新車発売情報

Read Article

ホンダフリード新型モデルチェンジ情報2022~2024年発売予想|2モーター式e:HEVハイブリッド搭載

スポンサードリンク


ホンダ・フリードは、新型フィットと同様の2モーター式e:HEVハイブリッドシステムを搭載。

2019年東京モーターショーにおいて新ハイブリッドシステム(e:HEV)を搭載したフィット発表。

フィット1

2019年のフリードマイナーチェンジで新ハイブリッド搭載はありませんでした。

新型フリードで新ハイブリッドを採用する可能性が高くなります。

発売時期については、先代モデルから現行モデルに移り変わったのが8年と考えれば、2024年となります。

しかし、2022年あたりにはフルモデルチェンジされるではとも考えられます。

一方、さらに期間の短い2020~2021年にはフルモデルチェンジはないでしょう。

ホンダフリード新型モデルチェンジ情報2024

ホンダ・フリードは2019年にマイナーチェンジを行っており、内外装やエンジンに変化をつけました。

フリード16フリード20フリード1 フリード2フリード3 フリード6

次の新型フリードもフィットに続くエクステリアを採用すると思われます。

内装は使い勝手をさらに追及して、ミニバンの良さを伸ばしていくでしょう。

新型フリードのパワートレーン

【参照】新型フィットのパワートレーン

【ハイブリッド】2モーター式e:HEV搭載
  • 全長
  • 全幅
  • 全高
  • ホイールベース
  • 重量
  • エンジン
  • 最高出力
  • 最大トルク
  • モーター出力
  • トランスミッション
  • 4050mm
  • 1695mm
  • 1520mm
  • 2530mm
  • 1180kg
  • 1.5L+モーター
  • 108ps
  • 13.9kgm
  • 125ps
  • CVT

e:HEVハイブリッドシステムを搭載し、1.5Lエンジンに組み合わせます。

エンジン最高出力は108ps・エンジン最大トルクは13.9kgm。モーター最高出力125ps。

燃費は、インパクトのある数値となるJC08モード40.0km/L以上を目標。

予想では38.0km/lと言われています。

トランスミッションには、1.5ハイブリッドに新開発e-CVTが採用されます。

同様のパワートレーンである現行インサイトのシステムは151psを発生し、34.2km/lの燃費です。

2モーター式ハイブリッドに4WD採用

駆動は2WD/4WD設定。

4WDはCR-Vで実績があるため、新型フリードハイブリッドでも採用されるでしょう。

【ガソリン】1.3L NAガソリン搭載予想

1.0L 3気筒ターボは設定しないようです。

トランスミッションは1.3LにCVT採用。

駆動は2WD/4WD設定。

新型フリードのHonda SENSINGは検知機能アップ

自転車など検知対象の追加・検知可能スピードの拡大なども実施されます。

追伸情報

マイナーチェンジ版フリード

画像引用元:https://www.carscoops.com
画像引用元:https://www.motor1.com/

Return Top