Read Article

トヨタ新型ヤリスGRMNモデルチェンジ情報2020年秋発売|スペック1.6L直3ターボ搭載250ps/32.5kgm

ヴィッツGRMN後継スポーツが設定されます。登場時期は2020年秋と言われており、ベース車ヤリス登場から1年ほど遅れて、2020年秋に登場する見込みとなっています。

さらに、GRMNと同時期GR SPORTが発売されます。

価格は、5ドアベースで国内生産となった場合、320万円程度の予想になっています。

スポンサードリンク

トヨタ新型ヤリスGRMNモデルチェンジ情報2020

新型ヤリスGRMNのベースとなるGR SPORTのエクステリア

ヤリス2ヤリス6

新型ヤリスGRMNは、3ドア説と5ドア説があります。

ただ、ベースモデルとなる次期ヤリスに確実に3ドアが設定されているかも不確定な状態、国内仕様には3ドアが設定されない可能性は非常に高くなっています。

そのため、3ドアで登場した場合は、ヴィッツGRMNと同様輸入車になり、台数限定など特殊な販売形態となることも予想されます。

なお、スタイルとしてはヤリスをベースにオーバーフェンダーの装着、GRMN系のフロントグリルやエアロパーツの装着が確定的で、ヘッドライトの内部が独自形状となる可能性もあります。

新型ヤリスGRMNのボディカラー

ヴィッツGRMNはホワイト系のみの設定でしたが、新型ヤリスGRMNもあまり多くの色が採用されないでしょう。

新型ヤリスGRMNでは少なくともホワイト系は継続、ついでブラック系、シルバー系が設定される可能性が高く、

その次にレッド系とブルー系、更に可能性が下がってイエロー系が設定されるという方向性が考えられ、ツートンカラーなどは登場しないでしょう。

新型ヤリスGRMNの内装インテリア

新型ヤリスGRMNのインテリアは特にシートを中心にスポーツ仕様となったものとなります。チタン製シフトレバーの採用なども考えられ、メーターデザインなども変更されるでしょう。

一方、シート形状の変更などから4人乗りになる可能性もあります。

新型ヤリスGRMNのパワートレーン

  • エンジン
  • 最高出力
  • トランスミッション
  • タイヤ
  • 駆動
  • 価格
  • 1.6L直3ターボ
  • 250ps
  • 6速MT
  • 225/40R18
  • 4WD
  • 320-380万円

先代ヴィッツGRMNは、1.8Lターボエンジンを搭載して212馬力を発生していたことから考えても、最低でも220馬力以上となり、トランスミッションに6速MTを採用します。

なお、4気筒エンジンになる可能性も高く、燃料はプレミアムガソリン仕様になります。

新型ヤリスGRMNの特別装備

新型ヤリスGRMNでは17インチ以上の大径タイヤを装着し、サスペンションやダンパーもGRMNにふさわしい強化されたものとなります。最低地上高も下げられるでしょう。

新型ヤリスGRMNの安全装備

先代モデルの傾向から考えると新型ヤリスGRMNには、トヨタセーフティセンスなどは搭載されない可能性も考えられます。

装備された場合場次期ヤリスと同等のものとなるか、一部機能を削除したものとなるでしょう。

追伸情報

関連記事

画像引用元:https://www.motor1.com
画像引用元:https://www.carscoops.com

Return Top