Read Article

日産新型デイズルークスのフルモデルチェンジ情報2020年春発売|運転支援技術プロパイロットグレード別搭載

新型デイズルークスを2020年春に発売するとの情報です。

スポンサードリンク

新型デイズルークスのモデルチェンジ情報2020

新型デイズルークスのエクステリア

デイズと同じフロントデザインで、ボディはデイズルークス専用となることが考えられます。日産のデザインテーマであるVモーショングリルの採用は確実でしょう。

また、ノーマルとカスタムの2系統デザインとなり、ノーマル系はデイズに近いデザインになると考えられます。なおボディデザインは、窓配列を引き継いだものとなると思われ、ピラー部分の配色などで変化をつけるかもしれません。

LEDヘッドランプの装着には注目となりますね。デイズは、LEDヘッドランプ非搭載となっており、ライバルN-BOXは搭載しています。

デイズルークスのボディカラー

新型デイズルークスは現行と同等か、それ以上の豊富なボディカラーが用意されるでしょう。デイズの派生モデルなので、ツートンカラーの組み合わせが増える可能性は高くなります。

新型デイズルークスの内装インテリア

リアドアがスライドドアなのは確定しており、デイズよりも高さがあり、より広い室内となるでしょう。

ドアピラー

ピラーレスではない一般的なものとなる可能性が高いでしょう。

シートスライド機能

現行よりも向上し、リアシートは30cm程度のスライドが可能となるかもしれません。

新型デイズルークスのパワートレーン

デイズとほぼ同等の52psと64psのターボエンジン・無段変速機となる可能性が高いです。マイルドハイブリッドシステムも同等となる線が濃厚です。

燃費

最も優れた非ターボFF車では、JC08モード27.0km/L程度になるのではと考えられます。4WD非ターボ車は23.0km/Lあたりが限度でしょう。

新型デイズルークスの先進安全装備

デイズと同じく、同一車線運転支援技術プロパイロットをグレードによって搭載する可能性が高いです。

また、衝突被害低減システムの装備は、デイズと同等のものとなり、標識認識機能などの新装備はタイミング的に難しいでしょう。

日産のプロパイロットは「2.0」が発表されています。しかし、発表のタイミングから「2.0」に対応した装備ではなく、現行のプロパイロットと同等の機能になると考えられます。

新型デイズルークスの価格

最低価格は現行モデルと同等、最高価格は装備の充実からやや高くなることが考えられます。 プロパイロットのオプション装備は、デイズと同等で70200円になるでしょう。

 

【2018年5月28日】日産デイズルークス 一部仕様向上|レーダーをカメラに変更

日産は、デイズルークスに全車標準設定の「インテリジェント エマージェンシーブレーキ」を レーザーレーダー方式 ⇒ カメラ方式に変更。一部仕様向上して発売しました。

デイズ ルークス|一部仕様向上
ボディカラー3色追加
2トーン3トーンカラー新設定
衝突回避支援システム|カメラ方式に変更
デイズ ルークス:124万5240円~188万6760円

ボディカラー追加

プレミアムオリーブメタリック
アッシュブラウンメタリック
スターリングシルバーメタリック

2トーンカラー

アイスブルー(ボディ)+ホワイトルーフ

3トーンカラー

プレミアムオリーブ(ボディ)+ホワイトルーフ+アッシュブラウン(サイドミラー)

衝突回避支援システム|カメラ方式に変更

衝突回避を支援する「インテリジェント エマージェンシーブレーキ」を 従来のレーザーレーダー方式からカメラ方式に変更。

歩行者対応

約10km/h~60km/hの車速域で、歩行者に対しても作動可能に。 さらに、車両に対する作動車速域を約10km/h~80km/hへと拡大。

踏み間違い衝突防止アシスト|ソナー+カメラ方式へ

また、アクセルペダルとブレーキペダルの踏み間違いによる 衝突防止を支援する「踏み間違い衝突防止アシスト」も 従来のレーザーレーダー方式からソナーとカメラ方式に変更。 軽自動車で初めて、「前進時」に「歩行者」に対しても作動可能に。   さらに、後進時についても壁などの障害物に対して作動するよう機能追加。 従来の加速抑制機能に加え、「前後進時ともに」衝突するおそれがあると判断した場合に、自動的にブレーキを作動させる 低速衝突軽減ブレーキ機能を追加。

ハイウェイスターに安全装備追加

LDW(車線逸脱警報)標準設定。 この装備追加によりハイウェイスターグレードは、 セーフティ・サポートカーS(サポカーS)「ワイド」に対応。

 

【2016年12月21日】デイズルークス|マイナーチェンジ

Vモーショングリル採用。 日産は、広さと使い勝手を両立したスーパーハイトワゴンのデイズルークス・デイズルークスハイウェイスターをマイナーチェンジして発売。

一部改良内容
内外装デザイン変更(デイズルークス/ハイウェイスター)
新ボディカラー追加
Vモーショングリル採用(以下ハイウェイスターのみ)
LEDヘッドライト標準装備
価格:130万円~187万円

エクステリア

デイズ ルークス ハイウェイスター
  • Vモーショングリル
  • 大胆な開口デザインのバンパー
  • プレミアム感と存在感を強調
デイズ ルークス
  • Vモーションをモチーフとしたワイドなグリル

インテリア|シート表皮の質感を向上

プレミアムグラデーションインテリア新設定(ハイウェイスターのみ)
  • 高級感のあるダイヤキルティングパターンのグラデーションクロス
  • 合皮のコンビシートを採用
  • 汚れを簡単に拭き取ることが可能

機能

  • ハイビームアシスト
  • クルーズコントロール標準装備(ハイウェイスターGターボ)
  • スピード消臭シート(Sを除く全車に標準装備)
  • 高性能エアコンフィルター(Sを除く全車に標準装備)
  • 断熱ルーフ(Sを除く全車に標準装備)
  • IR(赤外線)カットガラス(Sを除く全車に標準装備)
  • 運転席ヒーター付シート&PTC素子ヒーター&リヤヒーターダクト( 2WD車にメーカーオプション/4WD車に標準装備)

ボディカラー|新5色|全20色

2トーン
  1. エアグレー×レモンライム2トーンルーフ(特別塗装色)
  2. エアグレー×プレミアムサンシャインオレンジ2トーンルーフ(特別塗装色)
  3. ブロッサムピンク×ホワイトパール2トーンルーフ(特別塗装色)
  4. ホワイトパール×ブラック2トーンルーフ(特別塗装色)
  5. スパークリングレッド×ブラック2トーンルーフ(特別塗装色)
  6. オーシャンブルー×ホワイトパール2トーンルーフ(特別塗装色)
モノトーン
  1. プレミアムサンシャインオレンジ(特別塗装色)
  2. ブロッサムピンク
  3. アイスブルー
  4. オーシャンブルー
  5. スカーレット
  6. レモンライム
  7. ホワイトパール(特別塗装色)
  8. クールシルバー
  9. チタニウムグレー
  10. ブラック
  11. スパークリングレッド
  12. モカブラウン(特別塗装色)
  13. ピンクゴールド
  14. プレミアムパープル(特別塗装色)

価格

2WD(FF)

直列3気筒DOHC 660cc(CVT)

S 130万6800円
X 142万5600円
ハイウェイスターX 162万8640円
ハイウェイスターX Gパッケージ 170万1000円

直列3気筒DOHC 660ccターボ(CVT)

ハイウェイスターXターボ 166万1040円
ハイウェイスターGターボ 175万5000円

4WD

直列3気筒DOHC 660cc(CVT)

S 142万7760円
X 154万6560円
ハイウェイスターX 174万9600円
ハイウェイスターX Gパッケージ 182万1960円

直列3気筒DOHC 660ccターボ(CVT)

ハイウェイスターXターボ 178万2000円
ハイウェイスターGターボ 187万5960円

追伸情報

関連記事

画像引用元:

Return Top