新車発売情報

Read Article

ダイハツ軽自動車SUV新型モデル情報2021|予想価格140万~4WD148万円テリオスキッド後継ジムニー対抗オフロード4WD

スポンサードリンク


ダイハツは軽SUVとしてかつて販売されていた”テリオスキッド”の名称を復活させ、登録車バージョンであるテリオスとともに2021年販売します。

新型タフトや登録車のロッキーがある中、テリオスシリーズの立ち位置は”より悪路走行に強い本格SUV”と考えられます。

DNGAプラットフォームを採用し、FF/4WDをそろえたタイプになること可能性が高いでしょう。

新型テリオスキッドの価格はキャスト・アクティバよりはやや高くなることが想定されます。

ライバル社のジムニーと競える価格帯になるため、FF車で140万円~4WD車で148万円からのスタートになるでしょう。

ダイハツ軽自動車SUV新型モデル情報2021

新型テリオスキッドのエクステリア

新型テリオスキッドのエクステリアのヒントとなる車は東京モーターショーで展示されたWAKUWAKUという軽SUV。

Wakuwaku1

こちらのデザインが市販車へ移行する場合、

  1. リアウィンドウの追加
  2. ヘッドライト周りをリフレクター方式LEDへ変更
  3. ルーフを一般的な形状にする

上記が挙げられます。

スペース的にスペアタイヤをリアゲートに設置できるかはやや微妙なところでしょう。

また、フェンダーが広くなることやバンパーが大型化することはありません。

一方、ルーフレールは設定される可能性は高いでしょう。

新型テリオスキッドのボディカラー

新型テリオスキッドのボディカラーは基本的にテリオスと同等となることは確実です。

しかし、現行ロッキーの1トーンカラーと同等のカラーバリエーションとイメージカラーに2色程度テリオスシリーズ専用色を用意するかもしれません。

2トーンカラーはブラックルーフを採用する傾向があり、こちらも踏襲されるかもしれません。

新型テリオスキッドの内装インテリア

新型テリオスキッドはWAKUWAKUをベースにした場合、オレンジの樹脂製のシートバックは採用されず”一般的な車内に近づく”ことが考えられます。

ただ、撥水シートの採用はあるかもしれません。

ボディサイズからシートスライド機能はなく、リアシートにはセンターアームレストのないタイプが採用される可能性が高いです。

テリオスキッドがWAKUWAKUからかけ離れた内装になった場合でも、インパネシフトを採用するとみていいでしょう。

メーター周りはロッキーやタントをベースにしたテクノロジーが採用されるでしょう。

新型テリオスキッドのメカニズム

新型テリオスキッドは64馬力の0.66Lターボエンジンを採用する可能性が最も高く、52馬力のNAエンジンも用意されるかもしれません。

変速機はタントと同様のD-CVTとなるはずです。

4WDでの燃費はWTLCモードでタントから推察すると17.5km/l程度が限界でしょう。

4WDシステムはロッキーに搭載されているダイナミックトルクコントロール4WDを採用する可能性があり、旋回性能もより優れたものになることが期待されます。

ただ、基本的にはFFベースとなるでしょう。

新型テリオスキッドの先進装備

新型テリオスキッドには販売時点で最新のスマートアシストが採用されます。

ただ、アダプティブクルーズコントロールはトップグレードのみの設定、または登録車テリオスのみの設定となることもあり得ます。

自動運転テクノロジーやデジタルドアミラーは採用されないでしょう。

マルチインフォメーションディスプレイ、ディスプレイオーディオなどは標準で用意されるはずです。

追伸情報

テリオスキッド拡張版|ダイハツテリオス新型モデル情報2021

画像引用元:https://www.carscoops.com

Return Top