レクサス新型ISに期待|レクサス初BEVとなる可能性もある?

レクサスISは今後フルモデルチェンジも期待されています。

 

2022年はIS500が秋登場予想。

今のところ新型ISの予想スペックはガソリン車で、以下のようになっています。

  • 全長
  • 全幅
  • 全高
  • ホイールベース
  • 重量
  • エンジン
  • 最高出力
  • 最大トルク
  • トランスミッション
  • 4700mm
  • 1820mm
  • 1420mm
  • 2850mm
  • 1580kg
  • 3.0L直6ターボ
  • 340ps/5000rpm
  • 51.0kgm
  • 8速AT

 




レクサス新型ISのエクステリアデザイン予想

もしかしてレクサス初BEVとなる可能性も?

 

この投稿をInstagramで見る

 

LEXUS / レクサス(@lexus_jp)がシェアした投稿


スポーティデザイン

ESの新スピンドルグリルはFスポーツ以外のグレードで、グリル内のラインが横から縦に変更されています。

 

Fスポーツは従来通りの”メッシュ状”。

新たに二重のデザインとすることで繊細さを表現しています。

 

ボディサイズ予想

  • 全長
  • 全幅
  • 全高
  • 4700mm
  • 1820mm
  • 1420mm

 

ISは新プラットフォーム採用で走りの質が変わる

新型ISはLS/LC採用のGA-Lプラットフォームを採用。

ボディサイズは若干大きくなると予想されています。

 

これはクラウンベースのTNGA FR用プラットフォームになるからです。

後席の広さが弱点とされる現行モデルから、ほどよい後席スペースが確保されます。

 

レクサス新型ISのパワートレイン予想

【ベース車両】2.0Lターボ

  • エンジン
  • 最高出力
  • 2.0L直4ターボ
  • 245ps

 

【ハイブリッド】2.5L仕様

  • エンジン
  • 最高出力
  • 2.5L直4ハイブリッド
  • 185ps

 

他候補

  • 2.4Lターボ
  • 新開発エンジン
  • BEV?

 

【2022年設定?】プレミアムスポーツ?

スープラ搭載BMW製3.0L直6ターボ採用

  • 最高出力
  • 最大トルク
  • 340ps
  • 51.0kgm

ISとスープラの車重には100キロの差があるため、ISのほうが重くなります。

このBMW製直6ターボは新型スープラGRMNにも採用。

 

その他候補

  • エンジン
  • 最高出力
  • 2.4L直4ターボ
  • 322ps

 

レクサス新型ISの先進安全装備

LEXUS Safety System +Aを搭載して大幅に安全性を強化する予想。

現行ISの先進安全装備

  • 歩行者検知機能付プリクラッシュセーフティシステム
  • レーダークルーズコントロール

をパッケージングする安全装備LEXUS  Safety System+を全車標準装備。

 

レクサス新型ISはこの機能に加えて

  • ドライバー異常時停車支援システム
  • アクティブ操舵回避支援システム

といった最新機能が追加されます。

 

 

【2021年9月9日】レクサスIS一部改良

  • レーントレーシングアシスト制御見直し
  • 新ブレーキペダル採用(IS350・IS300)
  • マスターシリンダー採用(IS350・IS300)
  • ペダルストローク減速G滑らかに
  • ブレーキフィーリング改善
  • AC100V・1500Wアクセサリーコンセント(IS300hオプション設定)
  • 特別仕様車FスポーツモードブラックS
  • 特別仕様車Fスポーツモードグリッター

 

関連情報

レクサス新型IS F情報はこちら。




WEEKLY RANKING