Read Article

スポンサードリンク

Lexus新型LM300 LM300h|コンパクト?orミニバン?|2019年東京MS出展か?

レクサスLM300 LM300hという新型車が
発売されるという話があります。

すでにLM300 LM300hは商標として登録されていて、
どのようなスタイルで登場されるかが注目されています

大きく分けて二つ説があり、

ミニバンとなる説と4人乗りの軽自動車より全長の短い
新ジャンルプレミアムコンパクトカーとなる説があります。

 

スポンサードリンク

 

レクサス新型LM300 LM300hの登場時期

レクサスLM300 LM300hの登場時期が
2019年内という説がありますが、

ミニバン、コンパクトカーどちらの場合でも
レクサスの新ジャンル車となるため、

モーターショーでの展示はほぼ確定的で、

東京モーターショーまでに展示されるかどうか?が
2019年登場のポイントとなるでしょう。

 

 

レクサス新型LM300 LM300hのエンジン

レクサスLM300 LM300hというネーミングは、

レクサスのメカニズムから考えると
LM300hは3.0L相当のスペックを持つハイブリッドで

レクサスESまたはレクサスISと同等の
2.5Lエンジン+ハイブリッドシステム搭載の可能性が高いと言えます。

システム最高出力は210馬力以上、
燃費はJC08モードで21.0km/lあたりを軸に前後するでしょう。

 

LM300は同じように3.0L並みのスペックを持つ
2.0Lターボエンジンが搭載されると考えられ、

出力は235馬力以上、燃費は11.0km/lを軸に前後するでしょう。

 

また、ターボエンジンの変速機は
8速オートマチックまたはDSGが考えられます。

 

この場合、LM300 LM300hがコンパクトカーであれば

サイズに比べてかなりのハイパワー車となり、
非常に個性的な一台となるでしょう。

駆動方式はFRの可能性もありますが、
サイズ的なものや系統的なつながりがないことから
予想が難しい部分でもあります。

 

 

レクサス新型LM300 LM300hのプラットフォーム

レクサスはTNGA採用を進めており、

LM300 LM300hがコンパクトカーだった場合には、
新開発のGA-Bプラットフォームを採用する予定です。

それにより高い空力性能を実現するなど、
従来のコンパクトモデルから大幅な進化を果たします。

GA-Bプラットフォームの低重心・高剛性化
メリットを活かして、

高い操縦安定性も確保しています。

 

 

レクサス新型LM300 LM300hのエクステリア

レクサスLM300 LM300hはミニバン説と
コンパクトカー説がありますが、

レクサス上級車につけられる「L」が
名前につくことから

ラインナップの中でも上位にふさわしい
エクステリアになることが考えられます。

Lexus高級(ラグジュアリー)ミニバン

フロントデザインには
スピンドルグリルの採用は確定的で、

LEDアクセサリーランプは
ヘッドライトとは独立したL字型のものが
採用される可能性が高いでしょう。

 

ただし、コンパクトカーだった場合、

スピンドルグリル以外の部分は
かなり独自のエクステリアデザインとなる可能性もあります。

この場合、ジュネーブモーターショー2015で発表した
「レクサスLF-SAコンセプト」がベースとなると予想されています。

LM300 2

LF-SAコンセプトは、全長3450mmとサブBセグメントの
アーバンクロスオーバーモデルとなっています。

この2+2シーターのコンパクトボディは、

都市での使い勝手の良さをターゲットとした
コンパクトボディでありながら、

レクサスらしい高級感を纏ったものとなっています。

LM300 56LM300LM300 5

 

レクサス新型LM300 LM300hのボディカラー

レクサスLM300 LM300hのボディカラーは
他のレクサス車と同等のものとなることが考えられます。

コンパクトカーだった場合は、ツートンカラーなどで
インパクトを強めることも考えられます。

 

 

レクサス新型LM300 LM300hのインテリア

レクサスLM300 LM300hのミニバン説から
インテリアを想定すると

アルファードなどをベースに
さらに高級化したことが考えられます。

アルファードハイブリッド

 

一方、4人乗りコンパクトカーの場合、
スポーツシートの採用や

レクサス車としては珍しい
補助的なリアシートが想定されます。

LM300 4

なおインパネにはヘッドアップディスプレイが採用され、
フロントシートにもセンターアームレストが装備されるでしょう。

LM300 3

 

 

レクサス新型LM300 LM300hの安全装備

どのボディスタイルを採用した場合でも
レクサス最新のLexus Safety System+の装備が確定的です。

 

 

レクサス新型LM300 LM300hの価格

3列シートミニバンであった場合は
400万円〜500万円以上の価格帯が想定されます。

 

一方、4人乗りコンパクトカーだった場合ですが
こちらも300万円以上の価格は想定すべきでしょう。

しかし、それでもLM300 LM300hは、
十分な商品価値を持った高級コンパクトクロスオーバーとなるでしょう。

 

 

追伸情報

関連記事


「レクサス」モデル一覧

画像引用元:https://www.carscoops.com
画像引用元:https://lexusenthusiast.com

Return Top