新型アルトラパン2022年6月に期待|マイルドハイブリッド搭載

新型アルトラパンの発売時期は?
ラパンのモデルチェンジは2022年には行われる?

新型アルトラパンは2022年6月登場が期待されています。

2022年初めに予定されている新型アルトから半年後の予定です。

デザインはワゴンRスマイル☺風?

スズキ最新モデルのワゴンRスマイルには

新型モデルの全長が現れているハズ。

丸目ヘッドライト+グリル連結構造

元々旧ラパンと同じ構造。

  • 新型アルトラパン(新型アルト)はこれを継承する

と考えられますね。

マイルドハイブリッド搭載

経済的ニーズを満たす燃費・動力性能向上目的で

新型ではマイルドハイブリッドが採用されます。

  • 燃費
  • 加速の力強さ
  • 乗り心地
  • 操作性

が向上します。

新型アルトラパンはかわいいコンセプトを保ちつつ

中身も進化させて登場します。

かわいく乗れるラパンは女性に人気?

ボディカラーをシックに整えれば

男性も選択しやすいモデルです。

内装はシンプルで機能重視なので

あまりこだわらず気軽に移動手段がほしい人にとって人気です。

ベースとなる新型アルト情報はこちら。

アルトラパン一部仕様変更情報はこちら。

 

【2015年6月3日】アルトラパン登場

より丸くなって可愛く。

2007年以降、長きに渡ったダイハツの軽自動車販売台数No.1の座をようやく奪還したスズキ。

2014年ハスラー快進撃

ワゴンRのマイルドハイブリッド化、

新型アルトのフルモデルチェンジが行われ、

2015年はSエネチャージをハスラー・スペーシアに搭載しました。

これに続き、アルトの派生車であるラパンが

フルモデルチェンジを迎えます。

エクステリア

初代から続くスクエアに近いデザインの角(かど)を

さらに丸くしたほんわか雰囲気のデザインへ変貌。

ラパンはより可愛らしくなりました。

グリルはシンプルにワンライン入れ

真ん中にウサギのエンブレム。

全体的にクラシックな雰囲気になります。

燃費の良いR06A型エンジンを採用

2011年にMRワゴンから採用が始まったR06A型エンジン。

このエンジンは高効率で燃費が良く

スズキのほとんどの車種に採用されており、

今年は次期エブリイにも載せられ、残るはラパンとジムニーでした。

アルトラパンもR06A型エンジン搭載

現行スズキ車で展開されている新技術

  • エコクール
  • エネチャージ

も採用されて進化。

インテリア

シートの色使いや座り心地の進化。

ラパンの由来「ウサギ」がモチーフの可愛らしいデザイン。

まさに「女性を惹きつける雰囲気を満載」してアルトラパン登場。

ベースとなる新型アルト情報はこちら。

アルトラパン一部仕様変更情報はこちら。