ダイハツ新型軽SUV 2022年10月に期待|ジムニー対抗オフロード4WD後継ラガー?

いまダイハツにスズキジムニーに対抗できる
軽自動車SUVってないね?

ですがジムニーを意識した軽自動車が2022年10月登場予定です。

ロッキー/タフトに続き「ラガー」の名称を復活させる噂があります。

テリオスシリーズ後継という噂もあります。

悪路走行に強いだけでなくオンロードにも対応する

ダイハツSUV軽自動車として登場します。

ダイハツ新型軽SUVはDNGA新プラットフォーム採用。

オンロード対応2WDも設定される予定です。

新型ラガー
  • 全長
  • 全幅
  • 全高
ボディサイズ
  • 3395mm
  • 1475mm
  • 1700mm

ダイハツ新型軽SUVのエクステリア予想

エクステリアデザインはタフト派生になるでしょう。

タフトのコンセプトはもともとWAKUWAKU。

このニュアンスを含んだ外観を採用します。

ダイハツ新型軽SUVはスズキジムニー対抗モデル?

ラダーフレーム・パートタイム4WDなど

本格SUV装備は採用しません。

オンロード性能は捨てず

  • FFでターボ採用
  • 電子制御4WD

といった性能を持たせ、ジムニーの性格と差別化を図ります。

じゃあ、タフトで役割は足りるんじゃないか?

と思えますが、トヨタのSUV量産計画では

細かな使用目的の違うSUVを開発しています。

ダイハツ新型軽SUVの内装予想

タフトなら↑。

コンセプトWAKUWAKUなら↓。

ここからよりオフロード性もある装備になります。

タフトベースに遊び採用

軽自動車デザインと質感に収まらず

パノラマルーフ採用など

”遊び”を採り入れる仕様になるでしょう。

アウトドアに適した装備が標準の可能性があります。

シートスライド機能なし?

軽自動車ボディなのでされないかもしれません。

  • リアシートセンターアームレス
  • インパネシフト

採用が考慮されます。

メーターには最新テクノロジーが採用されるでしょう。

ダイハツ新型軽SUVのパワートレイン予想

  • 64psターボ
  • D-CVT
  • 4WD

ダイナミックトルクコントロール4WD採用

ロッキーに搭載されている

ダイナミックトルクコントロール4WDが採用されます。

ロッキーには1.3Lハイブリッドが搭載されますね

オンロードもオフロードも快適に乗れるモデルを目指しているからです。

旋回性能もより優れたものになるでしょう。

ダイハツ新型軽SUVの先進装備予想

最新のスマートアシストが採用されます。

アダプティブクルーズコントロールは

トップグレードのみの設定。

  • マルチインフォメーションディスプレイ
  • ディスプレイオーディオ

は標準装備でしょう。

ダイハツスマートアシストとは|スマートアシストとスマートアシストプラスに機能した予防安全装備