新車発売情報Labo

Read Article

ホンダステップワゴン一部改良2020年1月9日|内装&ゲート設定変更

ステップワゴンの2モーターハイブリッドシステム搭載モデルにe:HEVの名称を設定。SPADA・e:HEV SPADAのシート表皮に撥水撥油加工ファブテクトを採用し、わくわくゲート非装備仕様も設定。



ホンダステップワゴン一部改良2020

価格

2,714,800円~4,449,500円

G・Honda SENSING
2,714,800円(2WD)
2,956,800円(4WD)
G・EX Honda SENSING
2,919,400円(2WD)
3,139,400円(4WD)
SPADA・Honda SENSING
2,920,500円(2WD)
3,162,500円(4WD)
SPADA・Cool Spirit Honda SENSING
3,122,900円(2WD)
3,320,900円(4WD)

e:HEV SPADA G Honda SENSING
3,427,600円(2WD)
e:HEV SPADA G・EX Honda SENSING
3,641,000円(2WD)

Modulo X Honda SENSING
3,599,200円(2WD)
Modulo X Honda SENSING(10インチナビ)
3,954,500円(2WD)

e:HEV Modulo X Honda SENSING
4,094,200円(2WD)
e:HEV Modulo X Honda SENSING(10インチナビ)
4,449,500円(2WD)

ボディカラー

フォレストグリーン・パール
プレミアムスパイスパープル・パール
オブシダンブルー・パール
プレミアムスパークルブラック・パール
プラチナホワイト・パール
スーパープラチナ・メタリック
モダンスティール・メタリック
プレミアムディープロッソ・パール
ブルーホライゾン・メタリック
クリスタルブラック・パール

 

【2018年12月20日】ホンダステップワゴンModulo X マイナーチェンジ

ホンダは、ガソリンモデルのみだったステップワゴンModulo Xのラインナップに待望のハイブリッドを追加しました。

これを機に、エクステリアデザインも一新しています。価格帯:3510000円~3996000円

ステップワゴンをご検討中の方も、2019年は同じミニバンクラス下の”フリード”がマイナーチェンジを迎え1.0Lターボを搭載する予定です。税金や燃費のことを考えると、小排気量でビッグパワー、しかも燃費性能もいい当エンジンは、経済的に有利かもしれません。

エクステリアデザイン一新

ステップワゴン1

ベースグレード
  1. ガソリン:SPADA・Honda SENSING
  2. ハイブリッド:SPADA HYBRID G・EX Honda SENSING
エクステリア専用装備
  1. 専用フロントグリル
  2. 専用フロントエアロバンパー
  3. 専用サスペンション
  4. 16インチアルミホイール<ハイブリッド車>
  5. 専用17インチアルミホイール(ダーククリア塗装)<ガソリン車>
  6. ブラックホイールナット
  7. 専用テールゲートスポイラー
  8. 専用リアコンビネーションランプ
  9. 専用フロントビームライト
  10. 専用ドアミラー
  11. 専用アウタードアハンドル(ダーククロームメッキ)
  12. 専用エンジンアンダーカバー
  13. 専用リアロアーディフューザー
  14. 専用リアエンブレム(ダーククロームメッキ)
  15. リアコーナーガーニッシュ(ボディ同色)
インテリア専用装備
  1. 専用インパネミドルパッド(ピアノブラック調+シルバーモールディング)
  2. 専用本革巻ステアリングホイール
  3. 専用本革巻セレクトレバー<ガソリン車>
  4. 専用ブラックコンビシート(プライムスムース×ソフトウィーブ/Modulo Xロゴ入り)
  5. 専用フロアカーペットマット
  6. ETC2.0車載器(ナビ連動タイプ)

 

【2018年4月19日】ステップワゴンModuloX 一部改良

ステップワゴンModuloX2

ホンダは、ホンダアクセス開発の専用カスタマイズパーツ装着コンプリートカー・ステップワゴン Modulo Xを一部改良して発売。

  1. 10インチナビグレード追加
  2. ボディカラー「ホワイト」変更
  3. 価格:341万9280円~371万6280円

グレード追加

ステップワゴンModuloX1

Modulo X Honda SENSING(10インチナビ)グレードを追加します。

  1. HD液晶ディスプレイ
  2. 低反射・ダイレクトボンディング技術

を採用した高画質ステップワゴン専用10インチカーナビ、10インチ プレミアム インターナビ+ドライブレコーダー(※ナビ連動タイプ/駐車時録画機能付)を装備した新グレードを設定。

このグレードは、駐車時録画モードを搭載した「ナビ連動ドライブレコーダー」も合わせて装備されます。

また、ホンダ純正カーナビ「Gathers(ギャザズ)」を選択装着可能な「ナビ装着用スペシャルパッケージ+ETC車載器(ナビ連動タイプ)」を設定。

そのグレードを含む価格が以下のように設定されています。

価格

Modulo X Honda SENSING|7人乗り|1.5L VTEC TURBO/2WD
3,419,280円
Modulo X Honda SENSING|8人乗り|1.5L VTEC TURBO/2WD
3,440,880円
Modulo X Honda SENSING(10インチナビ)|7人乗り|1.5L VTEC TURBO/2WD
3,694,680円
Modulo X Honda SENSING(10インチナビ)|8人乗り|1.5L VTEC TURBO/2WD
3,716,280円

ボディカラーは「ホワイト」が変更になっています。

ボディカラー|全3色

  1. プレミアムスパイスパープルパール
  2. プレミアムスパークルブラックパール
  3. プラチナホワイトパール

※以前は「ホワイトオーキッドパール」

 

【2016年10月21日】ステップワゴンModulo X 発売

ステップワゴンModuloX3

ステップワゴンModulo Xは、ベースとなるステップワゴン・スパーダの装備

  1. 1.5L VTECターボエンジン
  2. わくわくゲート
  3. ホンダセンシング

はそのままに、足回りをカスタム。専用エアロパーツを纏(まと)うスポーティモデル。

これまで「N-BOX」「N-ONE」でModulo Xが開発されており、走りの評価は非常に高いです。

エクステリア専用装備

ステップワゴンModuloX9

  1. 専用サスペンション
  2. 専用17インチアルミホイール
  3. 専用フロントエアロバンパー
  4. 専用エンジンアンダーカバー
  5. 専用リアロアディフューザー
  6. 専用フロントグリル
  7. 専用フロントビームライト
  8. 専用LEDフォグライト
  9. 専用リアエンブレム

ステップワゴンModuloX4

インテリア専用装備

  1. 専用ブラックコンビシート(プライムスムース×ソフトウィーブ)(Modulo Xロゴ入り)
  2. 専用本革巻きステアリングホイール(ディンプルレザー&スムースレザー/ピアノブラック調)
  3. 専用本革巻きセレクトレバー(ディンプルレザー)
  4. 専用インパネミドルパッド(ピアノブラック調)
  5. 専用フロアカーペットマット(プレミアムタイプ)(Modulo Xアルミ製エンブレム付)
  6. 9インチプレミアムインターナビ(Gathers)(専用オープニング画面/USBジャック)
  7. ドライブレコーダー(ナビ連動)
  8. ETC2.0車載器(ナビ連動)

ステップワゴン1.5Lターボの基本的な装備は変えず、スポーティな走りとクールなエクステリアを実現する専用パーツを採用。

日常使用が基本のミニバンに、本格的なスポーツテイストをプラスしてファンを魅了することでしょう。

コンプリートモデルは、淡々と過ぎる日常生活に、ピリッとした楽しみを与えてくれる一台です。

ボディカラー

  1. プレミアムスパイスパープルパール
  2. プレミアムスパークルブラックパール
  3. ホワイトオーキッドパール
インテリアカラー
  1. ブラック×シルバー(コンビシート)

価格|7人乗り/1.5L VTEC TURBO/CVT+パドルシフト付

Modulo X
366万5000円(FF)

追伸情報

ホンダステップワゴン新型モデルチェンジ情報2021

画像引用元:http://www.carscoops.com/

【評判・評価】ステップワゴンModulo X

Modulo X見てきました

スパーダをベースに、特別なモデューロ専用エアロやピアノブラックのインパネ、プライムスムース仕様のシートなどで飾られ、特別感をアピールしています。

特にエアロバンパーを装着したフロントは、ライトとフォグもノーマルとは違うパーツに替えていて、凄く迫力があります。

タイヤには、専用17インチアルミホイールにブリジストンのトランザを着用。

現行スパーダは控え目なデザインですが、モデルチェンジでモデューロくらい装備を固めれば、最初から売れたんじゃないかなと思いました。

モデューロの装備に話題を戻すと、ローダウンしたサスペンションの走りが気になるところです。

ファミリーカーなのでモデューロの快適性は多少落ちるでしょうが、N-BOX Modulo Xの評価から想像すると、完成度は高いのではないかと期待せずにはいられません。

走りを捨てきれないお父さんは家族を説得して買うと思いますが、豪華装備なので400万円近い価格となり購入ハードルは高いです

この価格だと、オデッセイアブソルートも比較対象になるので迷いどころですね。

ちなみに、ローダウンしているおかげでスライドドアからの乗り降りが少し楽に感じました。

お子さんのいるパパのモデューロ購入アピールポイントになるかもしれません。

引用元:http://kakaku.com/

Return Top