プリウス フルモデルチェンジ2023年1月10日発売|2.0L HEV&1.8L HEV搭載

価格 2,750,000円~3,920,000円

G(2.0L)

  • 2WD 3,200,000円
  • E-Four 3,420,000円

Z(2.0L)

  • 2WD 3,700,000円
  • E-Four 3,920,000円

X(1.8L)

  • 2WD 2,750,000円
  • E-Four 2,970,000円

エクステリアは特徴をキープ

そうしつつスポーティを継続。

5代目は先祖のいいとこ取りで最新クーペになります。

クーペと言えばクーペSUVのC-HR(プリウスSUV)も2023年登場。

 




ボディサイズ

  • 全長
  • 全幅
  • 全高
  • ホイールベース
  • 4600mm
  • 1780mm
  • 1430mm
  • 2750mm

フロントマスク

上部ブーメラン部分を削除して、思い切って極細ヘッドライトでもいい感じでした。

もう確定しましたが。

リアはクラウンデザインと同じですね。一文字テールランプ。

クラウン

内装は?

これが現行デザイン。

↓クラウン

MIRAIのデザインからの派生って感じですね。

 

パワートレイン

2.0Lハイブリッド

Zグレード・Gグレード燃費

28.6km/L

システム最高出力

144kW(196ps)

1.8Lハイブリッド

最新の第5世代ハイブリッドシステム搭載。

Uグレード(KINTO Unlimited)・Xグレード燃費

32.6km/L

※KINTO Unlimitedはソフトウェアとハードウェアのアップグレード付き。月額16,610円~

法人向けへの対応

グレードの幅を持たせる意味もあれば一般への市販もありますね。

こちらはC-HRフルモデルチェンジ2023に伴う続報。

 

先進安全・運転支援システム

トヨタセーフティセンス標準装備

  • 後方車両接近告知
  • 周辺車両接近時サポート(録画機能・通報提案機能)
  • セカンダリーコリジョンブレーキ(停車中後突対応)

高度自動運転支援機能に期待あるモデルでした。

レベル3を予想する情報もありました。

でも市販モデルでレベル3搭載は登場時期からして、まだ早かったですね。

Highway Teammate
レベル3の自動運転技術
高速道路で合流・車線維持・レーンチェンジ・分流する機能。

自動運転機能はまだまだ段階的に進化、搭載する雰囲気です。

搭載となれば価格に反映されるので特別モデル。

量産車ではまだ実現しないでしょう。

 

今後多彩なパワートレイン搭載?

これは以前出ていた予想情報になります。

BEV設定?

1年遅れでBEVも搭載されるかもしれないというロマン情報も出ています。

あっそれと、トヨタBEVは公開された車種全部が出るわけではないようですね。

世界的なBEV旋風で”トヨタつぶし”が巻き起こっています。

トヨタは採算とれないものは出さないと判断し、数車種減らす計画との見方があるようです。

このうちどれか。

SUV系(クルーザー系)は出なさそうな感じでしたけど。どれでしょう。

いつか水素燃料エンジン搭載?

この水素燃料エンジンはプリウスPHVへの搭載が予想されていました。

続報で水素搭載市販第一号はランドクルーザー300となっています。

でも、まだ2028年や2030年の話ですけどね。

水素燃料エンジンとは?

MIRAIのFCV(燃料電池)とは異なります。

従来の燃焼系機関で水素を燃料として使えるシステムです。

さらに…未来を見据え…

e-FUELを採用?

二酸化炭素+水素の合成液体燃料で走るエンジンの開発もあるようです。

二酸化炭素が原料になっています。

なのでそれを排出しない仕組みです。

組み合わせは魅力的ですよね。地球規模のリサイクル発想です。

しかも現行ガソリン車にも使用できるという話です。

代替燃料の話はかなり昔から耳にしてきました。

そろそろ実現するのでしょうか?

ここにはトヨタだけではなくホンダも日産も取り組んでいます。

多くのメーカーの取り組みがあれば実現度も高くなりそうです。

注目ですね。

 

関連記事

プリウスPHEV情報はこちら。

C-HR2023情報はこちら。

関連情報

↓これはプリウスじゃないのかな?BEVらしいです。

【記事更新】『TOYOTA bZシリーズ(開発中車両)』はプリウス?クラウン?何ですか、コレ。

プリウスのティザー画像と似てる。

(プリウスの方はルーフがツルッツルだね)




DAILY RANKING