【続報】スイフト フルモデルチェンジ2023|1.2Lフルハイブリッド搭載EV走行も可能

新型スイフトは2023年春~夏登場予想。

予想価格1,800,000円~2,200,000円

(思い過ごし?50万円上がってない?)

前回の初期価格帯1,343,520円(ベースグレード)~1,845,720円(HYBRID RS)

新型スイフトスポーツは2023年秋の予定です。

搭載予想パワートレイン

ソリオと同じラインナップ。

ハイブリッドはEV走行出力を向上。

マイルドハイブリッドも用意され、価格を抑えます。

予防安全装備

話題性のある新規機能やアシスト機能。

 




エクステリア

デザインはSuzuki eVX Conceptにヒント?

フロントマスクは最新コンセプトが表現されていると思います。

リアも(トヨタ譲りの?)一文字。

またはソリオをスポーティにした感じかもしれません。

HEARTECT改良

現行プラットフォームHEARTECTを改善して高剛性化。

初期情報では新規プラットフォーム(SNGA?)の可能性も浮上してました。

ここは謎ですね。

ボディサイズ予想

  • 全長
  • 全幅
  • 全高
  • ホイールベース
  • 重量
  • 3950mm
  • 1720mm
  • 1500mm
  • 2500mm
  • 930kg

全幅1720mm予想で拡張

現行は1695mmです。

予想通り拡張されると3ナンバー化。

しかもトレッドが広がるだけで内装のスペースは有利になりません。

操縦安定性が上がると言われてますけど、微々たるものに収まるでしょう。

安定性を大いに感じられるとしたらスイフトスポーツに限る話だと思います。

 

内装予想

後席&ラゲッジスペースを少し広げ、リア空間に余裕を出す予想。(伴うホイールベース若干延長)

 

パワートレイン

フルハイブリッド

K12C型デュアルジェットエンジン

  • 燃費向上
  • 圧縮比向上
  • 熱効率追求

ソリオ値↓

  • エンジン
  • 最高出力
  • 最大トルク
  • モーター出力
  • トランスミッション
  • 駆動
  • 1.2L+モーター
  • 91ps
  • 12.0kgm
  • 13.6ps/3.1kgm
  • CVT
  • 2WD/4WD

駆動用モーターへ電力供給・充電するパワーパックに高電圧リチウムイオンバッテリー採用。

エコモードでEV機能発揮

EV走行は60キロ以下の一定速走行でノンエンジン。

高速でアクセルを踏み込めばエンジン+モーターアシストが加わります。(EVターボ。笑)

坂道の発進がコワいと感じる人に貢献するクリープ機能(前進力維持)も発揮されます。

マイルドハイブリッド

出力・燃費を改善

  • エンジン
  • 最高出力
  • 最大トルク
  • モーター出力
  • トランスミッション
  • 駆動
  • 1.2L+モーター
  • 91ps
  • 12.0kgm
  • 3.1ps/5.1kgm
  • CVT
  • 2WD/4WD

モーターアシスト機能を高め、エンジン始動やアイドリングストップなど燃費に貢献します。

自然吸気エンジン

同排気量で設定予想。

 

↓は前回の新型情報(一部)です。

【2017年1月4日】スイフト登場

多くのファンを持つスイフト。2016年12月27日発表。2017年1月4日初売りしました。

キープコンセプト&進化がキーワード。6年ぶりに4代目へフルモデルチェンジです。

  • ブースタージェット1.0LスイフトRS専用ターボエンジン搭載
  • 価格帯1,343,520円(ベースグレード)~1,845,720円(HYBRID RS)
  • 衝突被害軽減システム「デュアルカメラブレーキサポート」採用
  • スイフト(ベース/RS)のエンジンラインナップは全3種

搭載エンジン

  • 1.0L 直3ターボ ブースタージェットエンジン(RS専用)
  • 1.2L 直4デュアルジェットNAエンジン
  • 1.2L 直4デュアルジェットNAエンジン+モーター(マイルドHEV)
  • スイフトスポーツ:1.4Lターボ(出力150ps/トルク23.0kgm)

 

関連記事

スイフトスポーツ情報はこちら。

スイフトスポーツSUV情報はこちら。(ない???)

スイフト一部改良情報はこちら。




DAILY RANKING