【最新】トヨタクラウンSUV【開発なし】

新型クラウンにはクーペ・SUV・ワゴン・マジェスタ後継が揃うと予想されていました。

このうちクーペが2022年登場

 

しかし、続報でSUVは開発中止

これでクラウンワゴンは不明となりました。

 

さらに、現行ベースのFRクラウンが今後販売されるという情報が出ました。

このモデルにマジェスタが揃うのか、新型に設定されるのかまだ分かりません。

 




クラウンSUVの過去情報

バッテリーEV戦略に関する説明会で発表されたbZシリーズのクロスオーバーSUV。

このデザインが新型クラウンSUVのコンセプトのように見られています。

 

新型クラウンSUVは「クラウンクロス」と呼ばれているのを見たことがあります。

あと「クラウンプラス」という呼称もありました。

ただ、それはクーペ?SUV?ワゴン?マジェスタ後継?か、定かではありません。

 

予想価格

5,800,000~7,300,000円

 

GA-Kプラットフォームサイズ

カムリクラスの土台が使われるようです。

ボディサイズの予想数値はこちら。(クラウンクーペ)

  • 全長
  • 全幅
  • 全高
  • 4900mm
  • 1850mm
  • 1450mm

 

パワートレイン

  • 2.5Lハイブリッド
  • 2.5Lガソリン
  • 2.4Lターボ

上記はクーペと同じラインナップになります。

 

新型クラウンSUVにPHV(PHEV)はない?

SUVなのでトヨタ・レクサスSUVからパワートレインの影響を受けると思うんですよね。

後々、設定されそうな雰囲気が出てきています。

 

トヨタのSUVと言えばハリアー。そして、レクサスのSUVにNX・RX。

ここにはPHV(PHEV)が設定されました。

ハリアーには2022年の改良でPHV(PHEV)設定予想

新型ハリアーPHV情報はこちら。

 

この動きから、新型クラウンSUVにPHV(PHEV)が設定されるかもしれませんね。

 

また、PHV(PHEV)設定の可能性を思わせる、こんな情報もありました。

新型アルファードとパワートレイン共有

古い情報で新型アルファード・新型RXとパワートレイン共有の話題がありました。

新型RXにはNXと同じくPHV(PHEV)が設定されます。

 

新型アルファードはまだ可能性薄いですけど、PHV(PHEV)は「候補」にはなりそうです。

PHV(PHEV)が多モデルに展開している流れがあるので。

 

【2.5L PHEV】NX450h+のスペック

A25A-FXS型ベース
  • エンジン
  • 最高出力
  • 最大トルク
  • Fモーター出力
  • Rモーター出力
  • システム出力
スペック
  • 2.5L直4ハイブリッド
  • 178ps/5700rpm
  • 22.5kgm
  • 120ps/20.6kgm
  • 54ps/12.3kgm
  • 309ps

 

NX450h+仕様の性能
大容量高出力リチウムイオンバッテリー
フロントリアモーター搭載
4モード選択
駆動AWD(E-Four)限定
トランスミッションTHSⅡプラグイン
先読みエコドライブ

 

関連情報

新型クラウンクーペ過去情報はこちら。

(当記事以前の過去情報で更新もしてません)

 

【最新】トヨタクラウンクーペが2022年7月登場予想|4ドアカムリクラスGA-K採用

【最新】トヨタクラウンワゴン時期不明でも登場予想は残される【SUV中止】




WEEKLY RANKING