Read Article

Lexus新型LFA|「F」象徴スーパーカーにハイブリッド搭載|2020年発売予定

レクサスが新型LFAの開発を進めており、2020年発売予定で
再びスーパーカー市場へ参入するという噂があります。

2018年のデトロイトモーターショーで、日本の自動車メーカーが
新たなスーパーカーを作り出す旨を示唆する発表がされています。

2012年にLFAが生産終了したあとも、
レクサスの象徴となるフラッグシップスポーツカーの開発は継続されており、
このことからもLFAのモデルチェンジが行われる可能性が示されています。

 

数年前に自宅マンションの駐車場からLFAが出てきたことがありますが、
地下駐車場奥から走ってくる際の”オーラ”が違いました。

▽こんな感じでLFA

たぶん中古販売会社の営業か店長が乗って帰ったか、リッチな住民が乗ってるのでしょう。
すっごくニコニコ、ウキウキした顔で出勤していました。

車好きならそりゃあ楽しいですよね。

今回はそんなレクサスLFAの新型に関する情報を紹介したいと思います。

 

スポンサードリンク

 

新型LFAに搭載されるエンジン

新型LFAに搭載されるエンジンには、先代LFAと同様、
トヨタ2000GTから技術提携のあるヤマハ発動機や
トヨタモータースポーツ部門によって新開発される専用エンジンが搭載されます。

エンジン形式は、先代LFAと同じ「V型10気筒エンジン」か「V型8気筒エンジン」となり、
レクサス最新のハイブリッドシステムが組み合わされる可能性が高いようです。

LFA6

 

予想価格&販売台数

新型LFAは先代モデルと同じく、ほぼ全ての工程を職人の手作業により生産されます。
そのため「大量生産」はなく、販売台数は500台程度に限られることが予想されます。

販売価格に関しては、先代モデルを開発した際の経験を活かすことが出来るので、
シャシーの開発費は抑えられます。

しかし、ハイブリッド技術をスーパーカーへ採用するための開発費が高額となるため、
販売価格は先代モデルの3750万円を越える「4000万円程度」になることが予想されます。

LFA5

 

 

予想スペック|ハイブリッド搭載

全長:4500mm
全幅:1900mm
全高:1220mm
駆動:4WD(前輪:モーター)
予想エンジン①:4800ccV型10気筒DOHCエンジン+ハイブリッドシステム
予想エンジン②:4400ccV型8気筒DOHCエンジン+ハイブリッドシステム
システム最高出力:650ps
システム最大トルク:75.0kgf・m

 

 

追伸情報

関連記事

「スポーツ」フルモデルチェンジ一覧

 

レクサスLFA|来歴

LFA1LFALFA3

レクサスLFAは2010年12月から2012年12月にかけて
限定500台の生産・販売を行った2シーターのスーパーカーです。

LFAは当時、「IS F」から始まったレクサスのプレミアムスポーツ「F」シリーズの頂点に立つ
フラッグシップスポーツカーとなる存在として開発されました。

世界超一流レベルの運動性能と感性・官能性を持ったスーパーカーという目標を掲げ、
莫大な開発費が投入されたため「3750万円」という販売価格で赤字を出しています。

LFA2

LFAは、開発にリアミッドシップエンジンとフロントミッドシップエンジンの
2通りのエンジンレイアウトが検討されています。

スーパーカーの多くが採用するリアミッドシップエンジンは
トラクションの確保に有利な一方、

旋回時にタイヤの限界を超えた場合の制御が難しく
電子制御デバイスに頼ることになります。

このことから電子制御デバイスに頼り過ぎることが嫌われ、
フロントミッドシップエンジンを採用しています。

エンジンはヤマハ発動機と共同開発。
最高出力560ps・最大トルク48.9kgf・mを誇る
4800ccV型10気筒エンジンを搭載しています。

画像引用元:https://www.carscoops.com/
画像引用元:https://fr.motor1.com

Return Top