Read Article

トヨタ86新型フルモデルチェンジ情報2021年前半発売|予想価格300~360万円新開発2.4L NA水平対向エンジン搭載

スポンサードリンク


新型86は開発チームがすでに結成され、2021年前半に発売されます。

BRZ1BRZ2BRZ3

次期型はスープラより運転しやすく、刺激の強いモデルを目標にしているとのこと。

プラットフォームは現行のものを継続して、ボディデザインは一新されます。

パワートレーンに関しては「もっとパワーが欲しい」との意見があるため、2.0Lから2.4Lへ排気量アップを果たします。

トルクアップによる操作の楽しさを追求するようです。

走りに特化したモデルとなり、現行86とスープラをも上回る性能が与えられるピュアスポーツカーの誕生です。

トヨタ新型86フルモデルチェンジ情報2021

  • 全長
  • 全幅
  • 全高
  • ホイールベース
  • 重量
  • エンジン
  • 最高出力
  • 最大トルク
  • トランスミッション
  • 4250mm
  • 1780mm
  • 1315mm
  • 2570mm
  • 1250kg
  • 2.4L直4水平対向
  • 220ps/7000rpm
  • 24.5kgm/6000rpm
  • 6速MT/6速AT

新型86のエクステリア予想

エクステリアの雰囲気は以下のような予想CGデザインが出ています。

この予想ではカローラスポーツやC-HRの要素を引き継ぐデザインとなっています。

【雑誌予想】フロントマスク周りのCG画像の様子

フロントマスク周りがジャガーのF-Typeのように、すっきりしたデザインでCG予想されています。

86 1 86 2

ヘッドライト形状がよく似ており、3連LEDヘッドライトを組み合わせています。

現行シャシー技術を新型86にも流用するので、低重心フォルムに大きな変化はないでしょう。

新型86はFA24型2.4L NA水平対向4気筒エンジン搭載

現在の2.0Lから2.4Lへ排気量を拡大して、FRスポーツの楽しさをさらに追及。

エンジン縦置きFRの構造は継続されます。

しかし、86にターボは採用せず、同型の自然吸気エンジンを搭載。

燃焼技術にトヨタの直噴システム「D-4S」を継続採用します。

  • 最高出力
  • 最大トルク
  • ボア
  • ストローク
  • 220ps
  • 24.5kgm
  • 94.0mm
  • 86.0mm

現行FA20型2.0L NAの出力207ps/トルク21.6kgmから大きくパワーアップを果たし、パフォーマンスは向上します。

アクセルワークで曲がっていける気持ちのいい走りやグッと加速する爽快感、自分が操っている充足感を満たしてくれる仕様になりますね。

スバルではこの2.4Lターボを北米アセント・新型レガシィに設定

このエンジンは、すでに市場に出ています。

アセントにはターボを搭載したFA24型エンジンが採用され、246ps/38.3kgmを発揮しています。

新型86のトランスミッション&駆動

現行のものが継続されます。

トランスミッションにアイシンAW製6速MT/アイシンAI製の6ATを採用。

駆動にディファレンシャルギアを採用します。

トヨタ86とスバルBRZの違い

スバルBRZとトヨタ86は共同開発の兄弟車なので仕様上の大きな違いはありません。

しかし、細かい部分では差異があるので紹介します。

  1. フロントグリルの形状が異なる
  2. フォグランプの形状が異なる
  3. 86のシートはシフト操作やペダルの操作性重視
  4. BRZはクルマとの一体感を目指したホールド性重視
  5. メーターの数値の表示方法やサイドレバーの操作性
  6. サスペンションのセッティングが86はリアを滑らせて楽しむ事を重視
  7. BRZはグリップを重視した安定志向
  8. 車体色に違い:BRZはスバルブルーで有名な「WRブルーマイカ」等設定

 

【2018年3月】トヨタ86 一部改良

トヨタは86を一部改良しブラッシュアップします。

  • 新ボディカラー追加(ブライトブルー)
  • 価格・スペック変更なし

新ボディカラー追加|全7色

ブライトブルー

8686 1

現行設定中のアズライトブルー(画像:BRZ)よりも明るめのボディカラーとなります。

WR blue Pearl

ソリッドグレー廃止|2018年2月生産分で終了86 SOLID glay

 

【2017年10月4日発売】86 マイナーチェンジ

トヨタは、86に一部改良を実施して2017年10月4日に発売。

ステアリングの支持剛性強化
パワーステアリングの再チューニング
ブレンボ製ブレーキ標準装備
価格:262万3320円~342万3600円

今回の改良は、現行最後のマイナーチェンジであり、2020年のフルモデルチェンジに繋がる改良内容となります。

足回りの改良内容

ステアリングの支持剛性を強化
サスペンションの再チューニング
Brembo(ブレンボ)社製のブレーキを標準装備
Brembo社製ブレーキはGT/GT Limited/Gグレードでもオプション装備可能に

サスペンションの再チューニングによりハンドリングのダイレクト感が上がるため、路面とタイヤの接地状況をさらに細かいフィーリングで感じながらの操作が可能になります。

グレードの改良内容

GT Limited・Black Packageを新たに設定。

上記、Brembo(ブレンボ)社製のブレーキを標準装備したグレードとなります。

エクステリアの改良内容

サイドミラー・リヤスポイラ・アルミホイールをブラック塗装で統一し、ボディ下部の引き締まり感が向上。

走行時に足元がブラックアウトされることにより、ボディのみが滑るように人の目に映り、ドリフト効果を発揮します。

GT Limited Black Package ドリフト

【動画】86ドリフト

インテリアの改良内容

  • シフトノブに上質感を増す本革を使用(GT・GT Limited)
  • 新色ソリッドグレー設定(期間限定)

86 GT Limited Black Package

価格&グレード

G 6速MT
262万3320円
G 6速AT
264万7080円
GT 6速MT
298万1880円
GT 6速AT
304万8840円
GT Limited 6速MT
318万3840円
GT Limited 6速AT
325万800円
GT Limited・Black Package 6速MT
335万6640円
GT Limited・Black Package 6速AT
342万3600円

【2016年8月1日】86|ビッグマイナーチェンジ

86 1 86 2

マイナーチェンジを受け、エクステリアデザインはワイド&ロースタンスバンパー採用。

大幅な変更がおこなわれてます。開発責任者によると「すべてやり直した」とのこと。

売上が伸び悩んでいるので、本音は「こんないいクルマが売れないなんておかしい」ってことかもしれません。

バンパー&フェンダーカバー変更

「売れない対策で前後バンパーのカタチを変更したのかな」とも見えます。

そこは”TNGA”を実践するトヨタ。より受け入れられやすいデザインへの変化は当然。

メインは「空力性能」と「冷却性能」への影響を考慮した変更となっています。

ヘッドランプ類のLED化も空力性能対策

最近は「フィン」がサイドミラーの根元やライトサイドにさりげなく入ってます。

例えると、サメのエラみたいな複数のラインです。

あれは正式に「エアロスタビライジングフィン」。

空力をコントロールし、ボディバランスを保つ役割を果たします。

このフィンの位置を見直し空力性能向上。

インテリアの質感を上げつつドライブ性能もアップ

インパネ/ドアトリム/シートなどの質感を向上。

マイナーチェンジであれば、当然のシゴトとも言えますね。^^

インテリアのメイン変更点は走りに直結するステアリングに新形状デザインを採用。

小径タイプへ変更。

同じくステアリングのグリップ最適化・オーディオスイッチ追加・軽量化といった変更がなされています。

ステアリングとドライバーのマッチングは、ドライビングを楽しんだりコースを攻めたりするときに重要な要素となります。

86GRMN技術を昇華|6MTモデル207psに向上

86やスポーツカーを持つなら、誰もが選択したい6MTモデル。

この6MTモデルの馬力が従来の200psからレース仕様・86GRMNの技術・ノウハウの還元により207psに向上しました。

アルミホイール|意匠変更&剛性アップ

86上級モデルのアルミホイールを見るとスパイダーな感じを受けるのは管理人だけの感性でしょうか?

ホイールの軽さは、チューニングの基本というか”軽ければハンドリングしやすいだろう”ってのが、素人(私)の目線です。

しかし、そこに剛性が加わることにより、ホイールが本来もっている性能を引き出すことができます。

つまり、高性能タイヤのグリップ力を最大に使いこなすため、タイヤとボディをつなぐホイールに剛性が加わり、最大のパフォーマンス性能が発揮されます。

追伸情報

関連記事

画像引用元:https://www.motor1.com
画像引用元:https://www.carscoops.com

ダウンサイジングの流れから次世代86はNAの排気量を拡大

例えば、スイフトスポーツが1.4Lターボを搭載する”ダウンサイジング”の流れのなか、新型86はNAの排気量を拡大します。

ターボの刺激的な加速感よりも、NAサウンドが吹け上がっていく加速フィーリングで、大いにスポーツ走行を楽しめるでしょう。

こういう同社の動きは、マツダが海外で高級ブランドを設立し、排気量アップを図る計画とも少し関連しそうですね。

米国は排気量が大きくないと売れない市場らしいので、北米で売れるための戦略的進化なのかもしれません。

Return Top