タントマイナーチェンジ2021年|カスタム電動Pブレーキ設定

タントの2021年マイナーチェンジ時期と予想内容は?
ハイブリッドは搭載されないの?

ダイハツはタントのマイナーチェンジを2021年に実施します。

改良は装備充実メイン

電子制御パーキングブレーキをカスタムに設定します。

あとはボディカラーの入れ替えですね。

タントフルハイブリッドの話題はどこへやら

タントへの搭載は先行き不明です。

どうやらムーヴにはハイブリッド搭載の情報は出てますね。

ダイハツeスマートハイブリッド?

しかし、もうちょっと時間がかかるでしょう。

軽自動車にEV走行まで可能なハイブリッドを搭載するには

価格上乗せの問題があり、その事情が先行きを見えなくしています。

タントカスタムに電子制御パーキングブレーキ採用

通常モードで新設定として

  • 電子制御パーキングブレーキ

が採用されます。

ダイハツ車初搭載で、足踏み式から

手元で操作できるスイッチ式に変更されます。

同装備には停車中のブレーキング機能も含まれ

オプション価格2万円程度と予想されています。

ボディカラー入れ替え

イエローをターコイズブルーに変更します。

タントにハイブリッド搭載は遅れる?

ハイブリッドの新グレードを

  • 2021年のマイナーチェンジで設定する

かつて言われてました。

予想ハイブリッド機能

EV走行が可能だと言われています。

情報を追っかけてみると

ダイハツe-HYBRIDというものが存在し

これがダイハツの軽自動車用ハイブリッドなのでしょう。

 

バッテリーにはリチウムイオンが採用され

モーター出力&トルクが強いのでEV走行も可能になるものです。

 

高性能なため、経済面でユーザーに貢献する価格面で

折り合わず、ハイブリッド設定が遅れていると

今の時点で情報が止まっています。

タントハイブリッドに期待していた人には残念な情報です。

しかし、軽ハイブリッド購入希望の人にも

コンパクトカーへ視野を広げられたら朗報があります。

ダイハツは乗用車にハイブリッド先行搭載

コンパクトカー(SUV・ミニバン系)に

ハイブリッドが搭載されるようです。

搭載予定車種

の乗用車となり、2022年12月から

順次登場が予想されているんですよね。

このハイブリッドはタントと同じくEV走行できるもの。

1.0Lまたは1.3Lエンジンを発電専用に使い

モーターでEV走行が可能になるe-POWER式と見られています。

 

軽自動車初のフルハイブリッド搭載はいつ?

情報が止まってしまったものの

乗用車にハイブリッド搭載が進む前後で

ムーヴやタントのハイブリッド情報が出てくるでしょう。

さらに軽自動車にはEV搭載が先になる可能性も指摘されています。

これは手放しで喜べる予定ではなく

純ガソリン車廃止の2030年に向けてEVが搭載されたら

軽自動車も価格面で上昇傾向になるかもしれません。

まだEV枠に軽自動車が入るかわかりませんけどね。

日産がIMkを登場させる影響は大きいです。

 

タントにハイブリッドが搭載される理由

他社に比べマイルドハイブリッドで劣勢にあるためです。

またタントは現在販売台数でも劣勢。

ハイブリッドが話題となり販売を支える計画でした。

しかし、この戦略は一旦引き下げられます。

 

このハイブリッド機構の登場でダイハツは幅がひろがり

今後は新規モデルへどんどん使われることになるはずでした。

 

今後タントハイブリッド登場なら予想燃費はどれくらい?

ハイブリッド燃費はワゴンRと同等レベルの35.0km/Lの達成は確実に行ってくるでしょう。

また新型プラットフォームDNGAにより

車両重量の軽量化やエンジンのさらなる高効率化が行われ

ボディ形状も空気抵抗の低減が図られたデザインになり燃費向上をはかります。

タントハイブリッドの予想価格帯

タントハイブリッドは現行グレードに10万円上乗せされる?

【2019年7月9日登場】新型タント/タントカスタム情報はこちら。

 

この1年前の2020年12月1日には一部改良が行われ、安全装備を更新。

【2020年12月1日】タント一部仕様変更

タントの価格帯は1,243,000円~1,765,500円。

タントカスタムの価格帯は1,721,500円2,002,000円へ変更。

タントはボディカラーの変更。

4色の2トーンカラーを追加しました。

タントカスタムはメッキ仕様のスタイルセレクションという新グレードを設定。

専用15インチアルミ履いてます。

そして両車ともにスマートアシストを最新版へ更新。

夜間歩行者検知機能・路側逸脱警報機能を追加して、予防安全機能を充実しています。

 

【2019年12月23日】新グレードセレクション設定

タントにセレクションを設定。

X/Xターボ/カスタムX/カスタムRSベースで3つのパックオプション

(コンフォータブルパック/スマートクルーズパック/スタイルパック)

を標準装備とするグレードを発売。

Xセレクション

  1. コンフォータブルパック
  2. 2WD:1,490,500円
  3. 4WD:1,617,000円

Xターボセレクション

  1. コンフォータブルパック+スマートクルーズパック
  2. 2WD:1,644,500円
  3. 4WD:1,765,500円

カスタムXセレクション

  1. コンフォータブルパック+スタイルパック
  2. 2WD:1,721,500円
  3. 4WD:1,842,500円

カスタムRSセレクション

  1. コンフォータブルパック+スマートクルーズパック+スタイルパック
  2. 2WD:1,853,500円
  3. 4WD:1,974,500円

各パックの装備

コンフォータブルパック|2WD38,500円/4WD33,000円

  1. 360°スーパーUV&IRカットガラス
  2. 格納式シートバックテーブル&シートバックポケット
  3. 運転席シートリフター
  4. チルトステアリング
  5. シートヒーター
  6. リアヒーターダクト

スマートクルーズパック|Xターボ60,500円/カスタムRS55,000 円

  1. 全車速追従機能アダプティブクルーズコントロール
  2. レーンキープコントロール
  3. スマートクルーズ専用ディスプレイ
  4. 運転支援ステアリングスイッチ
  5. 運転席シートリフター
  6. チルトステアリング
  7. ETCユニット
  8. 革巻きステアリングホイール
  9. ドライブアシストイルミネーション

スタイルパック|26,400円

  1. LEDフォグランプ
  2. フォグランプガーニッシュ(メッキ)
  3. リアリフレクターガーニッシュ(メッキ)

【2019年7月9日登場】新型タント/タントカスタム情報はこちら。

クルマ雑誌読むなら読み放題のKindle Unlimitedで得しよう。

読めるクルマ雑誌

ベストカー・カートップ・ニューモデル速報・Motor Fan・RALLY CARS・名車アーカイブ・STYLE WAGON・スタイルRV・WAGONIST・REV SPEED・driver・CAR and DRIVER・ル ボラン・ENGINE・G-ワークス・GENROQ・Honda Style・GERMAN CARS・Car Goods Magazineなど