Read Article

スイフト マイナーチェンジ|ボディカラー新色追加&インテリア質感向上|2020年1月発売

スズキのコンパクトカースイフトがマイナーチェンジを実施して
2020年1月発売するとの情報が入って来ました。

スイフトはスズキを代表するモデルの一つとなっており、

特に走行性能を高めたスイフトスポーツは
多くのファンの心を掴む人気モデルとなっています。

今回はマイナーチェンジに関する情報を紹介したいと思います。

 

スポンサードリンク

 

マイナーチェンジの時期

スイフト14 スイフト15

現行型スイフトは2017年1月に販売して以降、
17年7月にハイブリッドを追加。17年9月スイフトスポーツ発売。



17年11月特別仕様車「XGリミテッド」発売と「RS」にCVT車追加。

18年10月特別仕様車「XRリミテッド」発売と、
積極的に改良やモデル追加を行なっています。

 

また、スイフトの歴代モデルは
約6年でフルモデルチェンジをしており、

初代モデル以外は3年目にマイナーチェンジ
実施するスパンを保っています。

そのため、現行型スイフトは
2019年秋に開催される東京モーターショーで発表し、

2020年1月にマイナーチェンジする可能性が濃厚だと言えます。

 

 

エクステリアデザイン変更

スイフト5

現行型スイフトのエクステリアデザインに関しては
完成度が高く、大幅に変更する必要が感じられません。

そのため、ボディカラー新色追加のほか、
前後バンパーやリアランプ形状変更に留まる可能性が高いでしょう。

 

 

インテリアデザインの変更

スイフト9

スイフトのインテリアデザインは
ライバル車種と比較すると質感で劣る面があります。

そのため、マイナーチェンジによって

インテリア新色追加やシート色の見直し、
ソフトパッドを使用した質感の向上が行われる可能性があります。

スイフト12 スイフト13

 

 

パワートレインの変更

スイフト7

現行型スイフトは

  1. 1200cc直列4気筒ガソリンエンジン
  2. 1200cc直列4気筒マイルドハイブリッド
  3. 1200cc直列4気筒ストロングハイブリッド
  4. 1000cc直列3気筒ターボガソリンエンジン

の4タイプが用意されています。

 

また、スポーツグレードのスイフトスポーツには
ハイオク仕様の1400cc直列4気筒ターボガソリンエンジンが搭載されています。

このようにスイフトには
様々な種類のパワーユニットが用意されていることもあり、

マイナーチェンジで大幅な変更が行われる可能性は少ないです。

なので、エンジン内部の抵抗減少や
軽量化によって小幅の燃費性能向上が見込まれます。

 

 

価格の変更

スイフト11

マイナーチェンジによって新グレードを追加し、
グレード構成の見直しが行われることが考えられます。

しかし、販売価格に関しては現行型から大きな変動はなく、
「据え置き」となるでしょう。

 

 

追伸情報

関連記事

「コンパクト」マイナーチェンジ一覧

画像引用元:https://www.carscoops.com

Return Top