新車Labo

Read Article

ダイハツ軽SUV新車2021年12月に期待【ジムニー対抗】オフロード4WD後継

ジムニー対抗モデルとして2021年冬登場に期待。ロッキー/タフトに続き、ラガーの名称復活との噂。

テリオスシリーズ後継とも言われています。

”より悪路走行に強い本格SUV”になるでしょう。

DNGA新規プラットフォームを採用して、2WD/4WDが設定します。

  • 全長
  • 全幅
  • 全高
  • 3395mm
  • 1475mm
  • 1700mm


ダイハツ新型軽SUVのエクステリア予想

Wakuwaku1

ダイハツ軽SUVのエクステリアはWAKUWAKUの派生となるでしょう。

しかし、このコンセプトはタフトで採用。

タフト

ダイハツ新型軽SUVはスズキジムニー対抗モデル

ラダーフレーム・パートタイム4WDなど本格SUV装備は採用しません。

オンロード性能は捨てず、FF性能と悪路走破性の高い4WD性能を持たせると噂されています。

じゃあ、タフトで役割は足りるんじゃないか?

と思えますが、トヨタのSUV量産計画を見ると、細かな使用目的の違いがあるSUVを生産していると見えます。

これはある意味、いま需要のあるSUVに頼った生産体制をとっていると感じられます。

ダイハツ新型軽SUVの内装予想

タフト

タフトベースで軽自動車級のデザインと質感にパノラマルーフを採用するなど、”遊び”を採り入れる仕様になるでしょう。

本格SUV仕様というからには、撥水シートなどアウトドアに適した装備が標準となる可能性があります。

キャンプ・釣り・登山・アウトドア用品専門買取【JUST BUY】

軽自動車のボディサイズなのでシートスライド機能は採用できず、リアシートもセンターアームレストレスタイプが採用されるでしょう。

インパネ周りでは、インパネシフトを採用。

メーターはタントをベースにした最新テクノロジーが採用されるでしょう。

ダイハツ新型軽SUVのパワートレイン

ダイハツ軽SUVは64psのターボエンジンを採用する可能性が最も高く、52psのNAエンジンも用意。

変速機はタントと同様のD-CVT採用。

4WDでの燃費はWTLCモードでタントから推察すると17.5km/l程度です。

ダイナミックトルクコントロール4WD採用

ロッキーに搭載されているダイナミックトルクコントロール4WD採用が期待されています。

採用の根拠は、オンロードもオフロードも快適に乗れるモデルを目指しているからです。

旋回性能もより優れたものになるでしょう。

ダイハツ新型軽SUVの先進装備

スマートアシスト

最新のスマートアシストが採用されます。

アダプティブクルーズコントロールはトップグレードのみの設定。

マルチインフォメーションディスプレイ、ディスプレイオーディオは標準装備でしょう。

ダイハツ軽SUV Labo

Return Top