新車発売情報Labo

Read Article

ダイハツ軽SUV新型モデル情報2021年末に期待|予想価格140万~4WD148万円ジムニー対抗オフロード4WDテリオスキッド後継

ダイハツは軽SUVとしてかつて販売されていたテリオスキッドの名称を復活させ、ジムニー対抗モデルを2021年末に発売すると期待されています。

新型タフトや登録車のロッキーがある中、テリオスシリーズの立ち位置は”より悪路走行に強い本格SUV”と考えられます。

DNGAプラットフォームを採用し、FF/4WDをそろえたタイプになること可能性が高いでしょう。

ダイハツ軽SUVの価格はキャスト・アクティバよりはやや高くなることが想定されます。

ライバル社のジムニーと競える価格帯になるため、FF車で140万円~4WD車で148万円からのスタートになるでしょう。



ダイハツ軽SUVのエクステリア

Wakuwaku1

ダイハツ軽SUVのエクステリアのヒントとなる車は東京モーターショーで展示されたWAKUWAKUという軽SUVです。

しかし、このコンセプトモデルのデザインはがっつりタフトに採用されましたので、ロッキー(ライズ)のデザインテーマが採用される可能性があります。

ロッキー1

というのは、ダイハツ新型軽SUVはスズキジムニー対抗とされているものの、ラダーフレーム・パートタイム4WDなど本格SUV装備を採用するわけではなく、悪路走破性の高い4WD性能を持たせると見られているからです。

じゃあ、タフトで役割は足りるんじゃないかと思えますが、トヨタのSUV量産計画を見ると、細かな使用目的の違いがあるSUVを生産してる過程のように見えます。

これはある意味、いま需要のあるSUVに頼った生産体制をとっていると感じられます。

また、ダイハツ新型軽SUVがロッキーをベースとする根拠として、ロッキーベースのコンパクトミニバンも計画されているからです。

ロッキーはヤリスクロスを追加したヤリスのように、派生車種を展開することで、シリーズ化していくモデルの立ち位置にあるのかもしれませんね。

とにもかくにも、トヨタはどんだけSUV増やすのでしょうか?面白いですね~。

ダイハツ軽SUVのボディカラー

新型テリオスキッドのボディカラーは基本的にテリオスと同等となることは確実です。

しかし、現行ロッキーの1トーンカラーと同等のカラーバリエーションとイメージカラーに2色程度テリオスシリーズ専用色を用意するかもしれません。

2トーンカラーはブラックルーフを採用する傾向があり、こちらも踏襲されるかもしれません。


ダイハツ軽SUVの内装

ライズ

ロッキー(ライズ)をベースにした場合、上記のように乗用車級の高級感を与えられることになります。逆に、タフトベースの場合は、軽自動車級のデザインと質感で、パノラマルーフを採用するなど、”遊び”を採り入れる仕様になると考えられますね。

タフト

本格SUV仕様というからには、撥水シートなどアウトドアに適した装備が標準となる可能性があります。

軽自動車のボディサイズなので、シートスライド機能は採用できず、リアシートもセンターアームレストレスタイプが採用される可能性が高いです。

インパネ周りでは、インパネシフトを採用するとみられます。メーターはロッキーやタントをベースにした最新テクノロジーが採用されるでしょう。

ダイハツ軽SUVのパワートレイン

ダイハツ軽SUVは64馬力の0.66Lターボエンジンを採用する可能性が最も高く、52馬力のNAエンジンも用意されるかもしれません。

変速機はタントと同様のD-CVTとなるはずです。

4WDでの燃費はWTLCモードでタントから推察すると17.5km/l程度が限界でしょう。

4WDシステムはロッキーに搭載されているダイナミックトルクコントロール4WDを採用する可能性があり、旋回性能もより優れたものになることが期待されます。

ただ、基本的にはFFベースとなるでしょう。しかし噂では、FRベースの4WDになる可能性にも注目が集まっています。

ダイハツ軽SUVの先進装備

最新のスマートアシストが採用されます。ただ、アダプティブクルーズコントロールはトップグレードのみの設定、または登録車テリオスのみの設定となることもあると思います。

マルチインフォメーションディスプレイ、ディスプレイオーディオなどは標準で用意されるはずです。

ダイハツ軽SUVLabo

画像引用元:https://www.carscoops.com

Return Top