トヨタ新型コンパクトミッドシップスポーツ?2025年に期待|ダイハツスズキからも登場予想

LFAの復活に伴うミッドシップコンパクトの登場が期待されています。

このモデルはダイハツ・スズキと協業で開発される新モデルで

各メーカー、エンブレム違いの新型で供給するようです。

 

この情報を見ると、

トヨタはスポーツラインナップ充実で動いていると思えますね。

 

現実はどうなるのか分かりませんけど、社長のビジョン通り

「クルマ好きの心躍る愛車作り」

でクルマが開発されている動きと感じられます。

 

さて、トヨタ新型コンパクトミッドシップスポーツは

パワートレインにEVではなく

  • クロスビー搭載スズキ1.0Lエンジン
  • マイルドハイブリッド

が採用される予想です。

 

お約束のGRも設定予想となっていて

ヤリス搭載1.6L直3ダウンサイズの

新開発1.4Lエンジンが搭載されるのではないか?と言われています。

 



予想価格2,000,000円前半~

GR

 

TNGA GA-B FFプラットフォームで開発

コンパクトサイズらしく、イメージは

市販されなかったS-FRくらいのサイズ感をイメージするといいかも。

 

デザインはまだ開発開始段階なのでこれからでしょう。

トヨタ版にはGRも設定されると予想されています。

 

ユーザーの求めている需要を反映するために

いまは市場を探っているのではないかと思います。

 

外観のパーツにはダイハツ・スズキ協業技術が生かされます。

ダイハツ樹脂外板技術を活かしコスト削減

コペンで話題になったハメコミ可能な外板技術が生かされます。

 

コストカットできるため、この技術が採用されるならば

外観だけでなく本体価格の割引に反映されますね。

 

スズキからはこんな技術提供が予想されています。

スズキの軽量化技術を採用して重量軽減

スイフトスポーツほか軽自動車の軽量化も果たす

スズキのお得意技術が反映されれば、

新コンパクトスポーツを軽く安く生産できそうです。

 

内装はどうなる?

内装はミッドシップコンパクト2シーター仕様

S-FRを例に出します。

コクピットの車両感覚はこれくらいの幅でしょう。

軽ほど狭くないけど、

他のコンパクトジャンルより狭いサイズになると予想されます。

 

スポーツシート採用は当然の装備になり

頭上空間はコンパクトスポーツなりの窮屈な仕様に収まりそうです。

 

ただ、TNGA技術が反映されるため、

乗る人が苦痛を感じない範囲で開発されると期待できます。

 

スズキコンパクトスポーツのエンジン技術採用

1.0L直噴ターボブースタージェット(K10C型)

このエンジンは現在クロスビーに搭載されているもので

排気量を抑えた1.0Lにターボの組み合わせです。

トヨタのルーミー搭載1.0Lより新しい型になります。

 

マイルドハイブリッド仕様で搭載されるため

燃費とパワーの両立が図られつつ

本体価格・維持面での経済性も追求される仕様になるでしょう。

 

このマイルドハイブリッドエンジンの詳細は

クロスビー搭載スペックを参考にしてください。

  • エンジン
  • 最高出力
  • 最大トルク
  • モーター出力
  • モータートルク
  • 電池
  • 1.0L直3(K10C型)
  • 99ps/5500rpm
  • 15.3kgm/1700-4500rpm
  • 3.1ps/1000rpm
  • 5.1kgm/100rpm
  • リチウムイオン電池

 

トヨタ版コンパクトミッドシップスポーツにはGR設定

↑イメージ(e-RACER)

GRモデルには2つのパワートレイン搭載候補が出ています。

ヤリス1.6Lエンジン搭載?

GRヤリスに採用されたいま最もホットなパワートレインです。

G16E-GTS(272ps)

 

比較的低回転域で最高出力を発揮するので、スポーツ性と

日常性を兼ね備えたハイスペックエンジンと言えるでしょう。

 

もう1つのパワートレイン候補は新開発とされています。

新開発1.4L直3エンジン搭載?

この1.4Lという数値は上記1.6Lの気筒を減らして作られるもので

GRミッドシップコンパクトスポーツ用に新開発されるのではないか?

との予想です。

 

ミッドシップ関連記事

レクサス新型LFA情報はこちら。

トヨタ新型MR2後継情報はこちら。

スバル新型ミッドシップスポーツ情報はこちら。

日産新型ミッドシップe-POWERスポーツ情報はこちら。

 

 



MONTHLY RANKING