Read Article

ラパン 一部仕様変更|スペーシアに準ずる安全装備の機能向上|2019年6月17日発売

スポンサードリンク


スズキの軽セダンであるアルトラパンが、2019年6月17日に一部仕様変更を実施しました。110万7000円~151万4160円

ラパン 一部仕様変更情報2019

安全装備の機能向上

前方に加え、後退時衝突被害軽減ブレーキ採用、車線逸脱警報やふらつき警報機能、マルチインフォメーションディスプレイへ表示される標識認識機能、ハイビームアシストなど大幅に予防安全装備であるスズキセーフティサポートが強化されています。

これらの装備はすべてのグレードに共通装備となっています。

なお、これらの装備はスペーシアに準ずるものとなっており、現行のワゴンRには装備されていないものとなっています。

後退時衝突被害軽減ブレーキはリヤバンパーに超音波センサーが装備され、前方への衝突被害低減ブレーキのように後退時にも障害物を検知しブレーキを作動させることができます。

標識認識機能は最高速度、車両進入禁止、はみ出し通行禁止、補助標識の「終わり」に対応しています。

ラパンの変更点

変更点は少なく、外観やエンジン、足回りなどメカニズムには変更がありません。

Xグレードにはシート表皮にキャメルとスカーレットの追加、低価格グレードのGとLにもオートライトを追加、GのFF車に運転席シートヒーター、4WDに助手席シートヒーターの追加などインテリアで変更を受けています。

価格

ラパン
  • G
  • S
  • X
  • モード
2WD
  • 1,107,000円
  • 1,227,960円
  • 1,306,800円
  • 1,411,560円
  • 1,385,640円
4WD
  • 1,217,160円
  • 1,338,120円
  • 1,409,400円
  • 1,514,160円
  • 1,485,000円

 

【2018年12月6日】ラパン 特別仕様車モード

スズキ・ラパンの特別仕様車「モード」が2018年12月6日に発売されました。このモードはベースグレードに加えて様々な特別装備が装着されています。

またモードのみに設定されている特別色なども用意されているので、紹介したいと思います。

一目でモードと分かるエクステリア

ラパン・モードには専用のフロントグリルが採用されています。このフロントグリルはメッシュ状になっており、他のグレードとは異なっています。一目でモードだと認識できるのが特徴です。

また、ホイールキャップがシルバーとホワイトのツートンカラーになっており、これも他のグレードと異なっています。そのほかにもメッキドアハンドルや「MODE」というエンブレムが装着されています。

インテリアや快適装備も充実

インテリアにもモード独自の装備があります。一つ目が、「専用ヘリンボーンインパネ」という木目調のインパネが張られています。

車内に落ち着きがありおしゃれな雰囲気に。また、シートもベージュとネイビーのツートンカラーが採用されています。

シートの生地にツートンカラーが採用されているケースは普通車でもあまりなく、車内はおしゃれな雰囲気です。

さらに、モードにはフルオートエアコン採用。ベースグレードの「S」はマニュアルエアコンで、フルオートエアコンは上級グレードにしか装着されていませんので、大変お得なグレードということができます。

専用ボディカラーも4色用意

モードにはモノトーンカラーが5色、ルーフがホワイトのツートンカラー5色が用意されています。そのうちモノトーン、ツートンそれぞれ2色ずつモード専用のカラーが設定されています。

  1. 「ブルーイッシュブラックパール」
  2. 「フェズブルーパールメタリック」
  3. 「ノクターンブルーパールホワイト2トーンルーフ」
  4. 「フェズブルーパールメタリックホワイト2トーン」

個人的にはネイビーのシートと合わせてフェズブルーがオススメです。

価格

2018年12月6日に発売された「ラパン・モード」は「S」というグレードをベースに開発されており、Sの価格は2WDで約129万円、4WDで約139万円となっています。

一方、モードは2WDで約135万円、4WDで約145万円となっています。約6万円高です。

フルオートエアコンが装備されたり、専用のシート生地が採用されたりしていますので、かなりのお得感があると思います。

 

【2017年12月7日】ラパン特別仕様車Sセレクション

スズキは、アルト ラパンに予防安全技術スズキセーフティサポートなど装備を充実させた特別仕様車「Sセレクション」を設定。

アルトラパン特別仕様車Sセレクション概要

  • スズキセーフティサポート採用
  • レーダーブレーキサポート搭載
  • 誤発進抑制機能搭載
  • メーカーオプション設定:全方位モニター用カメラパッケージ
  • 価格:133万3800円~143万3160円

2種類のシートと7色のボディーカラーから選べる組み合わせを設定

エクステリア特別装備
  • ピラー部分までを白色とした2トーンルーフ
  • 専用メッキフロントグリル
  • フルホイールキャップ(ホワイト)
  • メッキドアハンドル
  • カラードドアミラー(ホワイト)
ボディーカラー|7色

2トーン
リフレクティブオレンジメタリック ホワイト2トーンルーフ
フィズブルーパールメタリック ホワイト2トーンルーフ
ノクターンブルーパール ホワイト2トーンルーフ

単色
サニーイエローメタリック
フェニックスレッドパール

インテリア

  1. 特別色シート設定
  2. キルティング柄とチェック柄の2種類から選択
  3. ナノイー搭載フルオートエアコン採用
インパネ
  1. オレンジ色の専用ドアトリムクロス採用
  2. ヴィンテージ調の木目柄採用

レーダーブレーキサポート採用|対車両のみ(対歩行者なし)

  1. 誤発進抑制機能搭載
  2. メーカーオプション設定:全方位モニター用カメラパッケージ

 

【2016年12月8日】アルトラパン特別仕様車「Fリミテッド」

スズキは2016年の総仕上げとして、ハスラー/アルトラパン/ソリオバンディット3車種に特別仕様車「Fリミテッド」を設定。

アルトラパン特別仕様車Fリミテッドの特別装備

  1. Xグレードベース|専用内外装
  2. 特に内外装を充実
  3. 専用メッキフロントグリル
  4. 専用インテリア
  5. ボディカラー:全5色

価格

  • 2WD:140万9400円
  • 4WD:151万2000円

エクステリア

  1. 専用メッキフロントグリル

インテリア

  1. 専用色ファブリックシート表皮(ブラウン)
  2. 専用色ドアトリムクロス(ブラウン)
  3. 専用シックインパネ(専用インパネガーニッシュ/コットンパール)
  4. 専用インパネオーナメント(一部木目調)

ボディカラー|全5色

  1. フェニックスレッドパール
  2. ノクターンブルーパール(NEW
  3. アーバンブラウンメタリック
  4. フォーンベージュメタリック
  5. シフォンアイボリーメタリック

 

【2015年6月3日発売】アルトラパン|フルモデルチェンジ

より丸くなって可愛く。2007年以降、長きに渡ったダイハツの軽自動車販売台数No.1の座をようやく奪還したスズキ。

2014年はハスラーの快進撃があり、ワゴンRのマイルドハイブリッド化、新型アルトのフルモデルチェンジが行われ、2015年は、Sエネチャージをハスラー・スペーシアに搭載しました。

これに続き、アルトの派生車であるラパンがフルモデルチェンジを迎えます。

新型アルトラパン|エクステリア

初代から続く、スクエアに近いデザインの角(かど)をさらに丸くし、ほんわかした雰囲気のデザインへ変貌。ラパンは、より可愛らしくなりました。

グリルはシンプルにワンライン入れ、真ん中にウサギのエンブレム。全体的にクラシックな雰囲気になります。

ツートーンカラーはラパンから始まったようで、フルモデルチェンジ後も継続するようです。

新型アルトラパンにも燃費の良いR06A型エンジンを採用

2011年にMRワゴンから採用が始まったR06A型エンジン。このエンジンは高効率で燃費が良く、スズキのほとんどの車種に採用されており、今年は次期エブリイにも載せられ、残るはラパンとジムニーでした。

今回のフルモデルチェンジによりアルトラパンもR06A型エンジンを搭載。現行スズキ車で展開されている新技術のエコクールやエネチャージも採用されて進化を遂げます。

さらにラパンには、遅れてSエネチャージも採用される可能性もあります。

新型アルトラパン|インテリア

シートの色使いや座り心地の進化。ラパンという名の由来でもあるウサギがモチーフとなる可愛らしいデザイン。まさに「女性を惹きつける雰囲気を満載」してアルトラパンは夏に登場です。

追伸情報

関連記事

画像引用元:http://www.suzuki.co.jp

Return Top