状の共通デザイン言語です。

キーワードは「水平基調」ですかね。

次のアコードも強めにそんな感じです。

アコード フルモデルチェンジ2024|11代目デザインはいつかの面影に回帰

新型フリードがシックにいくのか、もっと可愛く丸や四角を使うのか、注目です。

ボディサイズ予想

全長4280mm
全幅1695mm
全高1720mm
ホイールベース2750mm
重量1450kg

内装予想

扱いやすい5ナンバーサイズ(全幅抑制)は維持されます。

3列目のシート収納は跳ね上げ採用と予想が出ていました。

ステップワゴンはフルモデルチェンジで『酔わない設計』を前面に出しました。

3列目の位置から視界に入る情報を抑え、フラットな視界を確保しています。

新型フリードにもその思想は採用されるでしょう。

数十~数百ミリの変更でしょうから『感覚的に広さを感じる3列目になる』ことは見えてきます。

2列目

ステップワゴンではオットマンが話題になりました。

フリードにもオットマンの採用があっても驚きはないですね。

他社ですけど、軽自動車にも採用されて話題です。

スペーシア モデルチェンジ2023|マイルドハイブリッド搭載&N-BOX対抗

価格に影響はあるのでしょうけど。オプションでもいいですし。

内装の使い勝手を最適化する過程で、必要であれば採用されるでしょう。

現行設定のキャプテン&ベンチの選択肢は継続されるようです。

5人乗りも継続設定

3列仕様が主にファミリー仕様とすれば、「2列シート仕様が欲しい」と思う人も多いのかも?

3列目シートレスのプラスも継続採用される予想となっています。

進化を大きく感じるであろう次のモデルで購入するのもありですね。

アウトドアや買い物に重宝したい人
3列目シートは必要なくてラゲッジに空間が欲しい人
後席(2列目)に乗る人が快適に過ごせる空間が欲しい人
一人で趣味を楽しみ、たまに人とドライブに出かける人

こういう人にはちょうどいい作りになっています。

【ハイブリッド】1.5L e:HEV搭載

e:HEV予想スペック

パワートレイン1.5L+モーター
エンジン最高出力106ps
エンジン最大トルク13.9kgm
モーター最高出力123ps
モーター最大トルク25.8kgm
システム出力150ps?
トランスミッション新開発CVT
WLTC燃費28.0km/L目標
※パワフルでスムーズな応答性。操作もしやすくなる仕様へ

現行のi-DCDから進化。

ついに2モーター+リチウムイオンバッテリーのe:HEVが搭載されます。

e:HEV プロペラシャフト式4WD採用?

駆動は2WD/4WDともに設定されます。

同じシステム搭載のフィット4WDは全車速域で駆動が働く4WDです。

後輪をモーター駆動する4WDよりも、本格的で安定性ある接地感が得られる優れもの。

ホンダ独自の低床化レイアウトだから実現可能となりました。

【ガソリン】ヴェゼルの1.5L i-VTEC採用

車両価格の抑えられるガソリン車もまだまだグレードに残りそうです。

CVTとの組み合わせで、2WDと4WDが設定される予想です。

パワートレインシステム1.5L i-VTEC
最高出力118ps
最大トルク14.5kgm
トランスミッションCVT
※ホンダのVTECエンジンは高回転域で最大の力を発揮します

Honda SENSINGの検知機能アップ

検知機能を進化させるソナーを増やしドライバーをアシストする機能が増えます。

検知対象である歩行者・自転車の枠も拡大し、検知スピードも向上。

機能が上がるとともにドライバーが認知するための内装モニターも性能を向上。

しかし、必須の装備となるため、価格にも影響してきます。

ワイドビューモニター+検知システム採用?

この機能はフリードサイズで必要か?と言えば、従来の運転技術で足りるドライバーや目視や車幅感覚に自信ある人には必要ない機能かもしれませんね。

関連情報

待望のトヨタ新型シエンタは可憐な顔デザインで2022年8月23日、ついに登場!

日産コンパクトミニバン2024-2025|3列シートスライドドア。競合フリード・シエンタ

ダイハツ(トヨタ)新型コンパクトミニバン2024|ロッキー派生トール延長仕様