Read Article

ホンダフリード新型モデルチェンジ情報2022~2024年発売予想|2モーター式i-MMDハイブリッド&1.0Lターボエンジン搭載

スポンサードリンク


ホンダ・フリードは、新型フィットと同様の2モーター式i-MMDハイブリッドシステムを搭載し、1.0Lターボエンジン搭載も噂されています。

これが現行のマイナーチェンジで行われるか、新型で実施かに注目となります。実際、マイナーチェンジでハイブリッドシステムを換装するのは、ハードルが大きいです。

2019年東京モーターショーにおいて新ハイブリッドシステムを搭載したフィットが発表されるため、2019年のフリードマイナーチェンジで新ハイブリッド搭載の可能性は低いと言えます。

新型フリードで新ハイブリッドを採用する可能性が高くなります。登場は、先代モデルから現行モデルに移り変わったのが8年と考えれば、2024年となります。

ホンダフリード新型モデルチェンジ情報2024

新型フリードのパワートレーン

【ハイブリッド】

新型フリードハイブリッドは、新型フィットハイブリッドと同じ小型車用2モーターハイブリッドシステムを採用します。

新型ヴェゼルハイブリッドよりパワーは抑えめとなり、新型フィットと同出力か、それ以上という方向性になるでしょう。

4WDハイブリッド

ハイブリッドシステムが変わるものの採用されると考えられます。

トランスミッション

7速DCTから電気CVTに変更されます。登場時期によっては、プラグインハイブリッドシステムの採用も考えられます。

その場合、すでにフィットハイブリッドにもプラグインハイブリッドが採用されているでしょう。

新型フリードはEV搭載の可能性もある

ホンダeが専用プラットフォームを採用し、可能性自体は低め、2022年に登場したとして300km程度の航続距離が限度でしょう

【ガソリンモデル】

新型フリードのガソリン車は、1.0L直3ターボエンジンの採用が有力です。

このエンジンは欧州・中国のシビックで、すでに採用されており、129psを発生して1.5Lターボを凌ぐ低燃費となります。

ただ、フリードに搭載する場合、出力は120ps程度に抑え、”燃費を伸ばす”方向にシフトする可能性も考えられます。

逆に、140ps程度の高出力エンジンにチューニングされる可能性はないと言えます。フリードの性質から考えにくいです。

さらに、ノンターボの1.5Lエンジンを130ps程度に設定して、”低価格グレードに採用する”という可能性も考えられます。

トランスミッション

CVTが組み合わされます。しかし、新型フリードに8速AT・DCT・MTの採用はないと予想できます。

【2019年フリードマイナーチェンジ後のパワートレーン】

フリードの2019年マイナーチェンジモデルは、ガソリン・ハイブリッドともにパワートレーンには大きな変化はないでしょう。

燃費性能のアップデートにとどまり、WTLCモード燃費の表記が始まると予想されます。

追伸情報

関連記事

画像引用元:https://www.carscoops.com

Return Top